安い自動車保険を見極めるランキング

アクサダイレクト・アクサ・SBI損保・セゾン自動車火災・三井ダイレクト・ソニー損保 アメリカンホームダイレクト・三井住友海上・東京海上日動・損保ジャパン チューリッヒ・NTTイフ・nttif/
安い自動車保険が簡単にわかります。

他社の保険料がその場で比較できるので大変有利です。

安い自動車保険の一括比較は、予想外に簡単です。

まず、保険証券と車検証を用意します。運転者の情報や車の情報、補償内容を確認

保険会社により異なりますが、保険料は10秒程度で一覧表示されます。
安い自動車保険は法人営業用の車は、見積もりできません。

自動車保険の選び方


保険のビュッフェ
一口に自動車保険といっても、世の中には本当にたくさんの保険会社と保険のプランがあります。
これが、自動車保険はどれも同じだと思っていると、大きな損をします。
自動車保険は、各保険会社が過去の自動車事故とそれに対して支払った保険料の膨大な統計によって、対象者の年齢性別などの属性と自動車の乗り方(レジャー用、業務用、そして1年の走行距離)などののデータをベースに、ある確率論で、(保険会社が損をしないように)保険料の算定を行っています。

したがって、会社によって統計の内容とどこに重きを置くかが違うので、全く同じ人が保険を申し込んでも保険料は大きく違ってくるのです。
したがって、保険に入るときには、自分にとってはどの保険会社に加入するのが1番安くて1番使い勝手がいいのか、考える必要があります。
そのために、どうしても必要な方法が、インターネットでの「自動車保険一括見積り」なのです。
GOOGLEなどで「自動車保険 見積もり」で検索するとたくさんできてきます。

もちろん当サイトでも、後悔しない保険の見直しができる自動車保険一括見積りをおすすめしています。
このサイトで、車種、年式、運転者の属性、乗り方などを入力すると、5~10社くらいから、1年間の保険料の見積もりがメールで届きます。
しかし、ここでそれだけ見て契約してはいけません。
この一括見積では、細かい付加サービスや付帯保険が決められないのです。

それを選んだり外したりすることで、保険料はさらに上がったり下がったりします。
そこで、一括見積りできた保険会社のうち安いことをの3社くらいを選らんで、今度はその会社のサイトへ行って改めて見積もりをとります。
先に書いた付帯保険などをここで細かく選んで見積もってください。
そうすると、本当に自分に合った保険の中で一番安い保険会社が見つかります、
そこで初めて加入する段階に入るのです。
この方法で私は今までずいぶん安く保険に入ってきました。ぜひ試してください。

自動車保険の一括見積もり

先日、中古ですが初めて車を購入しました。
それにともなって、自動車保険に加入しようと思ったのですが、今まで車を購入したことがなかった為、全くと言っていいほど知識がありませんでした。
ネットで調べてみると、たくさんの保険会社があり、料金も様々。
検索すればする度にどの保険会社が自分に合っていて、料金もお得なのかが分からなくなりました。
散々悩んで、お手上げ状態になった私は、自動車保険の一括見積もりを利用してみました。
利用したのは、車の年式や車種、自分の年齢などを記入すると20社以上に見積もりを出してもらえるという内容でした。
メールで分かりやすく説明されていて、全て同じ条件で見積もりを出しているので、料金の比較も一目瞭然でした。
自分なりに厳選した結果、2社に絞ることができ、気になった細かい疑問は2社に直接電話をして解決。
最終的には自分で保険会社を選び、保険内容を決めることができました。
自分で運転する車だからこそ、納得して自動車保険に加入したいですよね。
私のように今まで車を購入したことがなかったり、自動車保険に関しての知識も持っていないな、という方は一度一括見積もりを利用してみるのもいいかもしれません。

自動車保険の決め方

自動車に乗る人は自賠責保険に加入することになります。
しかし、自賠責保険だけだと補償が足りない場合があるので、任意の自動車保険に加入する必要があります。
自動車で事故を起こしてしまえば、大きな車の損害や人身傷害、賠償問題となることがあります。

場合によっては数千万から億単位の金額が発生することもあります。
万が一に備えて任意の自動車保険に加入しておくことが大切です。

自動車保険を扱う会社は沢山あります。

どの保険を選択すればよいか悩みます。

自動車保険には大きく分けて対面型の保険と通販型の保険があります。

対面型は実際に店舗などに行って保険の担当者と面とむかって手続きをします。

直接人と会ったり店舗に足を運ぶのは手間ですが、初心者にとっては安心できる契約方法です。
自動車に乗ったばかりの人や、保険に対する知識が無い人にとっては、どのような補償が良いかわからないことが多いです。

保険の担当者から説明をうけたり、相談をしたりすることができるので、その人にあった保険を提供してくれます。
自動車保険は事故後の対応がきちんとされるほうが良いので、担当者の人柄などを見て判断することができます。
通販型については自宅にいながら、ネットなどを通じて加入手続きができるので、手間
がかからず加入ができます。

人件費がかからないので保険料も割安です。
注意が必要なのは、自分の判断で加入ができてしまうので、保険に対する知識が少ない人にとっては、本当に必要な補償を適切に選択できない場合があります。

自己判断できちんと選択ができることが大切です。

自動車保険を決める際には、対面型か通販型かどちらが自分にとって良いのか決める必要があります。
できるだけ複数の保険を見積もりし、比較することも重要です。
複数比較することで、自分にもっとも適した保険が見えてきます。

自動車保険『外資系』の場合

保険の自由化に伴い様々な保険商品がある昨今、それは自動車保険(損害保険)も同じであります。
昔は自動車保険は付き合いのある人間に任せると言うのが多かった中、インターネットで手続きを済ませられ必要以上に付き合いをしなくて済む外資系に加入者が増えているのは時代なのでしょうか…。

私は以前生命保険会社に勤めており、損害保険も扱っていました。
その頃はまだ外資系がそんなに大きくCM等でも宣伝もしていないにも関わらず『外資系に変えようと思っている』との多くの声。

先日同僚の父の損害保険も免許はゴールドだし事故もした事もないとの事で長年の付き合いがあった損害保険会社から外資系に変えたとの事。
嘘みたいな話ですが本当の話でその1ヶ月後にコンビニの駐車場で車を当てられた、と。

どこの損害保険会社でも不正は許されないのだけれど、今まで付き合いのあった人から言わせれば自分が担当していれば事故の割合も不正ではなくきちんと交渉するように全力を尽くしたと言う。
確かに私が勤めていた時も損害保険の請求があれば『よろしくお願いします』と一文添えていました。

そんな一社員の一言でどうにかなるものではないのだけれど、気持ちの問題ではないでしょうか?

『事故で怪我はなかったですか?』
私のお客様はそのやり取りが嬉しかったから、と辞めた今でも外資系には切り替えずに続けてくれていると聞きます。

保険料だけで選ぶのではなく、付き合いも選択肢に入れてみては如何でしょうか?
我が家は主人の付き合いで東京海上に加入しています。
代々の付き合いなのできっと今後も付き合いは続くでしょう。
それも私は気に入っています。

自動車保険の自賠責保険

自動車損害賠償責任保険は、強制加入で、加入の義務があります。補償は被害者への補償確保のためのものです。被害者への人身損害、つまり人身事故に対して(障害・死亡・後遺症の補償)のみ支払われ、物損の補償はありません。死亡の最高限度額は3000万円、後遺障害4000万円です。

任意保険

任意保険の加入は自由です。補償の範囲は、対人・対物・搭乗者・車両損害・無保険車傷害・自損事故など、自賠責保険で補てんできない部分を補てんするための保険です。物損事故の場合、自賠責は対象外ですが、任意保険の場合は契約すれば、支払いが適用されます。

任意保険の適用外

酒酔い運転などで自動車事故た場合、保険金が支払われない場合もあります!

対物賠償保険

他人の財産に損害を与えれば、対物保険の適用範囲です。損害の賠償を目的としています。

財物に損害を与え賠償責任を負った際に効果を発揮することになります。

搭乗者傷害

運転者や同乗者がけがをしたり死亡した場合が対象です。

搭乗者傷害保険は自動車に搭乗中の者が自動車事故によって死傷した場合、車両保険は偶発的な事故で自動車に損害が生じた場合に適用されます。

自損事故

車滞車の事故でなく、損害は単独事故で発生した場合をいいます。

無保険車傷害保険

事故対象者が、無保険車である場合に、死亡または後遺症の事故発生時に支払われる保険。事故を起こした車が、自賠責もない車検を受けない車の場合、自賠責保険に代わって損害賠償額を支払うものです。

自動車の交通事故のときに備えて、保険かけて安心

保険をかけていてよかったと思えたのは、実際に事故を起こした後でした。自宅から一直線で走る道路でカーブはしていませんが、前方不注意で前の車の後方にぶつかりました。といっても、スピードがでていなかったため、まず傷害などは考えられない状態でした。 前の車からドライバーの少々恐もてのおおぶり男が降りてきて、道路の脇に一旦寄せることになりました。「いまあたったな。保険は入ってるな。」、「わし、そういうの詳しいから、今から病院に行ってくる。免許証見せて。」と言ってきました。 こういうときには自動車損害保険に入っていてよかったと思います。もし入っていなかったら、あの男が病院代でいくら要求するかわかりません。けっこうな額が毎月保険会社から相手の男に支払われました。

自動車保険に加入することの意外なメリット

私が加入した自動車保険は、車を購入したディーラーで薦められたもので、大手の保険会社のものです。

初めての車購入ということもあり、特にネットやなにかで比較もせず、いわれるがままに加入しました。その営業マンをそれだけ信頼していたということでもありますが。

実際に車をぶつけたことはないのですが、故障して動かなくなってしまったことがありまいた。

オプションをつけていたおかげで、現場まで、保険会社に手配してもらったレッカー車をよこしてもらえたことは大変ありがたかったです。

動かないことが分かってからレッカー車を待つ間、心細い気持ちでいたのですが、保険会社の迅速な手配のおかげで、安心しました。
やはり、いざというときに、安心して頼れる相手と契約していることって、保険のメリットだよなあ、と強く感じました。

なお、この保険を販売してくれたディーラーの営業マンが、その後、メーカーの関連会社(別ブランド)のお店に移動してしまいました。

車の買い替えなどについて相談することはもうありませんが、保険の担当は替わらないようで、契約約款変更のときなどに連絡をもらい懐かしく話ができていて、私にとっての保険加入の隠れたメリットです。

自動車保険で押さえておきたい保障

自動車保険は掛け捨てです。そしてほとんど事故をしたことがなければ、自分が入っている保険がどんなものなのか分からないままの方も多いでしょう。
車を買ったところで、言われるがまま入った。保険代理店に任せてあるので、どこの損保に入っているかも知らない。
そんな方も多いかもしれません。
事故をしてはじめて、自分の入っている保険の内容が分かる方も多いでしょう。
過剰な特約をつけていて、実際には必要の無いのもたくさんあります。
ですので、無駄を省くために、これだけは入っておきたいもの。
他人に迷惑をかけないために、対人・対物保険には無制限で入っておくべきです。こうしておけば、どんな大事故を起こしても、刑事的責任はおいておいも、賠償だけは保険でまかなえます。
そんなに大事故をするはずが無いと思っていると、コンビニにアクセルとブレーキを間違えて突っ込んで、1000万の損害を出してしまったということもあります。
最低限必要なものはこれだけです。対物対人無制限に入っておけば、人様にご迷惑を金銭的におかけすることはなくなります。
次に、自分のことになります。事故は常に加害者・被害者どちらにもなりえます。
被害者になったとしても、加害者が満足な保険に入っておらず、賠償能力が無いという時に、では自分の保険でと言うことになります。
それが車両保険になります。加害者被害者どちらになったとしても、入っておけば使えます。逆には入っていなければ泣き寝入りということになりますが、自分のことはいいから、何とかするから、と言う方には経費削減しやすいところです。
あとは人身傷害保険。これも自分が事故をしたときに頼りになる保険です。仕事ができなくなった保障もされます。交通事故は大きな怪我も負いやすいので、これも入っておくと無難です。
一通り入っておけば、あとは過剰な特約はそんなに必要は無いです。これだけは押さえておく、それだけあれば、いざという時に何とでもなります。

損をしない自動車保険の選び方

自動車保険って実は無駄がいっぱい?
自動車を運転する以上、任意自動車保険への加入は必須といえます。同じ自動車に関する保険には自賠責保険がありますが、その範囲と保険金は限定的です。自賠責保険の範囲と金額を超えた部分は全て自己負担になるため、そのリスクを補うために任意自動車保険への加入が必須となるのです。

しかし、ただ任意自動車保険に加入をすればよいかというとそうではありません。任意自動車保険には対人賠償・対物賠償・車両保険・人身傷害保険など様々な保険があるので、何も考えずに契約を結ぶと無駄な保険料が発生してしまいます。任意自動車保険に加入をする際は、必要な補償を無駄なく利用することが必要になるのです。

現在、任意自動車保険に加入する方法は大きく二つの種類があります。一つが、カーディーラーなどの保険代理店から加入をする代理店型自動車保険です。もう一つが、消費者と保険会社が直接契約を結ぶダイレクト型(通販型)自動車保険です。前者は契約などの手間を代理店が行ってくれるので便利ですが、保険料に代理店への手数料が含まれることになります。後者は自分で契約を結ぶ必要がありますが、手数料などが必要ないので保険料が割安になります。得られるメリットと費用を天秤にかけてどちらを選ぶかを検討しなくてはなりません。

契約する保険の内容にも注意したい点はあります。自動車保険はリスクに応じた保険料負担が基本なので、自分のリスクを正しく評価してくれる自動車保険に加入する必要があります。最近では、リスク細分型自動車保険というものが登場しています。こちらは、被保険者のリスクを従来の自動車保険よりも細かく細分化して評価する自動車保険です。そのため、年間走行距離が少ない、ゴールド免許など、事故を起こす可能性が少ない方は保険料が安くなる傾向にあります。事故を起こすリスクが低い方で、無駄な保険料を支払いたくない方はこうした自動車保険に加入をするとよいでしょう。

また、自動車の利用状況を申告することにより保険料を安くすることも可能です。運転者の範囲と年齢を指定することで、リスクを限定することができるので保険料を安くすることができます。運転者の範囲は、「制限なし」「本人・配偶者」「家族」、年齢は「制限なし」「21歳以上補償」「26歳以上補償」「30歳以上補償」などに別れています。これらを適切に設定することで保険料を安くすることができます。例えば、運転者の範囲、年齢条件とも制限なしで契約をしていた方が、実際のご利用状況に合わせて30歳以上補償、本人・配偶者に制限を加えると保険料が安くなります。

以上のポイントなどに気を付ければ、無駄な保険料を支払うことがなくなります。様々な保険料の比較には自動車保険一括見積サイトが便利です。こちらで条件を入力して、自分に合った自動車保険を見つけてみてはいかがでしょうか。

自動車保険の加入方法は代理店型と通販型

お車をお持ちの方はみなさん自動車保険に加入されていると思いますが、どうやって保険会社に加入しますか?
自動車保険は代理を通して加入する代理店型と、インターネット等を通して直接加入する通販型の2種類あります。

どちらの加入方法にもメリットとデメリットがありますのでまとめてみました。

■代理店型

・メリット
自動車保険の専門的な事に詳しい代理店の人に、自分の希望通りの保険を選んでもらえます。
自動車保険を検討する時間が取れない、忙しい人に向いています。
万が一事故やトラブルがあっても、代理店が保険会社との間に入ってくれるので安心です。
面倒な保険会社との手続きなどは代理店がしてくれますし、分からない事も何でも相談できます。

・デメリット
代理店が取り扱っている保険会社にしか入れないので、選択肢が狭くなります。
代理店を通して加入するので、直接申し込む通販型よりも保険料が高くなります。

■通販型

・メリット
ダイレクト保険とも言われますが、メリットは何といってもその安さです。
自動車保険のある程度の知識なら、インターネットで調べればだいたい分かります。
何が必要で何が不必要か、自分で判断できるなら安い方が良いに決まっています。
毎年更新の度に保険を見直す事もできますし、よりサービスの良い保険会社に乗り換えもできます。

・デメリット
自動車保険の加入の手続きすべてを自分で行わないといけません。
ちゃんとした知識を持たずに契約して、事故が起こったときに保険でまかなえないといった事にならないよう注意が必要です。
万が一事故やトラブルがあったら、自分で保険会社とやり取りしなければなりません。
通販型の保険会社の中には、対応が悪いところもありますので、口コミなども調べたほうがいいですね。

通販型に乗り換え

おおまかには上記のような違いがあります。
最近はテレビCMなどで通販型の保険会社をよく見るようになり、身近な存在になりつつあります。
実際通販型に乗り換えたという人も多いです。
しかし、安さにつられて契約したが、事故をしたときに保険が使えなかったりすると本末転倒です。
不安があるようなら加入前にフリーダイヤルなどでしっかり確認しておきましょう。

ひとつのポイントとして、通販型を選ぶ時はロードサービスを付帯した方がいいです。
ロードサービスは基本的には365日24時間対応しています。
事故で車が自走できない時や出先で車が動かなくなったり、バッテリーが上がってしまったり、パンクしてしまったり、
突然のトラブルの時にとても便利です。

自動車保険の意外な保障

自動車保険に入っていました。その保険の付属保証に、意外な保障がついていたのです。
ひったくりにあいました。
犯人は後ろからバイクで、私のパックを奪おうとしたものの、バックが腕に絡まり、引きずられる状態になってしまいました。
引きずられたせいでできたケガは、意外に重傷で、通院を余儀なくされました。
その時に、入っていた保険に交通事故の補償も付いていたので、
相手がバイクで、こちらがけがをしたという状態だったので、
犯人が捕まる可能性が低い事件でしたが、
交通事故扱いを受け、通院代、通院の交通費、などでることに、
のちに犯人が捕まり、この代金は犯人から徴収することになったそうですが、
犯人がつかまりにくいひったくり事件の被害者になったのが、自動車保険の付属保証で自分が守られているとは、本当におどろきました。
その上、私が犯人とのやり取りがあり、確認事項を弁護士さんに頼まないといけない時に、やはり保険に付づいしていた事項のおかげで、弁護士相談はその保険で賄っていただけました。
使うことはあるかないかと言われれば使わない方がいいのですが、旨く付属の保証があると、助かる場面に出くわします。

自動車保険の加入・見直しならディラー系が丁寧親切?

自動車保険の一括見積もりをしたことがありますか?

自動車保険はインターネットの普及も相まってネット・外資系の保険加入者が非常に増えてきていると思います。
価格のみで見比べると確かに保険料が安くなっているようです。(保険等級や事故歴で左右されるそうですが)
ただ私の親族が自動車ディラーで営業マンをしているものがいますが、こういった言葉をよく耳にします。
「ネットや外資の保険は事故の小さなものは非常に対応が早くていいんだけど、大きな事故や修理金額が10万円を超えた途端
対応が急に変わって話しがすすみにくくお客さんに迷惑がよくかかるケースが増えているんだよね」
保険会社のアジャスター(事故の度合い等を確認して事故金額等を決める)のレベルが大手保険会社よりも劣るようです。
その点、自動車ディーラーは大手保険会社からほとんどがディラー特級等の資格を受けて募集・運営等の代理店運営をしていますので
営業マンも保険研修等を定期的に受講したりする観点から素早い対応で動いてくれます。
さらにディーラーからすれば保険のみならず通常業務においてもお客様になりますから定期的に連絡がくるので、通知義務違反なども件数が少なく
やりっぱなしにはなりにくいので特に主婦の方やご高齢の方、車・保険の知識に乏しい方には絶対オススメです。
価格がやすい事はすごくメリットではありますが『保険』という金融商品の性質上相手の顔が分かることも非常に重要だと思うので
是非とも検討課題にいれていただきたいと思います。
当然、ディラーなどは新規保険者の獲得に力を入れていますので親切・丁寧に話をしてくれるでしょうし事故した場合にも
自社完備工場で直ぐに受付対応してくれます。修理は当然順番ですが事故受付から修理完了についてまで営業マンがフォローしてくれます。
保険内容などもネットなどでやると全て自分の目で確かめて問題がないこと自己責任のもと契約ですが、担当営業がいますと利用頻度などに応じて
保険料の見直しを初め、等級落ちも説明してくれますから安直に保険を使わず修理したほうがお得などの説明もあります。

自動車保険ってどうしてそんなに高いのか?

自動車保険の一括見積もりをしたことがありますか?
ないまま、ずっと昔に入ったままの保険や、ディーラーに薦められる保険、または友人知人のツテで入っているという方も多いのではないでしょうか?
一括見積もりをしてみれば、今の保険の半額以下の損保会社もあります。
安かろう悪かろうと思うかもしれませんが、それは間違いです。
会社によって、強いとか弱いがあると、言い張る友人もいました。
ですが、損保会社に勤めていたので、そんなことはないとはっきり言えます。
事故が起きたら、どのような処理になるか簡単に説明します。
事故の報告を保険会社にします。その後、損害の確認(車や怪我)などをし、お互いの責任割合を決め、示談に至ります。
きちんと対応できる保険(対人対物・車両保険)等に入っておけば、困ることは無いので、どの損保会社に入っても、基本は同じです。
では何が違うのかと言うと、代理店が入っているかいないかになります。代理店経由で保険に入ると、当然代理店が手数料を貰うので高くなります。
しかし何かあったときお任せできるから、と言う方もいますが、保障にさえ入っておけば、保険会社の担当にあとはお任せするので、と言えば同じことです。
保険会社の担当が順々に仕事をこなし、お客様のご報告、示談まで特にやることはありません。電話で担当と相談など少し時間はかかる場合もありますが、それが嫌で代理店に数万円も払うのにあまりにももったいないです。
自分で事故をしたときに少しだけ時間を取ることができるなら、見直しをすると、数万単位で変ってくることも珍しくありません。
それに自分で担当者と直接話しをすると、次にもし事故を起こしたら、どうしたら良いか、少し勉強になると思います。

自動車保険は見直しで安くなる

車を持つ上で負担となるのが車両代、駐車場代や税金、そして毎月かかってくる保険料です。特に保険料は年齢によってはかなり高くなるので安く抑えるに越したことはないが、実はその保険を安くするための保険の見直しというものをやっている人は意外に少なく感じる。
例えば家族構成の変化(子供が自立して家を出た時)や使用状況の変化(通勤で使っていたのが今では週末くらいしか乗らなくなった)などといった人たちは特に保険料が安くなる確率が高いと思う。
まず家族構成の変化であるが、例えば上記の例に加えて子供たちが家を出たために家の車に自分とあとは妻くらいしか乗らなくなったとする。こう言う人は運転者の範囲で本人、夫婦限定というものを付けることができる。事故した時に契約者本人かその妻が運転していたときしか保険が出なくなるが、逆を言えば自分たちしか乗らないのだからそれを限定しても問題はないと思うし、それにやってかなり保険料は節約できる。そしてもうひとつの使用状況の変化についてだが、これもかなり安くなる確率が高いと思う。自動車保険というものは事故のリスクが高いほど保険料も高くなるようになっていて、若い人の方が高いのは運転技術が未熟で事故する可能性がたかいからであり、高齢者の保険料が高くなっているのも近年の高齢者の事故の増加からなのだとか。そして車の使用用途だが、通勤ではもちろん毎日運転するのに対して日常生活しか使わない場合はせいぜい週末くらいであろう。毎日運転する人と週末しか運転しない人ではやっぱり前者の方が事故のリスクは高くなるであろう。
だからこそ保険料も高くなるのだ。これを見直せば同じく大幅に保険料を安くすることが可能になる。主なところはこの二点だが、まだまだ見直せば安くなる可能性はあると思う。気になった方は是非自身の持っている保険の保険証券をもって契約している保険代理店やディーラーなどに保険の証券診断をすることをおすすめする。

時代に即した自動車保険に内容を変更!

自動車保険についての事ですが、私の思うところは何点かあります。
それは事情がありまして、自家用車の保険について勤務会社の関連
する保険会社に加入していました。
しかし車検を依頼する会社の言う事には、住所より遠くはなれた保険
会社よりも、自宅住所の地元保険会社の方が何かと便利ですよ、との
教示もあり地元の保険会社に変更しました。
その後保険会社にお世話になる事が何回かありまして、それは教示の
通り話や処理が早くて、なるほど流石地元のメリットがあると思いました。
その内時代が変わり自動車保険について、新規参入社でてきまして
その保険内容も、走行距離に合わしての金額とか、他幾つかのユニーク
な決りごとをいれて、保険金も割安な方法が宣伝されて多くの人気を
得るような時代になってきました。
それは世の中が不景気で、かつ年収低下のデフレ気味な世の中に
マッチしたからであろうと思っています。
それらの保健内容を何かと良くチエックして、今お世話になっている
代理店と良く相談しました結果、大事な部分は従来どおりとして、他の
所は幾分きめ細かく設定しまして、その金額も幾分低く変更しました。
これで幾分時代に即したようで満足しました。
今後とも更にユニークな決りごとを入れた自動車保険が、新規参入
してくる可能性があろうかと思っているところです。

自動車保険は代車でも適用される場合があります

私は古いイギリスの車に乗っているんですが、もう20年近くになります。
故障すればそのつど修理をして乗っていたんですが、そろそろレストアする時期かなと
ショップの方と話していました。1台安い新車が買えるぐらいの金額になりますが、
新しく新車を買ったつもりでレストアする事にました。完成するまで2ヶ月を要します。
古い車なので様々な部品がありません。それを国産車のもので代用したり、新規に製作
する必要があり、結構大変な作業なんです。

出来上がるまでの2ヶ月間代車を用意してもらいました。国産の軽自動車です。今の車を
20年近く乗り、他の車に乗る機会もなかったので恐る恐るの運転でした。ですが3日も
するとなんとか慣れてきて、わりとスムーズに運転することができました。また、改めて
国産車の素晴らしさも実感することができました。ですが事故をしないように慎重に運転
する日々が続きました。

そんな時です。ショッピングモールに買い物に行った際に、駐車場に戻ってみると車が当て
逃げされていました。最初は何事が分かりませんでしたが、これは当て逃げかと我にかえる
と悔しくてたまりませんでした。代車なので事故をしなように丁寧に慎重に運転していたのに、
その日は悔しくて眠れないくらいでした。

車が当て逃げされた事をショップの方に相談すると、当然修理代金は支払わないといけませが、
修理代金は実際に車をみて、見積もりを出さないと分からないとのことでした。自分の車を
レストアして長く乗ろうとしているのに、代車で当て逃げをされて不要な出費が必要なのは
いつまでたっても納得できませんでした。

そのとき、ショップの方から今の車は自動車保険に入ってますよねっていわれました。自動車保険
は任意ですけど当然入っていました。すると思わぬ事を言われました。最近の自動車保険の車輌
保険は代車でも適用されますよとのこと。一度確認されてみてはと言うのです。早速保険の資料を
引っ張り出してみてみると、なんと代車も適用されるとの記載があるではないですか。おかげで
今回の当て逃げは、自分の車の自動車保険を使うことが出来ました。当て逃げされたことは悔しい
ですが、自動車保険が使えた事は不幸中の幸いでした。

保険との付き合い方に悩んでいます

大学を卒業して自分で初めて入った保険は自動車保険です。様々な保険がありますが、若かった私に
とって保険に入っておく意味を一番具体的に想像しやすかったのが自動車保険でした。
どんな商品があるのか、どんな企業の保険がいいのか、どういうしくみになっているのかなどをインターネットを使っていろいろ調べた記憶があります。

結局、今でも自動車保険はネットで申し込んでいますが対応には満足できています。

現在は自営業のため、自動車保険以外にもいろいろな保険に入っていますが、最近ちょっと入りすぎかなと感じて整理をしようと思っています。

自営業のため不安がありもしものためにとついつい多くの保険に加入しましたが、そのために日々の
生活が苦しいと感じることがあるからです。

保険とはうまくバランスをとって生活していかないといけないなと感じています。

あって良かった掛けた保険

あ・・!!」と思った時あって良かった、私の掛けた保険
夕方の漁港沖から船が入ってくる。前に手すりの付いた釣用の渡船です。

沢山の釣り客が降りてきた。其の中の一人から「おい、俺、今日がまかつの磯竿先が折れたわ」「それは気の毒じゃな、でも釣り保険にはいっとるだろ」「それが、進められたとき、金が無くてはいってないんじゃ」「あほやな〜」と言う話し声をなんとなく聞きながら釣り道具を車に乗せて「さ〜帰ろうか」と車を出すと子供が飛び出してきて、ドンと鈍い音と共に倒れこむ。「あかん」思わず声が出るが遅かった。事故である。しかし冷静に子供を起こし救急車へ電話し、警察へも電話、そして現場検証、遅くなったと帰っている途中で「ア、忘れとった、保険会社へ電話せんといかん」と電話をかけると案内の女性が丁寧に説明してくれて、翌日相手のうちへ保険代行店サンと伺うともう学校へ行ったとのこと、胸をなでおろしながら保険があったことに感謝するばかりでした。車の保険は最近では強制ばかりでなく任意保険の加入も多くなり等級も良くなって事故さえなければ掛け金も安くなってきた。そこで思うのは必要ないときは見向きもしないが本当は必要ないときこそ必要と思うのでありました。そうしないと必要な時に使えない。つくづく感じる休日の一日でした。

自動車保険の支払い料金や使用時について

Aさんは、自動車保険は20歳の時に加入しました。
20歳の時は保険料がとても高く、月に2万円以上支払っていました。
保険会社を変えようかと考えたこともありましたが、父の知り合いの方が担当だっためそのまま加入し続けました。
また、当時は大学生だったため高い保険料はとても負担に感じていましたが、バイト代でなんとか支払っていました。
21歳の誕生日を迎えると、少々保険料が安くなり15000円程になりました。
しかし、その矢先に交通事故を起してしまい、車に傷が付いてしまったのです。
車の修理代は自費では無く保険で解決しましたが、その代わりまた保険料が上がってしまいました。
修理代を自費で支払うと何十万円もしたことを考えると、保険料が上がってしまったことは仕方無いし、自動車保険に加入していて良かったと思うようにしました。
26歳の時に、更に自動車保険は安くなりました。
やっと月々の支払いが1万円以下になったのです。
その後は交通事故や自爆することも無く、30代を迎え更に保険料が安くなったのです。
いざと言う時、自動車保険は本当に役に立ち助かります。
やっとあまり負担がかからない程度の月々の自動車保険料になり、今後も交通事故を起さないように注意して運転をしていきたいと、とのことです。

メリット高い自動車保険の見直し方

動車保険の金額の高さに悩まれている方は多ですね!
ここ数年、保険料の改定につぐ改訂で保険料はじわじわ上がり続けています。

さらには今後事故した方と事故してない方とではたとえ同じ等級であっても事故したかたはしてない方に比べて15〜25%程高くなるようにもなってしまいます。

でも保険料は上がってしまっても自動車は仕事や通勤やその他もろもろの理由で手放せないという人も多いと思います。
保険には入っておかないといけないが出来れば安く抑えたい。

そんな方はまずは保険の診断及び見直しというものをおすすめしたいと思います。その中でも一番これがいい!と思うやり方はお話したいと思います。

まずはディーラーや保険代理店などに今の保険の見直しをお願いしてみましょう。

そのあとに見直してもらった保険の見積もりをそのままインターネットなどの通販型自動車保険の会社に伝える。これが一番いいやり方だと思います。

保険の説明を聞く

まずなんで先に代理店に持っていくのか。
これはしっかり保険の説明を聞くことができるからです。
通販型の保険は確かに安くなることが多いのですが、中には安いからというだけでよく分からないまま契約をしてしまってその後事故した時に保険金が支払われなかったなんてことがたまにあります。(例えば保険内容で自損事故の場合は保険料が支払われない条件で契約していた。など)保険のことをよくわかっている方なら問題ないのですが、あまりよくわからない人はまずは保険のプロに面と向かって相談をするべきです。
そしてその代理店で見直してもらった内容を通販型のところに持っていく。これでしっかり保険が見直せれた上に安くなる可能性がグッと高くなるのです。
なぜなら同じ条件の場合だとほとんどといっていい程通販型の方が安くなるからです。

このやり方は面談でしっかり説明を受けられる代理店型のメリットと、安いという通販型のメリットをいいとこどりしたやり方です。

自動車保険は見直しも必要です

自動車に乗る場合は、保険に加入する事が義務付けられています。いわゆる、自賠責保険と言うものです。
ですが自賠責保険だけでは補償力が弱いので、多くの人は民間の自動車保険にも加入しています。
自賠責保険と民間の自動車保険のダブルの保険に加入しておけば、いざという時でも安心していられます。
民間の自動車保険は数多くの保険会社が携わっています。
それぞれに特色があり、どれが良いとは言えない所があります。
一般的に自動車保険の知識が豊富ではない事が多いですから、保険会社の人に勧められるがままに加入してしまう事が多いです。
ですが自動車保険は自動車事故が発生した時に頼りになるものですから、内容をしっかり把握してから加入した方が良いのです。
でないといざという時に思った補償を受けられずに、トラブルになってしまう事もあります。
ですから良く分からないからと言って適当に加入してしまうのはやめるべきです。
また自動車保険は一度加入してしまうと、更新時期が訪れても何も考えずに更新してしまう事があります。
しかし時が過ぎれば状況も変わりますから、更新時には自動車保険の見直しもすべきだと言えます。
そうした方が保険料がお安くなることもあるのです。

損しない楽天の自動車保険が安い!

同じ自動車保険に申し込むなら、お得な特典が1つでも多いほうが良いに決まっています!自動車保険を一括見積もりすると、様々な特典やプレゼントがもらえるキャンペーンはいろんなサイトで開催されています。

多くのサイトの中でも、ずば抜けて特典が豪華なのが今回ご紹介する楽天の自動車保険比較です。私もはじめて知ったのですが、目を疑うくらいの豪華な特典が用意されているのです。これから、自動車保険に加入する人は、是非とも楽天の自動車保険比較をおすすめします!

損しない楽天の自動車保険で驚くほど豪華な特典が満載♪

他社とは比べ物にならないくらい豪華な特典が用意されています。その一例をご紹介します。

SBI損保と契約した場合、楽天スーパーポイント111ポイント贈呈、マックカード1000円分贈呈、図書カード500円分贈呈、おとなの自動車保険と契約した場合、楽天スーパーポイント157ポイント贈呈、マックカード1000円分贈呈、アメリカンホームダイレクトと契約した場合、グルメカタログギフト5000円分贈呈、といった感じです。

最後のグルメカタログギフト5000円分なんて、結婚式のお返しでも、なかなかもらえないくらいの豪華な商品と言えるでしょう!本当に見積もりをして、契約をするだけで、これほど豪華な特典を手にすることができるのです。さらには、契約後のアンケートに回答することで、図書カードや楽天スーパーポイントがもらえてしまうのです。

この機会に、楽天の会員になられていない方は、是非とも会員登録をしましょう。会員になれば、楽天スーパーポイントでお買い物をすることができます。楽天には生活雑貨から自動車まで何でもそろっているので、楽天スーパーポイントは現金をもらっているのと同じです。

自動車保険見積もりで1611ポイントをゲットする方法

自動車保険の見積もりをするだけでネットショッピングに使えるポイントがもらえるってご存知でしたか?実は、私も知りませんでした。調べてみたら、なんと3社で同時に自動車保険の見積もりをするだけで1611ポイントもの特典をプレゼントしてもらえるのです。

ネット上で必要事項を記入して申込みボタンを押すだけで1611円分の買い物ができてしまうなんて、まさに夢のような出来事です。ちょっとでも自動車保険に興味を持っている方なら、どなたでも見積もりに申し込むことができます。1611ポイントの詳しい内訳をご紹介します。

1つ目は見積もりを申し込むだけで1000ポイントも付与されるヤフーの自動車保険見積もりです。さすがはヤフー!太っ腹な特典に大満足ですね!

2つ目はTポイントが500ポイントもらえるサイトです。なかなか気前が良いサイトです。

3つ目は楽天の見積もりサイトです。楽天でもらえるポイントは最大で111ポイントです。なんだか、天下の楽天なのにケチケチしている・・・と思われる方は、早とちりです。楽天の自動車保険見積もりでは、楽天ポイントは確かに最大で111ポイントしかもらえないので、少ない気がしますが、その他の特典が豪華なのです。

楽天でもらえるその他の特典は、マックカード1000円分、図書カード1000円分、グルメカタログギフトがなんと5000円分ももらえてしまうのです。お見積もりでもらえるのは楽天ポイントだけですが、契約をすれば、先述した特典までゲットすることができるのです。こう考えると、自動車保険に契約することが目的なら、楽天が一番お得ですね!

通販型自動車保険には隠されたリスクがあるか?!

実際のところ、隠されたリスクなど存在しません。

恐らく保険のことをあまり理解していない人?

通販型自動車保険にリスクがあるから気を付けた方がいい・・・なんていう人は、保険のことをあまり理解していない人なので、そういった人の意見に惑わされないほうが良いでしょう。そもそも、リスクがあるような保険を販売して国が黙っているわけがないのです。

自動車保険に限らず、全ての保険は国の審査を受けて世に出ているのです。明らかにリスクがあるような保険は世に出ることもないのです。つまり通販型だろうが代理店型だろうが、致命的なリスクがある保険など存在しないのです。

結局、通販型が良いの?代理店型が良いの?
結論を申し上げると、割安感を重視するなら通販型の自動車保険が良いでしょう。安心感を重視するなら代理店型の自動車保険が良いでしょう。しかしながら、私がこれから自動車保険を選ぶとしたら、絶対に通販型を選択します。

なぜなら、もはや代理店の存在がなくても十分に事故を処理できる能力とサービスが保険会社に用意されているからです。それだけ保険会社のサービスも対応力も向上しているということです。保険会社が親身になって対応してくれるなら、もはや代理店など介さないほうが良いのです。

代理店を介さないことで保険料がかなり安くなるのですから!代理店をしている方には申し訳ありませんが、今後、代理店の必要性はさらになくなってきてしまうことでしょう。

自動車保険を名義変更する際の注意点

自動車保険を名義変更する際に1番気になるのが、「等級を引き継ぐことができるか?」という点です。無事故の期間が長ければ長いほど、等級を引き継ぎたいという気持ちは強くなります。

等級が上がれば上がるほど、その分、保険料が安くなるからです。しかし、条件によっては等級を引き継ぐことができなくなってしまうので注意しましょう。まずは、自動車保険を名義変更する際に等級を引き継ぐことができるケースについて例をあげてみましょう。

●個人事業主が法人化する場合

●法人から個人事業に変わる場合

●同居している家族に名義変更する場合

上記のようなケースの場合、問題なく等級を引き継ぐことができます。この他にも、夫婦間の名義変更なら、仮に同居していない場合でも等級を引き継ぐことができます。夫婦間は特別なのですね。

変な話しですが、事実上、離婚しているような夫婦で別居していても、離婚届けを出していないうちは等級を引き継ぐことができるということです。財産分与で自動車の名義を変える必要があるなら、離婚届を出す前に名義変更しておくほうがお得ということですね。

しかし、離婚する際にそこまで余裕をもって考えられる人は少ない気がします。もう1つの注意点は、個人名義の自動車で契約していた保険を法人名義で新たに購入した自動車に移し変えるケースです。このようなケースは、代理店で契約をしていないと等級を引き継ぐことができないので注意が必要です。

通販型の自動車保険だと名義変更をする際に等級は引き継がれないということです。お金に余裕があるなら、多少の手数料や保険料が上がっても、通販型よりも代理店で契約したほうが、将来的には様々な面で安心できるということです。ただし、普通に個人名義の自動車を載り続ける場合で、将来的に1パーセントも法人名義の自動車に乗り換える可能性がないなら、通販型の自動車保険のほうがお得です。

安さ基準ではなく、自分にあった自動車保険の加入を。

自動車を持つ人とって自動車保険というものは避けては通れない道であると思います。
もちろん金銭的の理由で入っていないという人もいっぱいいるかもしれないが、万が一の時を考えると月々数千円から数万円のお金をケチったばっかりに何千万円という賠償を自腹で負担しなくてはいけなくなった、という話もまんざらではありません。
実際に無保険で事故を相手を最悪の場合死に至らしめてしまった場合などは自陪責保険(強制保険のこと)から出る3000万は出ますが、過去の判例では概ね一人死亡にたいしてほとんどは億超の賠償額になったりします。
そうならないために保険には必ず入っておくべきですが、じゃあどのように選べばいいかというと、私は金額ではなく、自分が保険をどのくらい知っているかによって分けたらいいと思います。
まず自動車保険というものはさっぱり分からず出来る限りはプロにまかせたいというかたはやっぱり代理店やディーラーなどのいわゆる対面型のところにお願いするのがベストだと思います。
保険というものは電話で聞いただけでは理解しにくいところも多く、きちんとした説明を受けて自分の保証内容がわかっていたほうがいいと思います。
そしてディーラーなどの場合では事故を起こした際には保険会社への連絡と同時に車両の修理の依頼などを同時にできたりするのでスピーディーな対応というものも出来るはずです。
そして自分で保険を理解していて安く抑えたいという方は通販型がいいと思います。
通販型がそもそもなぜ安いかというと、代理店などは保険会社がそこに代理店手数料というものを支払わなくてはいけません。
会社によって違いますが、代理店がとった保険料の大体3割位を払うのが多いそうです。通販型はそれに対して会社が直接お客様と契約などをするのでその手数料がかからないので安くなるのだとか。
でももしもの時は自分で動かなくてはなりません。
万が一の時のためのものなので安いからというだけではいるのはおすすめしません。
是非自分にあった保険の加入をご検討ください。

通販型は、広告はうまい?で・・・実際選ぶのは契約者です。

自動車販売の会社に以前勤めておりもちろん自動車保険というものも扱っていたのですが、一時期自動車保険を金額の安い通販型に切り替えたいという相談を多く受けたことがありました。最近はCMなどで結構その会社などを見る機会も増えてきたのですが、実は通販型というのは自分自身保険内容をきちんと把握しておかないと「あれ?」と思うこともあります。
例として「例えばフィットにお乗りのこのお客様は車両保険を付けてこの価格!」などと宣伝しているものを見かけてあるお客様から、「何でフィットと同じくらいのクラスの車に乗っていてこんなに値段が違うのか!」と言われたことがあります。しかも若干ですが、うちがぼったくっているみたいなことまで言われました。これにはちょっとしたからくりのようなものがあります。ああいったcmには画面したに小さく加入条件などを付け加えていることがあります。そのCMの場合は27歳ゴールド免許20等級で加入した時の値段というのがありました。これは不可能ではありませんが、一般の人は厳しいものがあります。保険というのはそれによって金額が変わる1から20までの等級というものがあり、最初に入った時は6等級からスタートします。これは一年間無事故で1等級上がるというもので、もし普通に18歳から車を買って保険に入っても27歳なら9年ですので無事故でも15等級にしかなりません。しかしながら同居している親の等級などを引き継げる場合などもありますのでCMは嘘はついていないのですが実際はその年齢でその等級というのはかなり厳しいものになります。またゴールド免許も結構な年数の間無事故であるということも必要なので実際はこれもかなり厳しいものがあります。
通販型自動車保険NO1などとった見出しでCMしている業者がありますが、聞いた話では通販型は全体の自動車保険のうちせいぜい1、2割くらいなのだそうです。
安易に安いから、などといった理由で乗り換えを検討するのではなく、もう一度よく考えてみるべきだと思います。

自動車保険のロードサービス

自動車保険は、自動車を運転する方はしっかりとチェックしなければいけません。
自動車に乗っている方すべてに必要になるかもしれない存在です。

その自動車保険ですが、特に注目をしていただきたいのがロードサービスです。
ロードサービスの差が自動車保険の差につながってくる事もあります。
普段はあまり意識しないかもしれませんが、自動車保険の中で最も利用するかもしれない部分です。
自動車に不安を感じない方はいないでしょう。
ロードサービスというものをまずはチェックしてみましょう。

ロードサービスの内容ですが、まずは基本となる拠点数です。
それぞれの自動車保険によって全国にどれだけ拠点数があるのかに違いがあります。
多ければ多いほどすぐに駆けつけてもおら得る可能性が高まります。
拠点数ですが、5,000件を超えると多くなります。
中には7,000や8,000という事もあります。
それだけの数になると、どこで自動車が故障して歳まったとしてもすぐに駆けつけていただける可能性があります。

次に、自動車がどういった状態になるとロードサービスの対応になるのかという部分を確認しましょう。
バッテリー上がりのジャンピングというものもあります。
さらにキー閉じ込み時の開錠というものも行っていただけます。
ほかにも、各種オイル漏れ点検・補充というものも対応していただけますし、落輪の引き上げというものにも対応していただけます。

それらのサービスですが、保険によって違いがあるのが修理工場へけん引というものです。
何キロまで無料といった取り決めがあります。
50キロまで無料としているところもありますし、100キロまで無料としているところもあります。
さらに、指定の修理工場までならどこまでも無料としている保険もあります。

また自動車が故障して帰宅できなくなった場合にも保険で補償していただけます。
宿泊帰宅費用サービスというものがありまして、各自動車保険に特徴があります。
自宅からの距離に関係なくサービスを提供をしてくれるケースもありますし、
自宅からトラブル現場までの直線距離が50km以上の場合のみ対応してくれる場合もあります。
どちらがお得かを考えてみるのも良いでしょう。

自動車保険のロードサービスは、もしもの時にかなり役立ってくれます。
そのサービス内容を前もって確認をしてからどちらの保険を利用するかを決定すべきです。

時代に即した自動車保険のロードサービス!

車で3時間離れた実家で法事があり、当日早朝家を出発しました。
今まで軽い接触事故は起こしたことがありましたが、この日、あんな目に合うとは!
いつも通りの道順で、高速に乗って10分したころ、トンネルを走っていると後ろの方でガタガタと音がします。
私は反対車線を走っている車の音がトンネルで反響しているのだろうと思っていました。
後ろの座席に座っていた娘が「お母さん、何だか車が揺れるんだけど」と言いました。
運転してると揺れは感じませんでしたが、音はだんだん大きくなる気がします。
このまま走るととんでもないことになるのでは?
トンネルを出るとすぐの退避場所に車をとめて、サイドミラーを見ると、右後ろのタイヤが何だか変です。
パンクだと思いましたが、車の傍らをビュンビュン他の車が通り過ぎていくので、怖くて車から降りて確かめることができません。
このままでは法事の始まる時間に間に合わない、と思いましたが、とにかく落着け、と自分に言い聞かせ、契約している自動車保険会社に電話を入れました。
以前入っていた保険会社の自己対応が不満で、最近変えたばかりの自動車保険会社でした。
受付対応してくれた方は、てきぱきと質問し、最後に心配なこと、不安なことはないかと聞いてくれました。
近くの修理工場から人を寄こしてくれる、と言う事でしたが、止まってる場所もはっきりわからないし、きっと何十分も待たされて、それからタイヤ交換してると実家に着くのは何時だろうと不安でした。
ところが、ほんの10分しないで業者さんが来てくれ、あっとゆう間にタイヤ交換してくれ、結局パンクしてから40分ほどで、出発することができました。
費用も一切かからず、法事にも間に合いました。
心から「自動車保険にロードサービスに入ってて良かった」と感謝した出来事でした。

自動車保険の料率って何でしょうか?!

私も最近まで、その意味をしっかりと理解していませんでした。今回は、私なりに自動車保険の料率の意味について調べてみました。分かりやすく説明すると、自動車の種類によって、どれくらい事故を起こした履歴があるか?それを分類して9つのクラスに分けたものが料率です。

この料率をもとに自動車保険の保険料が決まるのです。つまり、事故を起こしにくい自動車なら保険料は安くなり、過去にたくさん事故を起こしているような自動車は保険料が高くなるということです。また、事故を起こし修理をする際に修理代が高くついてしまう高級車も保険料が高く設定されています。それもこれも全ては料率クラスというものが前提となっているのです。

保険料が高くなる自動車とは?

ズバリ!保険料が高くなる自動車は、スポーツカーや高級車です。スポーツカーは、スピードを出したがる人が乗るケースが多いので、その分、事故を起こす確率も高くなるのです。実際に過去の統計からみても、スポーツカーは事故を起こしやすいというデータが出ているのです。

その分の料率も高くなるのです。次に、高級車です。高級車は性能も良いので事故を起こしにくいという側面がある反面、万が一事故を起こしてしまった場合に、とんでもなく高い修理代が発生してしまうというデメリットがあるのです。そういった理由から、あらかじめ保険料が高く設定されているのです。

つまり、高級車も料率が高くなるということです。ちなみに、料率が1番低い、いわゆる保険料が1番安い自動車と、料率が1番高い、いわゆる保険料が1番高い自動車を比較すると、4倍以上の差がついてしまうのです。これから高級車やスポーツカーを購入する計画がある人は、そういった余計なコストが発生するということを十分に理解した上で再検討されたほうが良いでしょう。料率クラスは1年ごとに見直しがあるのでチェックしてみましょう。

自動車保険料はどうやって決まるの?

自動車保険料は、等級、年齢、形式別料率クラス制度で決まります。こんなことをいきなり言われても分かりませんよね。では、1つ1つを分かりやすくご説明していきます。まず、等級です。等級とは、どれだけ優良なドライバーなのか?それをはかる基準です。

事故や違反ばかりしているドライバーは優良なドライバーとして認められないので、それだけ自動車保険料も高くなってしまうということです。逆に、無事故無違反の優良ドライバーはそれだけで自動車保険料が安くなるということです。違反もせずに安全運転をすることで、メリットばかりが増えるということです。

次に、年齢です。基本的に、事故率は年齢を重ねることに低くなっていきます。それだけ運転がうまくなるし、落ち着いてくるので事故を起こす確率も低くなるのです。その点、若くて世帯も持たない時期は、スピードを出したりなど危険運転をするケースも多いのです。

もちろん人によりますが、全体の事故率が高いのはやはり若い世代なのです。結果、年齢を重ねるごとに自動車保険料は割安になっていくのです。○○歳以上限定の自動車保険にすれば、保険料はかなり安くなるのです。最後に、形式別料率クラス制度です。なんとも分かりにくい言葉ですが、理屈は簡単です。

賠償料率クラスと車両料率クラスの2つがあり、その2つの数値によって保険料が変わってきます。前年度の事故が少なかったり多かったりすることでも、この数値は変わってくるので、一定ではありません。つまり、人気のある自動車だから保険料が高いとか、古いから高いとは一概には言えないということです。

自動車保険で損をしない加入方法

自動車保険は、生命保険と違う点があります。生命保険は会社によって終身タイプや払い込みタイプ、保証もそれぞれで、色んなタイプがあって書ききれないほどですが、自動車保険は生命保険に比べていたってシンプルです。
まず、事故が起きたときに必ず入っていることが必要なのが、対物賠償保険・対人賠償保険です。これはどんな自動車保険会社もあり、金額も設定できますが、人様に迷惑をかけるという点で、無制限に入っておくことがベターでしょう。したがって、対人対物無制限に入っておけば、自分の自己負担で賠償する必要はなくなります。
これはどの保険会社で入っても保証は同じなため、どこの保険会社がいいということでもありません。したがって安いほうがお得に決まっています。
よく代理店が間に入っているほうが安心できるといいますが、代理店を経由して入ると非常に保険料が高くなります。

自動車保険の代理店は何をしてくれるか

なぜかというと代理店の手数料分が入っているためです。

この代理店は何をしてくれるかというと、結局保険会社に入っていれば保険会社が事故の対応をするので、あってもなくても保証が変わらないので、代理店があるからと言って何か得をすることもありません。お任せできるという利点はありますがただそれだけで、保険にさえ入っていれば保険会社にもお任せするで同じように対応して貰えるので、保険料を安く抑えたいのだったらディーラーで経由して入ったり、代理店があると高くなるため、今はネット損保もたくさんあるので、ネット損保でなら半額程度で押さえることも可能です。
ネット損保は信用ならないのでは?と思う方もいるかもしれませんが、保険会社によって立場が強い弱いなどということはありません。ただ、自分の入っている保証の範囲内で対応してもらうだけなので、自分がきちんと保険に入っていれば困ることはありません。
対物対人保険にはいっておけば、あとは自分の保証をどうするかだけです。人身傷害保険・搭乗者傷害保険・車両保険にまで入っておけば、完璧です。何が起こっても、加害者被害者どちらになっても保証されます。あとは特約などもありますが、そこまでは入らなくても自分で自分の身を守れる保証に入っていれば特段必要のない保険です。
どの保険会社でも保証は変わらないので、どれだけ削れるか、それがお得に契約をするコツです。同じだけの保証でも、保険会社によって金額が変わってくるので、賢く金額を抑える事をすれば、保証の変わらず満足のいく自動車保険に入ることが出来ます。

自動車保険は個人に必要な内容

現代は車が普通に道路などを走っている環境です。ここでは当然のように事故なども発生しています。しかし、そういった場合にも保険は適用されています。多くの人間が活用している自動車保険は、様々な環境に応じてその効果を発揮しているのです。つまるところ、これらの自動車保険は個人の将来を守る効果を持っています。

現在の保険は様々なケースに対応しています。その中でも自動車保険は一般的にほとんどの人間が知っています。なぜなら、現代では自動車を持っていることが仕事でもステータスになるためです。ユーザーは自動車を使って多くの場所に移動します。しかし、その途中で危険に巻き込まれるケースも否定できません。そのために最新の自動車保険が存在しているのです。

自動車保険が必要なのは自分が損をしないためです。こういった保険は緊急時などに大きな役に立ちます。例えば大きな事故を起こした場合でも、保険に加入していると損害が減少していきます。また、日本では自動車保険に加入していることでメリットが多くあります。個人が車を持つ場合に保険は重要な部分です。

結果的には自動車保険が財産などを守ることになります。車の事故などは本当に急に発生するため、保険で事前に備えておくことが大切です。

自動車保険SBI損保の魅力

自動車保険にはいろんな種類があり、私は今までに二つの自動車保険を利用しました。

一番最初に加入した保険は、親がすすめてくれたところで、何の疑いもなく良い保険会社と思っていました。良い保険会社は担当者が親切だったり、事故後の対応をきちんとしてくれたりすることだと思います。

しかし、しばらく利用していた保険会社も変更をすることにしました。理由としては、保険料をもっと安くしたいと思ったからです。

家計が苦しい状況となり、節約を考えた時に保険の見直しが効果がありそうだと感じました。

インターネットで情報をつかんだり、一括見積もりサイトを利用しました。

複数の保険を見積もりした時に、保険料が非常に安いところを発見しました。

それが、自動車保険SBI損保でした。

通販型の保険は保険料が割安だと聞いていましたが、その中でももっとも安いのがSBI損保でした。

一番の魅力は保険料の安さですが、それ以外にも評判が良いということが決め手になりました。

インターネットで口コミや評判を確認していると、お客様満足度調査でも好評価であり、事故対応も24時間受付をしていたり、安心できる保険会社だと感じました。

ロードサービスが無料で付帯していることも魅力でした。最初に加入していた保険会社と比べると、保険料がだいぶ安くなって得をしました。!

損保ジャパン日本興亜自動車保険

保ジャパン日本興亜自動車保険に加入し続けています。

28年前に、運転免許を取得しました。いなかに住んでいるので、以来ずっと車を所有し続けています。

そして、自動車保険もずっと加入しています。

わたしが加入しているのは、損保ジャパンです。

今は損保ジャパン日本興亜自動車保険になっています。

ずっとゴールド免許なので、保険料はあまり高くはありません。

そして、大手の自動車保険会社なので安心感もあります。

したがって、保険会社を変えようと思ったことは一度もありません。
さて、28年間自動車を所有し続けてきたんですが、事故にあったのは一度だけでした。

それは、近所のスーパーで、後ろを見ずにバックしてきた車に追突されたというものでした。

たいしたキズではなかったんですが、相手の車にもキズがついており、警察に届けることにしました。

そして、結局は、保険会社で修理を進めることになりました。
そして、修理が始まり、車がきれいに直るのを待っていたところ、保険会社から電話がかかってきました。そこで聞かれたたことは、クラクションを鳴らしたかどうかでした。

わたしは正直にいいえと答えました。

しかし、後日、このクラクションを鳴らさなかったという事実が、保険の過失割合の判定に大きく響いたことがわかりました。

そして、次年度の保険料にも影響したのでした。
自動車保険を使った苦い経験となりました。

自動車保険ソニー損保のネット見積!

自動車保険ソニー損保のネット見積
免許を取得して、車を購入して、そして次に気になるのが保険です。 保険といっても購入時や車検の時に同時に付いている自賠責とは違って、一寸気になるのが任意に入らなければならない自動車保険(強制では無く任意加入保険)です。

小生は、通勤には車を使用しないので、所謂、行楽やドライブなどの週末のみの乗用なので走行距離は少なくなります。
そしてその保険について、インターネットネットなので調べてみると、使用した距離に応じて保険料が設定されるという「ソニー損保」という自動車保険があることがわかりました。 しかもネットで加入申請、加入をするとネット割引と言う特典が付くのがありました。

早速、ネットで見積もりを取ってみましたところ、保険条件は26歳男性、神奈川県在住、車種は三菱の軽自動車で、初めての自動車保険の契約となるのでので、ノンフリート等級の6からのスタートとなるようで、先ず、自分以外には運転しない条件です。

走行距離の目標はよく年間では1万kmといいますが、小生の場合は上記の状態で少し余裕をもって年間走行を6000キロにしてみました。 そして一寸迷いましたが未だ未熟な運転者と言う事もあり車両保険を付けることにしました。

結論として、車両保険100万円分も含んで、対人と対物の補償も無制限という一応は充実した内容だと思います。 支払いは、一番単純なスタンダードプランと言う形で年払い一括で7万円少々とされる見積りが提示されました。

自動車保険の車両保険について

先日友人のプリウスが当て逃げされました。習い事の駐車場で起こった出来事なので、同じ時間帯で犯人はその中の誰かということになって本当にイヤな思いをしています。ましてや子供をもつ親がきちんと謝罪もせずなかったことにしようとするのは、本当にいろいろな人が世の中にはいるのだと感じることしかできません。仮に申告して修理代を支払ってもらったとしても、その方に対して寛大な気持ちで接することができるようになるまで時間がかかってしまうかもしれません。
そしてさらに悪いことに、その友人の自動車保険に車両保険を付けていなかったのです。もし車両保険を付けていたのであれば、当て逃げされても保険料が下りるのです。気持ちとしてはしこりが残りますが、お金で解決されるのであれば多少は心が軽くなるのではないでしょうか。もし自動車保険で車両保険をつけない選択をするのであれば、このようなときに自腹を切る覚悟をしておかないと、相当な精神的なダメージを負うことになるでしょう。

家族が全員無傷で無事

あとは、車に傷がついただけで家族が全員無傷で無事だったと事実、車が故障したわけではない、とその状況のなかでも感謝すべきことを見つけることです。そして車両保険の大切さを改めて実感することができ、さらにどういった場合に補償を受けることができるのか確認する良い機会だと捉えることができます。最近は気象変化に伴う集中豪雨や寒気と暖気の気流の乱れによる竜巻などが発生しやすくなっています。このような自然災害から大切な車を守るために、車両保険に入ることを検討してもいいですし、いざというときに廃車にして買い換える気構えをしておくのもいいと思います。
車両保険がカバーしてくれる補償内容といえば、盗難もあげられます。トランク内の大事なゴルフバッグが盗難されたり、カーナビが盗られたり、びっくりするところで言えばタイヤ4本がすべて盗られていた、車ごとなくなっていた、ということもあります。車内のものを取り出そうとすると、雨の日や夜間の犯行が考えられますが、タイヤともなると白夜堂々と作業することになりますので、自宅の駐車場やマンションの平置駐車場でも知人に頼まれてタイヤ交換しているのかな?と特に不審がられずに盗難されている、というパターンが多いようです。長期間の出張などで不在になってしまうときなど、ご近所さんやマンションの管理人さんに知らせておくのも、対策のひとつになるかと思います。

自動車保険は手厚いところがおススメ!!

毎日乗りなれた自動車で通勤していても、常に危険と隣り合わせだと感じることがあります。飲酒運転など言語道断、寝不足でも注意力散漫になりますし、自分のせいでなくても、ご老人が赤信号なのに渡ってきたり、歩道から転倒することもあります。普段走りなれている道だからこそ大丈夫だと気が緩み、ちょっとカバンの中にお財布があるか確認しながらアクセルから足を離して前方をみると、前方の車が右折待ちで危うく衝突しそうになったりすることもあります。近距離なら特に問題なく運転できていたとしても、久しぶりの長距離運転で、車が急に故障することもあります。
普段忘れがちですが、自動車を運転するということはこのような危険と常に隣り合わせですから、本当に信頼できる自動車保険に加入されることをオススメします。比較的ネームバリューのある自動車保険ですと、何かあったときもすぐに保険が下ります。そうすることで、次年度以降も継続しようと思えるものですし、知人友人にも「ここの自動車保険はちょっと高いけど、本当によかったよ」と口コミでの宣伝効果も兼ねているのだと思います。すこし安めの自動車保険ですと、保険料を出すと大きな損失になりますから、細かい規定や規則を持ち出してきて、免責にしようとすることもあるようです。

改めて見直してみると他社のほうが安いこともある!

事故に遭わないようにすることが一番なのですが、自動車に関しては故障してしまったら交通手段がなくなってしまうわけですから、代車などすぐに手配してくれるかどうかは非常に重要なポイントです。車両保険をつけるかつけないかで値段がずいぶん変わってくるので、多くの方がここで悩まれると思います。弁護士特約なども読めば付けたくなりますし、対人対物などは無制限にしたくなります。しかしながら、任意保険だということを一度念頭においてみて考えると、自動車保険に入らなくても運転はできる、ということになります。ですから、あまり特約だらけにするのも得策ではない気がいたします。
自動車保険を見直すということは、事故を想定することになりますから、5年に一度免許センターで更新の講習を受けるのと同じくらい安全運転に対する認識が高まり、いいことだと思います。毎年継続すれば等級もあがって保険料がお安くなりますからそれに越したことはないのですが、改めて見直してみると他社のほうが安いこともありますし、ご自分のライフスタイルを見直すいいきっかけにもなりますから、毎年更新の時期には勉強だと思って他社の自動車保険も検討する必要があります。

自動車保険は安心のための必須アイテム!

自動車保険は、車を所有し、運転する人なら必ず安心できるものに加入したいもの。
しかし、保険料は安くはなく、経済的にも負担になるようだとつらいのが正直な気持ちです。
事故を起こすことがなければ、特に任意の自動車保険には加入しなくてもいいのでは、とも思ってしまったりもしますが、でもやはり万が一のために、ぜひ加入はしておきたいものです。
最近ではサービス内容が充実していて、しかも保険料の負担が少ないというものもたくさんあり、比較検討して加入することで、お得に安心を手に入れることができるというのが嬉しいところです。
自動車保険というと、事故を起こしてしまった時の安心のため、というのはもちろん、不意な車のトラブルや故障といった時でも頼りになる、というメリットがあります。
キーを閉じ込めてしまった、とかバッテリーが上がってしまってエンジンがかからないなど、出先でのトラブルにも迅速に対応してくれるロードサービスがついた自動車保険も多く、ドライバーにとっては心強い存在です。
このように、充実したサービスを誇る自動車保険ですが、保険料などもふまえたうえで、いかにコストをおさえて、大きな安心を手に入れることができるか、いろいろと選択できそうです。

自動車保険の対応に関するトラブルやもめごと!

仕事柄、直接保険会社の方とお話する機会が多いのですが、彼らから実際に聞いた話等を紹介します。

最近、インターネットでの登録をはじめとする格安の保険会社が台頭してきています。
景気が上向きになりつつあるというニュースが聞こえてくるとはいえ、庶民がそれを実感するのはまだまだ先の話でしょうから、今は保険にかけるお金を少しでも安く済ませたいというのが実情だと思います。
そんなニーズに応えるのが、これらネット保険ですが、問題点の一つに、営業所(店舗)の少なさが挙げられます。
実際、契約時を除いては、自分が加入する自動車保険の担当者に面会する機会はほとんどないと思われますが、いざという時の保険です。
万が一、事故当事者になってしまった時に、頼みの綱である保険会社の窓口が近くになく、電話やメールで連絡はついたにせよ、実際に担当者が面会に来るまで時間を要するようでは、事故相手の怒りを買うだけです。
事実、事故発生から1週間経っても、車の修理や相手の治療代に関する交渉が全く進んでいないという方々が加入している保険会社は、広告等でも聞いたことがないような保険会社名であることが多いです。

保険代理店の人間と事故当事者間との小競り合い

保険会社自体ではなく、いわゆる保険代理店の人間と事故当事者間との小競り合いは、非常によく聞きます。
これは私の主観ですが、どうも保険代理店に勤める人間のごく一部は、自分が保険会社の看板を背負っていないためか、無責任な発言をする傾向が見受けれらます。
保険加入者側の立場としては、自分の代理となる保険屋が、保険会社であろうが保険代理店であろうが、大きな問題ではありません。
しかし、事故の相手側はどうでしょうか。
マナーや礼節、常識を欠いた発言がひとつでもあれば、その発言をした者だけでなく、怒りの矛先が事故の相手方に向くのも無理はありません。
ですが、保険代理店はあくまで代理ですから、何か問題が発生すれば、その処理は保険会社そのものに引き継いで終了です。
保険会社にしても、自社とは関係のないところでトラブルを起こされてしまった、という話を本当によく聞きました。
いずれにしても、不用意な発言をすることで、事故当事者が保険対応そのものにも不満を抱き、新たな問題が発生することもままあります。
保険会社と保険代理店の双方の立場や意見を聞くと、やはり一定の理解が得られる部分も見受けられますが、それを差し引いてもなお、保険会社は自分の会社の看板を保険代理店に預けている自覚を一層持って対応に当たるべきだし、保険代理店も、好き勝手な発言をすることは厳に慎むべきです。

様々に保険会社の中で、いわゆる大手と呼ばれる保険会社に突出した特徴が見受けられるかというと、そうではありません。
しかし、緊急事態においては、その保険会社の方々にお世話になるわけですから、目先の保険料の安さにとらわれることなく、担当者や保険代理店の人間の人格も併せて考えることが必要だと思いました。