終身保険


保険のビュッフェ
保険に加入する手続きをすれば、保険会社はいずれ保険料を支払うことになるわけです。

保険会社からすると、保険加入に際していずれ保険金を支払う立場にあることから、保険料が高く設定されることになります。
終身保険は、死亡時に保険金が確実に支払われる反面、保険料が高く設定されています。

このことからも、子育てにお金のかかる世代にとっては高い保険料が重い負担となることが多いため、子育て中の期間については定期保険に加入して、葬式代などの死後の整理費に充てるためには終身保険を利用するとよいでしょう。

いつ死去したとしても、その始末をするには墓石や葬儀などに関して非常に費用がかかるものです。

有効期限がない終身保険はそれにいつでも対処してくれるので、適用です。

他にも、終身保険は解約したとしてもお金が戻ってきます。

それまでに支払った保険料全てが戻ってくるわけではありませんが、年数が経つほど返戻金の額は上昇してきます。

死後のことを考えて加入した終身保険であれ、老後の生活費が不足する場合などは解約したり、貯まっている返戻金を担保とした契約者貸付を利用して保障を受けたりということもできます。
【終身保険】の見直しなら

終身保険のいくつかのタイプ

終身保険にはいくつかタイプがあります。
アカウント型終身保険とは、正式な名称は「定期保険特約付利率変動型積立終身保険」といいます。

たとえば、毎月保険費用として2万円を払っているとしたら、そのうちの1万円を積立金とし、1万円を保障に回す、といった運用ができます。

そして家族ができたら5000円を積立金とし、1万5000円を保障にまわす、という運用をする、といった具合で変更ができます。

こうして積み立てられた積立金には預貯金のように利息が発生します。

その利息は経済情勢によって変動するようになり、景気のいい時は高利、悪いときは低利となります。
変額終身保険は、死亡時に支払われる保障金額が変動します。加入時に決めた最低保障金額を下回ることはありませんが、積み立てた分の運用が株式相場などの変動によって変化するため、解約返戻金は運用しだいによって大きく増減することがあるため、そこのリスクは注意しなければいけない点です。
毎月の保険料は通常の終身保険に比べてかなり安い金額となっています。

ただし、株式相場が冷え込んでいる時には扱っている保険会社が非常に少なくなっており、加入したいときは取り扱っている会社を探さなくてはいけないほどです。

アフラックで終身保険に入っています

アフラックで終身保険に入っています。
死亡保障はお葬式代くらいで200万、入院一日10000円という形で加入していますが、この手続きは母がしてくれました。
正直、母から保険の話をされた時にはまだ若かった事もあり、仕事と遊びの毎日が楽しかった私にとって、6000円程度とはいえ毎月毎月後に残らないお金を払う事には抵抗感がありました。
しかし母が、年齢が上がれば月の払いも上がるしいざという時の備えはしておくべき、というので、それを言われるとお金惜しさに反対できるはずもなく加入したのです。

それから何年も保険を使う事はなく、月々の支払いだけがかけ捨てられていましたが、年月の経つうちに私も結婚をし来月には初めての子供を産む、という今年8月を迎えた時の事です。
まだ予定日までは1カ月ほどあるのに、急にお腹が痛くなり病院に行ったところ切迫流産の危険性があるので入院してください、とお医者さんに言われました。
とはいえ、あと1週間も経てば産んでも大丈夫な週数に入るので、看護師さんからも一応念のための入院だと思うよ、と言われ安心していたところ、その時のお医者さんが主治医ではなく臨時の先生だったから、大事を取って4泊5日もすることになってしまいました。
お腹の痛みは入院初日で治まったし、他に痛いところもないので帰りたいのが本心でしたが、お腹の子に何かあってはいけない、と先生の言う事を聞いた結果、入院費用が45000円程かかってしまいました。

この時になって初めて、保険に入っておいて良かったぁ、と心底思いました。
元来丈夫な体で、病院にかかったこともスポーツで出来た怪我くらいだった私には、入院なんて想像もしてない経験でしたが、母の言うとおり入院日額を5000円ではなく10000円にしておいたおかげで、出産前の予想外の出費がカバーされて本当に良かったです。

自分は健康だから大丈夫、と思っている人も多いと思います。
しかし人生には何が起こるか分かりません。

特に女性は、妊娠出産という今までにない経験をするわけですから、今までの自分の身体とは違う事が起こる時もあるのです。
加入、見直しも含めて、もう一度保険について考えてみることをおススメします。

保険の掛け金を払っていてよかった!帝王切開も終身保険で支払われるって知ってました?

保険っていうと加入させられるって苦手意識があるのですが、就職をしてしばらくすると、やっぱり職場に出入りしている保険会社の営業さんを紹介され、結局自分の修身保険に加入しました。
大卒で就職して、すぐに加入したので24歳になるときに加入しましたが、それからずっと健康体で病院にお世話になることもほとんどなく、もちろん保険のお世話になることもなく過ごしました。
それが妊娠を気に仕事を辞めた途端、病院にお世話になることになってしまい…。
切迫流産の恐れが出て、長々と入院することになり、しかも帝王切開。これまでの人生で一番お医者様にお世話になってしまいました。
自分が仕事を辞めて、収入が減っていたうえに、ダンナが私を気づかい、ちょいちょい残業を繰り上げて帰ってきてくれたので、これまで残業代に大きく依存していたダンナの給料は激減、ダブルの収入減でこれから子供との生活が始まるのに経済的に不安で滅入ってしまいました。
金銭面だけが幸せの目安ではないけれど、子供が出来て思っていた以上に出費が増えることに気づき益々不安が積もっていきました。
オムツを買うたび、粉ミルクを買うたび、新生児の洋服や、母乳パッド…これまでには不要だったものを買うたびに不安が募り、それがストレス・イライラになっていきました。
そんなイライラを何気に同じ頃出産した元同期にメールで愚痴ったところ、彼女が「帝王切開って保険の支払対象になるよ」って教えてくれました。
そのメールを見た時は、目の前がパアっと開けた気分でしたね。
翌日、今まで見直したことのなかった保険の証書を引っ張りだし、最寄りの支店に電話して、シドロモドロながらにも、つわりで入院したこと、帝王切開をしたことを説明すると、数日後には担当さん…と言っても初対面でしたけど…が家まで来て、支払までの手順や必要な書類などを教えてくれました。
正直、産後に病院まで行って入院証明などをもらうのは面倒でしたが、これで入院1日5000円が入る、帝王切開の保険料が入ると思えばいくらでも行ける気分でした。
初めての保険料請求でドキドキなこともありましたが、やっぱり保険料が支払われて本当に助かりました。
それで我が家の家計が一気に楽になるわけではないけれど、とっても気持ちが楽になりました。十数年保険の掛け金を払っていてよかった、って心から思いました。

終身保険とがん保険

現在郵便局の終身保険と民間会社のがん保険の2つの保険に加入しています。

終身保険は10年以上前にちょうど保険料が値上がりする直前に加入しました。

保険金額は300万円で一生涯保障される入院保険金が一日当たり4500円おりるようになっています。

加入した時まだ若かった事もあり月々支払う保険料は比較的安く満足しています。

さらに60才から5年ごとに計4回生存保険金を保険金額の2割づつ受け取る事が出来、楽しみもあります。

もう一つのがん保険は一年前に友達が保険営業をやっていた事で頼まれて加入しました。

月々の掛け金は4000円と安いのですが、入院した時の入院保険金は1万円おりてきます。

またがんでない場合も半分の5千円おりてくるのです。

さらにがんと診断さらた時、がんの手術を受けた時、通院でもそれぞれおりてくるので掛け金がお得な反面非常に手厚い保障となっています。

10年更新で掛け金は少しずつ上がっていきますが80才まで保障してくれます。

私も40才を過ぎていますのでがんに備えなければいけないと思っていたのでいいタイミングで加入出来たと思います。

この2つの保険で自分の保障は十分なものとなりました。

貯蓄と保障を兼ね備えた終身保険と、がんや他の疾病にも手厚く対応してくれるがん保険、とりあえず安心出来ると思います。

これからは保険会社でお金に働いてもらう時代?

国民の大半の方が将来に不安を抱いているはずです。
その理由は年金問題です。現在の年金支給は65歳ですが将来はさらに引き伸ばされ、70歳となる可能性は十分に考えられます。
原因はやはり少子化問題です。ただ子供の人数が少ないだけではなく、医療の発達により高齢者の人口は減らずに子供の数が減っているのです。
そうなると昔は若者5人位で高齢者1人を支えていたものが、将来は若者1人で高齢者1人を支えていかなければならなくなるのです。現実にそういう時代がくると、とてもじゃないけど今の消費税率などでは成り立たなくなり、上記のような事になるはずです。
そういう不安をなくす為にも現在働き盛りの若者はもっと貯蓄に対して真剣に考えなければなりません。
定年退職が60歳だとした場合、年金支給までの5年間収入がない訳で、この先その期間がさらに長くなる事も考えられます。
しかし、現在の銀行の利息はスズメの涙ほど。そこでもっと効率のよい方法は保険会社の終身保険を利用した貯蓄です。
1月あたりの平均掛け金は安くありませんが、例えば35歳の人が60歳まで続ければ大体100万円ほど上乗せされたお金が戻ってくるのです。
ですが、1つ難点があり、60歳までの途中の期間で解約をしてしまうと返ってくるお金が半分以下になる事もあるので、銀行にもある程度貯蓄出来る方でないと難しいかもしれません。

終身保険の保障期間

終身保険とは、読んで字のごとし、終身にわたるまで保障をするという生命保険です。
とにかく、死ぬまで保障する。必ず保険金を支払う保険として取り損ないのない保険として知られていました。
終身保険に加入し、定年退職する60歳まで保険料を払い続ける。それ以後の保険料の支払いは必要ないが、それでも保障はずっと続いているのです。
その保険料も60歳まで払い、30年間払う、そして、終身支払うなど、自由な組み合わせができるのです。
考えてみれば、これぞ、顧客に有利な生命保険といえるでしょう。

ところが、多くの保険証券を見てみると、「定期付き終身保険」となっています。
終身保険は終身保険でも、保証金額を大きくするために定期保険特約を上乗せした保険が多いのです。
加入者は大型の終身保険に加入していると勘違いするが、加入して5年ほどすると外務員のおばちゃんが「下取り」という言葉を使いだします。
今、加入している保険を下取りして、さらに大きな保障に乗り換えましょうと言ってきます。
保険料も今とほとんど変わりません、と言うのです。
生命保険の仕組みを知らない人は、この言葉にころりとやられてしまいます。
なんのことはない、自分が積み立てた終身保険の解約返戻金で新しく上乗せの保障を買うだけのことなのです。
ところが、この仕組みを知ろうにも、他と比較できないので、わからないのです。

しかし、外資系生保が日本市場に参入してきたことで、原理原則から生命保険を考えてみようという機運が高まりました。
この終身保険にしても、原理原則、保険としての構造はどのようになるのか。
終身保険といいながら、保険会社としては、本当に終身の保障を考えているのか。
終身保険を契約者が生存中に活用できる方法はないのか、など、様々な質問に対応するようになってきたのです。

終身保険といえども、要は養老保険であること。
つまり、満期金がある保険として考えて設計されていること。
契約者が部分的の保険金額を解約することで、その解約返戻金を年金にも利用できること。
そういった事々を踏まえたものが終身保険と理解できます。
高齢社会を迎え、終身保険は活用の幅が広いといえます。

終身保険のシステムとメリット

終身保険とは、保険期間を「一生涯」に設定する保険のシステムです。この場合、保険金は必ず受け取れます。それは人は必ず死ぬからです。当然のことながら、満期保険金は存在しません。保険料については、保険期間に合わせて一生涯払い続けるというタイプもあるのですが、「60歳まで」「65歳まで」というように、「保険料払込満了期間」を設定しているタイプが多いようです。保険料も終身であるとは限りません。
保険会社からすると、終身保険は必ず保険金を支払わなければならないため、定期保険のように保険証を他の契約者の保険金に充てるということはできないわけです。したがって、それぞれの契約者の保険金は、契約者ごとの保険料で賄うということが原則です。これはほぼ養老保険の関係と同じです。ただし、養老保険には満期がありますので、そのタイミングで保険金を用意しなければなりません。しかし、終身保険は平均寿命である時期に保険金を用意しておくことになりますので、タイミングに若干の余裕があります。そのために、終身保険の保険料は養老保険よりも安くなるのです。一方で保険金が安くなることから、中途で解約した場合には、解約返戻金はそれまでに払い込んだ保険料をやや下回るのが通常です。
終身保険のこのような性格から、向いているのは中高齢以上の人であるといえます。この年齢の人であれば、「保障は必要だが、ある程度子供が大きくなり、住む家もある。貯蓄に励む目的は薄い」「定期保険では掛け捨てなのでもったいないし、年齢が上がってしまった分保険料も安くない」といった状況になることがありますが、この場合には、養老保険よりも安いコストで保障を入手できる、終身保険のメリットが生きてきます。「年齢が一定以上になると、保険に入れなくなるのではないか?」という心配もあることでしょうが、養老保険と同様に、保険料の総額は保険金とほぼ同等になりますので、保険会社のリスクは小さく、その分年齢や健康状態は、加入に少々影響する程度です。
一定以上の年齢でも保険に入ることができることから、財産を分けるために終身保険が利用されることもあります。「次男を受取人にした終身保険に加入する」ことと、「次男に1000万円を相続させる旨の遺言書を書く」ということは同じ効果を発揮してくれます。この場合、相続税法上で控除が発生することなどを考えると、遺言書で示すよりもメリットが確実にあります。
相続税の対策に保険を活用!?保険相談なら