★保険の選び・加入したときには沢山の保険金が受け取れると思っていませんか?


保険のビュッフェ

多くの方が加入している生命保険ですが、実際にどんな種類があってどれだけの金額がもらえるかなど、十分に理解できていない方も多いはずです。加入したときには沢山の保険金が受け取れると思っていたのに、いざ必要な時になるとほとんど受け取れなかったということもよくあります。そこには生命保険ならではの仕組みがあるのです。まず生命保険には主に定期保険と終身保険があり、それぞれに異なるメリットを持っています。

定期保険

【定期保険】の見直しなら
定期保険とは、保険加入者が死亡もしくは高度障害になった時に、一定期間だけ保障する生命保険のことです。一般に定期保険は若い方の場合は、毎月の保険料がとても安くて保証金が大きいというメリットがあります。ですから若くて家族を養う必要のある世代に適している生命保険です。とはいえあくまで一定期間なので、満期になると保険を更新する必要があります。例えば10年間の間に死亡すれば保険金が支払われるわけですが、10年後に更新するときには保険料が上がっていきます。ですから30代の時には大きな保障があっても、60代以降には保障がほとんど残らなかったということもあります。

終身保険

【終身保険】の見直しなら
終身保険とは、保険加入者が死亡もしくは高度障害になった時に、一生涯変わらずに保障する生命保険のことです。若い時に終身保険に加入すれば、一生涯にわたって毎月の保険料も保証金額も変わらないので、老後も含めて安定した保証を得たい方にお勧めです。最近では60歳・65歳で支払いを終えてしまうタイプの終身保険もありますから、若いうちに頑張って払ってしまえば、老後は保障だけ残って保険料の負担を減らすことができます。とはいえ保険料が高くて保障金額が少ないというデメリットもあるので、若い世代の人が家族に十分な保障を残そうと思うと負担が大きいという問題があります。

組み合わせたタイプの生命保険

最近ではほとんどの方が、定期保険と終身保険を組み合わせたタイプの生命保険に加入されています。終身保険で老後にも備えておいて、同時に若いときの家族にも大きな保障を残すという特約付の生命保険です。例えば、500万円の終身保険に加入しておいて、5000万円の定期保険特約をつけたりするタイプです。30歳の時と50歳の時では必要な保証金額も異なりますから、それぞれの年代で必要な金額をきちんと計算して加入する必要があります。

★生命保険の選び方について

生命保険に加入する際には、多くの種類があるので非常に悩みます。数多い種類の中から選ぶには、どのような種類があるのか知識をつけることが必要です。
生命保険は家族構成やライフスタイルによって影響をうけるので、自分の生活を確認して、必要な保障額を見極めることが大事です。家族を扶養している立場であれば、万が一の際に家族が生活を確保できるように金額設定をして選びます。
生命保険には定期保険と終身保険があります。定期保険は保険料が割安ですが期間がきまっており、満期で保険金はもらえないです。終身保険は一生涯保障が続き、保険料は割高ですが確実に保険金をもらえます。生活の仕方や将来におけるプランを明確にして保険を決めるようにします。

間違いのない生命保険の選び方

意外と知らない保険の落とし穴が!
生命保険を選び間違ると死ぬまで損だ!
生命保険の選び方ほど難しいものはありません。
たった一回の契約で、自分の人生が決定されるからです。
一番信頼していた大手の生命保険会社の生保商品!
商品の違いは掛け金の違いだ!って思ていましたが・・・・
つまり
掛け金=給付金
この計算式は、全く正しいといえるでしょう。
もちろん、同じ生保の同じ商品を比較すれば、正しいのは当たり前です。
ところが
自分が加入した生保の商品≠他社の給付金
こんな簡単なことをどうして見落としていたのでしょうか?
生保=完全信頼
もちろん信頼しているから、この図式でいいんですが・・・・
生保=利益の追求
この図式も、正解ですよね。だから、私たちは生命保険各社の商品を選択して選ばなくてはいけないのです。

生命保険の選び方
その方法は
自分で選ぶ

相当詳しく調べる必要があるので、まず無理!
知人・知り合いに頼む
信頼できる人間関係に恵まれている人はそれが一番だと思います。
でも、問題はそうして選んできた人の生命保険を見直す必要が発生している事実です。
専門家に選んでもらう

結局、これしかないと私は思います。・・・よく検討しましょう
専門家おすすめの保険おしえます!

生命保険に加入する際の基準

生命保険は、保険の加入者が死亡したとき(あるいは高度障害状態になったとき)に、残された家族(高度障害の場合については本人)が保険金を受け取れる保険です。生命保険本来の目的から考えると、加入するか否かは、「万が一のことがあった際に経済的に困る人がいる」という場合に加入を検討するのが合理的といえます。
最も必要となるケースとしては、養育中の子供がいる際です。子供が自立できるまでサポートするというのは親の責任ですので、万が一の親の死亡時に不足する教育費や生活費分の死亡保障を備えておくようにしましょう。また、親を扶養しているケースでも、親の年金や預貯金も考え合わせてほどほどの保障設計を考えておくと望ましくなります。
一方で子供のいないシングル世帯や共働き夫婦のように、扶養している人がいない場合であれば生命保険は基本的に必要ありません。ただし、共働き夫婦で住宅ローンを抱えており、一方がなくなった場合に住宅ローンが残ってしまう場合には注意が必要です。残された配偶者がローンの返済に困らないように、生命保険を用いて死亡保障を確保しておくと安心できます。
生命保険に加入することを考える際には、民間の生命保険以外にも頼りになるものはいろいろとありますので、それらを考慮することも大切です。公的保障や会社の福利厚生から支払われるものなど、“既に持っている保障”を調べて、万一の際に入ってくるお金がどれだけあるのかということを把握しておくといいでしょう。
たとえば、公的年金は、老後に備えるためのものというイメージがあるでしょうが、その一方で加入者が死亡した場合の遺族への保障という機能ももっています。例えば会社員の夫が妻と子供を残して亡くなった場合、遺族基礎年金に入っていると子供が高校を卒業するまで、遺族基礎年金と上乗せの遺族厚生年金があります。会社員であれば、会社の福利厚生制度から、死亡退職金や死亡見舞金が出たり、残された子供に育児育英年金を支給されたりという場合もあります。残された家族が働いて得られる収入や、これまでに貯めたお金も頼りになってきます。万が一の時に頼りになるのはお金だけではなく、いざというときに助けてもらえるように、家族や周りの人たちとのつながりを作っておくというのも、大切な“保険”のひとつになります。
生命保険の必要性を検討する際には、万が一のことが起きた場合に、その後にどのような生活を送ることになるのかを検討して加入するのが大切になります。

生命保険の加入を考える上で最も重要なポイント

日本人の生命保険の加入率は世界の中でも高く、生命保険は日本人の嗜好に合い、ほとんどの人は生命保険に加入していると考えられます。

生命保険に入っている方も、これから入る方も、生命保険の加入を考える上で最も重要なポイントをご紹介します。

生命保険の加入を考える上で最も重要なポイントは、自分が何を求めて生命保険に加入するのか、考えをまとめておくことです。

考えがまとまっていないまま漠然とした気持ちで、保険ショップや生命保険会社のセールスマンに相談すると、かたちにはまった一般的な考え方を勧められ、加入した後に、自分が求めていた生命保険と違っていたということになりかねません。
実際に、加入した時は勧められるままに、あれよあれよという間に加入してしまったけれども、よく考えたら必要としていない生命保険に加入してしまったという例は少なくありません。
せっかく加入した生命保険が無駄にならないように加入前にしっかりと自分のニーズを確認しましょう。

ニーズに合わせた生命保険の選び方を三点参考に記載しますので自分にあった生命保険を考えてみてはいかがでしょうか。

その1 家族のための生命保険。
自分に万が一のことがあった時のための備えとして加入します。結婚したり、子供が生まれた時に考えることが多い生命保険です。ライフサイクルに合わせて保険金額を考えて加入する必要があります。一般的に言う生命保険はこのかたちになります。

その2 家族や自分のための生命保険。
病気やけがをしてしまった時の備えとして加入します。医療保険やがん保険がこれにあたります。家族を持たない独身の方も、自分のために加入するかたちになります。

その3 お金が必要になる時のための生命保険。
子供の学費に備える学資保険、年金の不足に備える年金保険、貯蓄性の高いかたちの生命保険などがこれにあたります。

生命保険はどのようにかけるべきか

生命保険(死亡保障)は、大事な家族が大黒柱が万一があった時に困らないようにかける保険です。

一般的な保険は、定期保険と終身保険の2種類に分けられます。
定期保険は60歳までとか65歳までとか期限を切るタイプの保険です。年金受給時期までだったり、子供が独り立ちして教育資金等必要なくなる時期までだったりと人それぞれです。なんといっても安い掛け金で大きな保障が得られます。

一方で終身保険は期限がなく終身ですので、いつか必ず寿命が来ますのでどこかで保険金が支払われることになります。定期保険よりも保険料が高く、掛け捨てではありません。

そして、この2つを組み合わせた定期保険付終身保険もあります。葬儀代等を終身保険でもち、必要な期間までの保障を定期保険で上乗せして持つという商品です。

実際どれくらいの生命保険をかけているかというと、平均で約3000万円。受け取る保険金の平均値は300万円。約10分の1です。なぜこういったことが起こるかというと、ほとんどが定期保険で期間が過ぎた後に亡くなっているからです。65歳より若くして亡くなる方の割合はわずか4%。保険は万一のためのお守りなので定期保険は安くて保障が大きいので確かに安心な保険です。しかし、掛け捨てです。

ではどのような保険が有効なのでしょうか?

家族の収入状況によって違ってきますが、お勧めは低払い戻し期間付の98定期保険です。

98歳満期の定期保険で、低払い戻し期間を付けて短期払いにすれば、低払い戻し期間が過ぎれば、掛け込んだ保険料より増えて返ってくるケースがあります。これは加入年齢によって変わってきます。

例えば98歳満期で低払い戻し期間が65歳まで(払い込みも65歳となります)に3000万円加入したとします。当然万一の時は98歳までは3000万円の死亡保障があります。そしてこの保険のメリットは、若いうちに加入しておけば、低払い戻し期間が終われば掛け込んだ保険料よりも解約返戻金が増えるケースがあるということです。

死亡保障を準備しながら、死亡保障が必要なくなれば解約して老後の資金に使えるというメリットがあります。

社会保障が不安定ななか、死亡保障と老後資金の準備を損することなく行なってみてはいかがでしょう。

生命保険契約に関する権利とは何か

生命保険から支払われる保険金は、所得税や相続税といった税金の課税の対象になってきます。支払ってきた保険料が保険金の額を超えるのであればまだしも、保険金の金額が保険料として支払った金額を超えていたり、保険料を本人以外の者が支払っていたのであれば、保険金を受け取って得をした者に対して課税しない理由がなのです。しかし、生命保険について課税されるのは、実は保険金を取得した時のみでありません。被保険者が死亡していないので保険金が支払われないにも関わらず、相続税が課税されることがあるのです。
保険金が支払われていないにも関わらず相続税が課税されてしまうのは、保険料を負担していた者が被保険者以外の場合で、その保険料負担者が亡くなってしまった場合です。保険金は保険料を負担してきた者が取得したものと考えます。被保険者が保険料を負担していた場合、保険金受取人は保険料負担者である被保険者から保険金をもらったものとみなされ、相続税が課税されることになります。そのため、保険料負担者が被保険者でなかった場合、一つの問題が生じてしまいます。保険金が支払われるのは被保険者が亡くなった時です。そのため、保険料負担者が被保険者以外の者である場合、保険料負担者が亡くなっても保険金は支払われません。では、被保険者が亡くなった時、保険金受取人は誰から保険金をもらったものとみなされるのでしょうか。保険料負担者からもらったとすることも可能ですが、その場合、被保険者が亡くなるまでは保険金受取人の相続税は確定しない状態が続いてしまいます。1年や2年であればまだしも、10年、20年も不安定な状態が続くというのは負担が大きくなり過ぎます。この方法は少し現実的ではないのです。
では、相続税法はどのようにしているのかというと、保険料負担者が亡くなった場合、その生命保険の契約者に相続税を課すことにしています。契約者が無償で保険料負担者の立場を引き継いだと考え、被保険者が死亡した際にはその契約者から保険金をもらったものとするのです。保険金が支払われるわけではないので何に課税するのかというのが問題となりますが、契約者は保険契約を解約することが可能であるため、解約によって発生してくる解約返戻金を課税の対象とすることにしています。あくまでも保険料負担者の立場を引き継がせたいだけなので、契約者が解約するかどうかは問いません。したがって、契約者が課税対象にされるのは“解約することができる権利”なのです。これを相続税法では「生命保険契約に関する権利」と呼んでいます。課税上の都合でしかないわけですが、何の収入がなくても相続税を課税されることになるので注意して下さい。

生命保険を契約する時に考えたいこと

生命保険は一家の大黒柱に万が一のことがあったときに頼りになる保険です。
通常は子どもの年齢や人数、持ち家があるかどうか、妻の年齢、夫の年齢などを加味して受け取る金額を設定します。

一家を支える夫が亡くなった時に、小さな子供がいる家庭では、その子供が大学を卒業するまでの生活費があれば安心ですね。
生活費や教育費の全てを民間の生命保険の支給で賄うのは、それだけの掛け金を支払う必要があるので大変です。
公的な遺族年金や妻が働きに出る、学費には奨学金を利用する、という選択肢も踏まえておくと生命保険選びの参考になると思います。

持ち家か賃貸住宅かでも生命保険の金額は変わります。
持ち家なら夫の死亡により住宅ローンが無くなるケースが多いので住居費の心配がありません。
一方、賃貸住宅の家庭では家賃の支払いが続くので、そういったことも加味して生命保険を選びましょう。

最近は、夫や子どもの年齢に応じて、年々、受け取る生命保険の金額が変動する商品が多く販売されています。
子どもが成長するとともに必要な教育費や生活費も減少するわけですから合理的な保険だと言えますね。

生命保険をかける期間に関しても問題があります。
夫の年齢によって公的年金が受け取れる年齢も変わるので、民間の生命保険をかける期間も検討する必要があります。
基本的には年金を受給する年齢までは生命保険を受け取れるような契約にしておくと心強いかと思います。

生命保険相談

ファイナンシャルプランナーに保険の無料相談をしてみたことがあります。
数回経験があるのですが、どのファイナンシャルプランナーもそれぞれだなぁって
印象でした。考え方や保険の勧め方など、それぞれ全然違うものだったので
相談する人によって、こっちの意見も迷ったりするなぁといった感想です。

最初の人は、私も初めての経験だったし、よくわからないまま終わったかもと
いう気持ちでした。この保険ならいいなぁと思える商品の紹介も
されませんでした。
次の人の時は、一度経験済みだったこともあり、私も少し余裕があったためか
落ち着いて、話を聞くことができました。
その時のファイナンシャルプランナーに薦められた、保険商品は悪くなかったです。
でも金銭的にあまり余裕がなかったので、即決はできませんでした。
とても納得のできる話を聞かされて、私も勉強になりました。

その次の人は、もう既に、商品をいくつか準備されてました。
だいたいの希望を電話で聞かれて、少し話していただけなんですが
私が求めているような内容の商品を出してきてくれたので、これならいいかも!
と思い、現在の保険を見直すことができました。

保険の相談と一言で言っても、相談相手によってさまざまなので
すぐに答えはなかなか見つからないですね。

生命保険を選ぶときに必要なこと

命保険に加入する時、保険の外交員に猛烈な勢いで話をされて、
よくわからないまま押し切られる形で生命保険に入らないように、保険を選ぶときのコツを書きます。

生命保険には、大きく分けて「保障機能」と「貯蓄機能」の2つの機能があります。
保険の種類ごとに、どちらの機能がどのくらい重要視されているかが異なりますので、
保険を選ぶ際は、よく理解をすることが大切になります。

保障機能とは、万一の死亡や病気やケガなどの事態が起きた場合に、
なるべく少ない保険料で多くの保険金や給付金を受け取れること。
貯蓄機能とは、無事に満期を迎えたり、途中で解約した場合に、
少しでも多くの満期保険金や解約返戻金を受け取れること。

保険料が払った分だけ、解約返戻金として受け取れるわけではないので、
解約返戻金が一番多い時に解約したい場合は、保険会社や保険の外務員に問い合わせると教えてくれます。

保険の基本的な仕組みは、「掛け捨て」にあります。
皆で払っている保険料が、万一の不幸が起きてしまった人のところへ
保険金や給付金という形で回っていく仕組み、
つまり生命保険の「相互扶助精神」の基本形になっています。
会社名も「XX生命保険相互会社」となっている会社もあるわけです。

実勢に保険会社が提案している保険商品は、保障機能の強い商品と貯蓄機能の強い商品を
いろいろなパターンで組み合わせたものが多くなっています。
終身保険に医療保険がついていて、そのうえ貯蓄機能もついている商品など、多種多様になっています。
複数の基本商品を組み合わせた商品ならば、多様な範囲をカバーでき安心感は増しますが、
その分保険料も高くなります。

なので、生命保険自分にとってあまり必要でない部分が含まれていないかどうかをチェックすることも大切になります。
今のライフスタイルにあわせて、優先度が高い目的をカバーしてくれる度合いが高い商品を選ぶことが、
保険加入する際のコツです。

生命保険を適切に選ぶためにはどうしたら良いのでしょうか?適切な生命保険を選ぶために!

適切な生命保険を選ぶために
生命保険の販売を行っている企業は年々増加しています。

この数年のうちでは保険会社だけではなく、他の業種の生命保険業への参画や、インターネットでの保険の販売もスタートし、私たちにとって生命保険の選択肢はどんどん増えてきています。そのような状況の中で、生命保険を適切に選ぶためにはどうしたら良いのでしょうか。

人によって生命保険に求めるものは異なってくるかと思いますが、何に関して重視するのかをしっかりと定める必要があると思います。定期保険や終身保険、最近ではアカウント保険といった聞きなれないタイプの保険まで、種類は様々あり、種類ごとに特質も変わってきます。それぞれに保障内容が違い、掛け捨てなのか貯蓄型なのかも変わってくるため、そのような点を中心にして見極めが必要となってくるでしょう。

そして、当事者が保険に加入したいと思った段階での年齢も重要になってくるとと思います。保険によっては年齢によって月々の保険料が異なり、保障内容とともにできるだけ保険料が低く設定されているものを選ぶという方法も一般的となっています。最終的には保障内容と保険料のふたつのバランスを総合的に考えて保険を選択するため、保険を選ぶ際は慎重に検討することが求められます。

インターネットで申し込める生命保険

近年の保険業界の改革によって、生命保険をインターネット上で申し込めるようになりました。
ライフネット生命保険やSBIアクサ生命保険など、インターネット業務を中心に取り扱う会社が増え、消費者である私たちにとっては非常に便利なものとなりました。
しかし、その反面クリックひとつで様々なことが決められていくために、後々になってトラブルにつながりかねないこともあると思います。
インターネット上での申し込みは、基本的な情報(名前、生年月日、家族構成、既往症など)を入力し、その後に詳しい保険の内容を調整していくことが一般的です。これだけで月々にかかる保険料や保障内容が簡単に弾き出され、申し込みへと至ります。ここまでの作業行程で何もミスが無ければ確定させて問題はありませんが、細かいミスに気付かずに申し込みを確定させたりしたために、トラブルとなってしまうことも考えられます。そのような事態を起きる前に防止するためには、データの入力の段階から慎重に行い、こまめに修正するべき点はないかを注意深く見る必要がありますね!

後になって面倒なことにならないように、簡単な作業であってもしっかりと見直しをしていくことが大事だと思います。

必ず加入しておきたい生命保険

世帯主が亡くなることによって生じる「死」に関するリスク、長生きすることで老後の生活資金が問題になる「生存」に関するリスク、台風や大雨などの「災害」に関するリスクなど、現代社会を生きる我々には様々なリスクが存在しています。そんなリスクに備えるために加入するのが保険です。しかし、すべてのリスクに対応するために保険に加入していたのでは、保険料を支払い切ることができません。必要なものとそうでないものとを見極めていく必要があるのです。もちろん加入する人によって加入すべき保険は異なってきます。例えば、台風による被害を受けやすい地域に住んでいるのであれば、台風によって発生した損失を補償してくれる損害保険に加入する必要がありますが、台風による被害がほとんどないのであれば、その保険に入る必要はありません。しかし、誰もが必ず加入しておきたい保険というのもあります。それは生命保険です。
生命保険から支払われた保険金は、残された家族が自分が亡くなった後、しばらく無理せず暮らしていけるための資金となります。ただ、亡くなった時の状況によって必要な資金の額は異なってきます。例えば、子供がまだ幼稚園に通っているという時に亡くなってしまった場合、まだまだこれから高い教育費が掛かるのでかなりの資金が必要になりますが、逆に独立しているという場合、教育費についてはほとんど考える必要がありません。そのため、その時の状況によって見直していくということが必要になります。ただ、子供が独立してしまったら全く生命保険に入らなくても良いわけではありません。人がなくなれば、葬式を行ったり、お墓を購入したりとかなりの出費が発生します。また、相続問題の際に保険金は大きく役に立ってくれます。例えば、財産的価値が高い遺産が住宅のみであったという場合、配偶者がそこに住み続けるとすると、他の相続人はほとんど遺産を取得することができなくなります。しかし、保険金があればそれを取得することができ、また住宅のような不動産とは違い現金であるため非常に分割しやすくなっています。
必ず加入したいとは書きましたが、加入者の立場によっては生命保険に入らなくても良いこともあります。例えば、奥さんの場合はどうでしょうか。奥さんが世帯主であるという場合は必要ですが、そうでないという場合には生命保険はあまり必要ではありません。生命保険はぜひ加入しておきたい保険ですが、加入する者が誰であるのかということや、加入する者の年齢に応じた補償額についてはよく考える必要があるのです。

いろいろな特約は本当に必要?

★保険によくある「●●特約」というやつ。
一つ一つ見て行いくと、とっても魅力的に見えるのでついついあれもこれもつけてしまいたくなりますが
私が保険を契約するときは基本的に特約はつけないことにしています。
私にとって保険は「万が一の時の備え」以外の何物でもないと思っています。
いろんな特約をつければ、「万が一」の時にお金はたくさんでるので自己負担が必要ないほど手厚い補償が受けられることでしょう。
でも「万が一」なので、ある程度不測の支出があるのは仕方ないので、その分は保険ではなく自己負担することと割り切って
本当に生活に困らない分を補償するお金として保険を活用する、という考え方です。
あまり特約をつけて補償内容を複雑にするよりは、よりシンプルに、生活に困らない最低限の備えをするというのが我が家の考え方です。

生命保険料はいくら?シュミレーション

ネット保険は保険料のシュミレーションもすぐできます!

ネット申し込みの保険に満足!

生命保険はインターネットで申込OK!

る生命保険は、基本は3種類の保険の組み合わせと考えていいでしょう。

定期保険
終身保険
養老保険

次に

1満期があるか?

2満期時に保険金が支払われるかどうか?

現在、禁煙割引や健康体割引等の割引を取り入れている生保もあります

生命保険比較 生命保険料控除 生命保険選び方 生命保険協会 団体信用生命保険>

生命保険の商品

生命保険の商品は現在950以上あります。日本人は生命保険依存症かもしれません?全所帯の93%は何らかの生命保険に加入しているのが現状です。

保険選びの一番おすすめのポイントは?保険安い、安心見直し、無料相談!

生命保険の分類

・定期保険

・終身保険

・変額保険

・養老保険

・医療保険

・ガン保険

・三大疾病保障保険

・収入保障保険

・個人年金保険

生命保険の特約

・定期保険特約

・入院特約

・成人病特約

・災害割増特約

生命保険について

生命保険とは万が一事故や災害で、死亡してしまったり、入院や通院が必要になった時に
家族の生活を守ってくれ、経済的損失を軽減してくれる制度です。
例えば、加入者が亡くなった場合、生命保険に加入していれば、死亡給付金を受け取ることができます。
また、オプション(特約)であることが多いですが、医療保険や入院保険に加入することで
急な病気や入院時に通院費・入院費として給付金を受け取ることができます。

各社、様々な保険や特約を販売していますが、主に基本となるタイプを3つご紹介します。

定期保険
費用は掛け捨てですが、比較的保険安い料であり、保障内容は充実しています。
保険期間に定めがあります。

終身保険
保険料を定められた一定期間払い込めば、保障は一生涯続きます。
保険料は定期保険より高めの設定です。
死亡保障のかわりに、年金・介護保険等に変更することができるものもあります。

養老保険
期間満了時に、死亡保障金と同額の満期保険金を受け取ることができます。
その為、保険期間に定めがあります。
死亡保障と貯蓄を考えることができる保険です。

 

主にこれらが主契約となり、
主契約に特約をオプションとして追加します。
特約が魅力的な商品であっても、特約のみを単独契約することはできません。

現在は様々な商品があり、資料請求や、保険の窓口等を利用して比較検討し
自分にあったサービスを選択することが大切です。

生命保険の原理原則

男性の平均寿命が50歳ちかくの明治、大正の頃、人の生き死にに関することはタブーとされてきました。
忌み嫌うものとして、死にまつわるものを扱うのは、避けられてきたのです。
しかし、そうとも言えない、避けられない時代を迎えたのが国民皆兵でした。いわゆる徴兵義務と呼ばれるものです。
ここで、避けては通れない戦死という「死」を強く認識しなければならなくなりました。

徴兵保険

ここで、戦前の生保が売りだしたのが徴兵保険。
各家の長男を除く次男、三男など、男たちは兵隊として兵役につかなければならなかったのです。
当時の日本の職業割合の半分以上が農業、漁業従事者だった。農家にとっては、次男、三男といえども貴重な働き手でした。
いわば、貴重な労働力だったのです。
この兵役の義務において、もしかして、戦地に赴くことがある可能性があり、さらに「死」の危険は高くなります。
そこで、次男、三男の親は徴兵保険に加入し、もし、次男、三男が戦死した場合には保険金を受け取るようにしていました。
貴重な労働力の代替を金銭で賄うという考えだったのです。
もし、戦地から無事に帰ってきた、兵役を無事に済ませれば、満期除隊の満期金が出ました。
これで、次男、三男は別に田や畑を買って一家を設けることができたのです。

現代

時代が移り現代。
日本人男子の平均寿命は飛躍的に伸び、簡単には死ななくなりました。
あからさまに「死」や「葬儀」、「お墓」の話をしても、だれもタブーとは思わなくなったのです。
誰もが、納得できるまで高度の医療を受けて生き続けることができるからです。

ここでは、生命保険の役割も従来の「死」からかけ離れ、生きる保険になったのです。
海外では生命保険のことをライフ、生活保険といいます。
まさに、生きる生活のための保険という意味です。
高齢社会に突入した現代日本においては、この生きる保険、生きるための備えの保険が必要になってきたのです。
そのための年金保険であり、医療保険であり、がん保険という新しい生きる保険が登場したのです。
生命保険は「死ぬ」保険から「生きる」ための保険に変化しています。

西洋との比較にみる生命保険のあり方について

生命保険というものは一体いつ頃から登場してきたのでしょうか。また日本における生命保険の発展はどのような形態をとってきたのでしょうか。ここでは生命保険の発展の流れを追っていきたいと思います。
そもそも生命保険の起源をどこに見るかということについては様々な観点がありますが、最も信憑性が高いのは、イギリスで産業革命が起こり、多くの賃金労働者が生み出されてきたところから、彼ら賃金労働者の生活を保障するために、それぞれが一定額を拠出して、万一の巨額の出費に備えたというしくみです。つまり産業の発展が生命保険というスタイルを生み出したのです。
一方、日本の生命保険は、明治時代に様々な西洋文明が日本に流入してきましたが、その中に生命保険の制度も含まれていたのです。
この明治初期の頃の保険というのは、もっぱら死亡保障機能をもつ終身保険が主流でした。しかし日本ではこのタイプの生命保険商品はなかなか売れませんでした。理由は日本人の伝統文化によるところが大きいのです。たとえば損害保険商品であれば、保険の対象となるモノを客観的に見ることができるので問題ないのですが、生命保険は、人の「死」が対象であり、前提となります。すると保険を購入する側にしてみれば、自分自身の「死」というものに対して客観視できず、その結果、生命保険商品を忌み嫌う傾向があったのです。
これでは生命保険会社としても困りますので、本来の死亡保険に貯蓄性をプラスして、満期になれば保険金がもらえるという部分を全面に出し、人の「死」というものを隠して生命保険商品を売ることにしたのです。これが養老保険の始まりです。その結果、生命保険商品は爆発的に売れ始め、大正末期には終身保険が1割弱で養老保険が圧倒的なシェアを奪うことになったのです。
この点が、イギリスとの比較において生命保険の発展の過程が大きく異なるところなのです。つまり、自分が死んだ後のことを考え、遺族の生活を少しでも楽にすることを目的に死亡保障として発展したのがイギリスの生命保険。それに対し、貯蓄手段の1つという意味合いの中で発展した日本の生命保険という流れの違いは歴然としており、ここに生命保険はいかにあるべきかという議論が巻き起こるのです。
保険は本来、貯蓄ではありません。万一の巨額の出費に備えて、皆が事前に拠出し合って、お互いにカバーし合うというのが保険の精神なのです。決して満期時に保険金を受け取るためのものではありません。ここに日本の生命保険発展の過程における「ゆがみ」が見られるのです。
生命保険商品を売る保険会社側も、こうした本来保険はどうあるべきかという観点を見失わずに販売活動をしていただきたいものです。

簡易生命保険(簡保 かんぽ)

日本郵政公社の生命保険事業です。郵政民政化2007年10月1日以前のKanpmoです。

保険にはいっていて、本当に良かった!

★10年前に、郵便局(今はゆうちょ銀行ですね)で勧められるままに
1ヶ月1万円ほどの掛け金で、特約なしの簡易保険にはいりました。
ちょっと節約すれば、払える金額でしたし
最後の2年ほどで、残りの掛け金を支払ってしまいましたから
更にお得意になったようです。
数ヶ月前に満期になり、100万円ほどのまとまったお金が手に入りました。
ちょうど、夫のお給料が減額になり
ボーナスも半額ほどになってしまったので、
大変助かりました。住宅ローンやちょっとした贅沢にあてて
慌てる事なく、対応することができましたね。
保険は病気の時にしか使えないと思っていましたが
貯蓄としても、とても有意義なのだと実感しています。
10年前に、保険を勧めてくれた郵便局の方に、感謝です。

生命保険と上手に付き合おう

生命保険に入る理由は、大きく分けて3つあります。一つ目は、保険をかけた人が亡くなった場合のリスク対策、二つ目が病気やけがで多額の費用がかかってしまった場合のリスク、三つ目が長生きしてしまうリスクです。一つずつ見て行きましょう。まずは保険をかけた人が亡くなってしまった場合ですが、これは大黒柱のお父さんが亡くなってしまうと、その家族は収入が無くなってしまうので生活が立ちゆかなくなります。そのため、亡くなった場合でも何年間かは生活できるように、ある程度まとまった保険金をかけるというものです。二つ目の病気やけがで多額の費用がかかってしまった場合とは、がんがわかりやすいと思います。治療や入院、退院後の通院、再発した場合など通常の医療費とは桁が違うほど負担が大きくなります。三つ目は、いわゆる老後の資金対策です。生命保険の商品で言えば、年金保険が該当します。公的年金の支給開始年齢が65歳に引き上げられましたので、定年となる60歳から65歳までどうするのか、あるいは公的年金だけでは暮らせない場合など、自分で清潔設計をする必要があります。これら3つの目的をよく考えて、自分のライフスタイルで何が足りないのか、どこを増やしたいのか、検討をしてみましょう。

生命保険への加入を検討

私は最近結婚して子供もできましたので、生命保険に加入しようと思っています。
生命保険への検討を開始してから、私自身、初めて一家の大黒柱となった実感が湧いてきました。
自分のためではなく、自分に万が一のことがあった時のために、
残った妻や子供が困らないよう大きなお金が受給できるようにしておくのです。
しかもそのお金は受給額にもよりますが、大部分を非課税で受給できるのです。
これは残された家族にとっては本当に有りがたいことだと思います。
私の父は数年前に亡くなりましたが、やはり生命保険に入ってくれていたおかげで、
その後の私の母は路頭に迷うことなく、人並みの生活を送ることができています。
せっかく残してくれた財産も、税金がかかって大部分を国に持っていかれるなら、
生命保険の意味が無くなってしまいます。
税制上の非課税になっているので、これを使わない手は無いと思います。
また、残された家族のためと書きましたが、終身生命保険であれば、
満期金がありますので、例えば60歳時点を満期として設定し、全額または一部を受け取ることもできるのです。
その場合、利息がついて払い出されますので、銀行預金のかわりに終身生命保険に加入するのも良いかと思います。
そもそも保険とは残された家族のために備えるものですが、それだけではなく、加入者自身もいつまでも元気であれば、
その分貯蓄がどんどん増えていくとなれば、それが更に元気の源となることでしょう。
せっかく掛金をかけているのですから、こういう楽しみ方があって当然だと思います。
このように色々メリットのある生命保険ですが、これを自分で選択するとなると相当な知識が必要になります。
保険加入を検討しながらも、途中で挫折してしまう方も多いかと思います。
そのためにはファイナンシャルプランナーを活用することをお勧めします。
彼らは保険会社の人間ではないので、不要な保険まで押し売りするようなことがありません。
相談しながら自分にあった保険をコーディネートしてもらえると思います。

自分自身に合った生命保険

結婚をして家族を持つようになってから、将来のことを今以上に考えるようになりました。その中で生命保険というのがまず出てきました。独身の時などは、怪我、病気等はしないと思ってまったく保険には興味がはなかったのですが、家族を持つようになってからは自分一人の身体ではないんだと思い保険の事も真剣に考えるようになりました。まず生命保険にもたくさんの種類があって、例えば終身保険タイプの保険がありますが、この保険に関していえば、保障は一生続くという最大のメリットがあります。 しかしデメリットをあげるとするなら、終身保険なので最初から保険料金が高めに設定されています。保険料が高くても、保障が一生涯続くのは安心しますし、保険料は払い終わっても解約さえしなければ死亡保険金を受け取るという保障もあります。なので始めに自分自身の基準を作らないとどの商品がいいのかかなり戸惑ってしまいます。実際私もかなり戸惑いました。そこから私と家族で話し合い、自分にはどんな保障が必要なのか、保険料は毎月どれくらいまでなら払えるのか等自分にとって必要な条件を満たしてくれる生命保険を選びました。次に付帯サービスのことを考えました。付帯サービスは商品以外の付加価値を提供することです。最近では、各社生命保険会社が力を入れているサービスみたいです。種類としてはアフターサービスの充実、保険の契約後に定期的に訪問して保険内容の見直しやニーズなどに応えてくれるサービスです。さらに健康、医療などのサービスや情報提供は、付帯サービスを導入している生命保険会社は特に力をいれています。今回私は生命保険の選択で、保険料というのはこれから払っていくのにあたって人生設計に大きな負担がかかるものです。特に高価なものなので、後々後悔しない為にも、上記で述べたような人気がある商品とかを選ばずに、自分や家族にあったライフプランによって慎重に選ばなければならないと思いました。

入院特約の生命保険に入っていてよかった

現在私は52才になります。3つの生命保険に入っていますが、どれも20代の頃に入った保険です。ひとつが民間の生命保険、あとのふたつは職場関係の公的な保険です。

20代のころ、私は心身ともに健康で難なく保険に入ることが出来ました。あまり保険に詳しくなかったのですが、家内の知り合いの保険外交員の人の勧めで民間の保険に、職場関係の保険は職場の先輩にいろいろ聞いて入りました。3つとも死亡時の補償と共に入院時は一日当たり5000円の給付があります。

30代になって私は慢性腎不全になりました。腎生検やら加療やらで数回の入院を経験していますし、また40代後半からうつの傾向が強くなり、3ヶ月程精神科に入院していたことがあります。

私の職場では病気休暇中であっても給料は満額出るのですが、それでも入院中にはいろいろな費用がかかります。当然病院への支払いもあります。そんな中で入院給付が3社で合計一日当たり15000円出るというのは非常にありがたい事でした。

とかく入院中には【いつまで入院が長引くんだろう。支払いは大丈夫だろうか】と心配しがちなのですが、私の場合はそのような心配は全くなく、安心して治療に専念することが出来ました。今後も腎臓関係で何度も入院することになると思いますが、健康な時に生命保険に加入しておいて本当に良かったと思います。病気になってからでは保険にも入れませんから。

生命保険を解約しようか悩んでいます。

現在生命保険に加入しています。 妻の知り合いが保険外交員を務めており、その方を通じて加入しました。
契約するときは保険の内容までほぼその方任せでしたので、自分がどのような保険に入っているかつい最近までよく分かっていませんでした。

最近新聞などで保険に関する記事やコラムを目にする機会が多く、そんな記事を読んでいるうちに自分たちの家計から考えると支払っている保険料が高いのではないかと疑問を抱くようになり、保険証券にじっくり目を通すようになりました。

そこで分かったことは、仕組みがとても複雑であるため保障内容が分かりにくく、保険料も更新ごとに上がっていくタイプであるという事です。

特に、保険料が更新ごとにあがっていくという説明は一切受けていませんでした。そもそもそんなの知っていて当たり前なのかもしれませんが、保険料というとても敏感と思われる内容についてはあらかじめ教えて頂きたかったです。

このことで契約した担当者に不信感を覚え、契約を解約しようか悩んでいます。

保険で貯蓄をすることが、可能になったのでよかった

薦められた保険の内容が、死亡保障がついている生命保険で利率がいい人気商品

保険で貯蓄をすることが、可能になったのでよかったです!
5年程前に、当時私の死亡保障保険が未加入なのが気になって、何か生命保険に
加入したいなぁと思い、ある保険相談カウンターへ行ってみました。
その時に、薦められた保険の内容が、死亡保障がついている生命保険ですが
利率がとてもいいので、人気商品とのこと。

私は、死亡保障保険に加入できるなら、特に問題はないと思い、迷いもなく
その保険に加入することに決めました。10年間の払込済みだったし
掛金はちょっと高いかなぁと思いましたが、10年だけ頑張ればいいか・・という
思いで、その保険に加入しました。

その保険は10年経過すれば、解約しても元はとれるものとなっており
利率も金融機関などと比べるといいので、貯蓄目的で、この保険に加入する人は
多いらしく、当初は私も保険で貯蓄!?なんてあまり考えもしてなかったんですが、
今となっては、やっぱり利率がいいので、この保険入っていてよかったなぁって
つくづく感じています。今は貯蓄をしたい願望が強いので、保障額をもう少し
高くしておいてもよかったかもなぁと思うぐらいです。
そうすれば、もうちょっとお金増やせたのに・・と思えます。

この商品、今は当時の利率よりも、下がっているとの事なので、それを聞いてから
加入しておいてよかったってさらに思いました。

契約者貸付

僕は海外のオンラインショップをよく利用しています。今年はじめ、欲しいと思っていた高価な品物を買う機会が、たまたま重なりました。店員さんから「キャンセルはしないでくださいね」とメールで念押しされたので断りにくく、清水の舞台から飛び降りるつもりで全部購入しました。ひと月の給料で僕が使える所得をはるかに上回る額だったので、リボルビング払い(リボ払い)で購入しました。
そのころは日常的な経費も膨らんでいたため、いつしかリボ払いの残高が30万円ほどに膨らんでしまいました。リボ払いとはいっても借金は借金であり、年率15%程度の利子がつきます。毎月少なくない額のお金が引かれるため、生活費にしわ寄せが来るようになりました。
リボ払いの月々の返済額は自分で設定できますが、金額を減らせば元本がなかなか減らず、返済期間が伸びるため、最終的に支払う金利が増えてしまいます。リボルビング払いの金利を減らし、余裕がある時にまとめてお金を返すことができないか、必死で考えました。
そんなある日、お付きあいのある生命保険のおばさんにお会いしました。随分前に、このおばさんを通じて生命保険に加入したのですが、彼女は最近、新しい商品を売ろうとして、僕のところによく来ていました。「そんな商品を追加で買う余裕なんて、あるわけないでしょ」と断っていましたが、雑談まじりにお金が必要なことを話したら、「生命保険に契約して長く経過した人には、その保険を担保にお金が借りられる制度があるよ」と教わりました。キャッシングの一種で、「契約者貸付」という制度だそうです。利子を聞くと年率4%台半ばとのこと。カード会社のリボ払いは15%程度だから、10%以上低いです。「それはすごい、ぜひその制度を使わせてください」と、おばさんにお願いしまし。
お金は30万円よりも少し多めに借りました。カード会社に比べると手続きは少し面倒だったけど、書類のやりとりはおばさんが僕の職場まで来て面倒をみてくれましたので、お金はすぐに振り込まれました。リボ払いの高い金利や、毎月くる強制的な返済がなくなり、とても気分が楽になりました。
お金を借りてから既に数カ月がたちましたが、自分のペースでお金を貯め、既に10万円以上を返しました。年明けには完済できるでしょう。
僕のように目先の必要に迫られて借金が増えてしまった人は、自分の持つ金融商品をよく見直して、有利にお金を貸してくれる先があるかどうか調べるといいと思います。

生命保険の加入時に知っておきたい知識

生命保険の加入時に知っておきたい知識をいくつか紹介します。

まずは保険の基礎の基礎です。
生命保険の登場人物を紹介します。生命保険に加入する時には役割をもつ人物が必要です。
1人目は保険契約者です。その名の通り保険契約を保険会社と契約する人物です。保険の権利は契約者が持っています。保険料も保険契約者が払います。
2人目が被保険者です。保険を被る者と書きますので、保険をかけられる人物となります。保険料は契約者が払いますが保険料を決めるもととなるのは被保険者の性別と年齢になります。
3人目は保険金受取人です。万が一の事があって保険金が出た時に保険会社が保険金を支払う人が保険金受取人です。保険金を受け取る権利は契約者ではなく保険金受取人にあります。ただし、保険金受取人を決めるのは契約者に権利があります。
死亡保険金は保険金受取人が保険会社に請求して保険金を受け取りますが、医療保険の入院給付金や手術給付金は、被保険者が請求して被保険者が受け取る事になります。

つぎに保険金が支払われた時の税金の基礎知識です。
契約者と被保険者が同一の場合受取人が誰であっても、例えば相続人でなくても当てはまる税金の種類は相続税となります。
契約者と被保険者が別人の場合、受取人が契約者の場合、所得税がかかり、契約者以外の場合は贈与税がかかります。
一般的には相続税が最も税金がかかりにくいので契約者と被保険者が同一の形態で加入する事が多いですが、相続税率が高い富裕層などはあえて所得税の形態で加入するケースもあります。
ちなみに入院給付金や手術給付金には税金がかかりません。非課税となります。

最後に生命保険料は年末調整の時に生命保険料控除として所得から一定の金額を控除する事が出来ます。1年の1月から12月末までに支払った生命保険料はその年の収入から一定額を引く事ができ、その分税金が安くなります。毎年10月ごろに保険会社から控除証明書が届くはずですから、よく見ずに捨ててしまわないようにしましょう。

出産のときは助かりました!生命保険

私が保険に入っていてよかったと思ったのは、出産のときです。

私の出産は帝王切開で手術になったため、入院期間も長くなり手術代もあったので支払いはどのくらいになるかちょっとドキドキしていました。

高額療養費の申請なども行ったりはしていましたが、どのくらいになるかいまいちわからなくて少し不安でしたが、自分の入っている生命保険で手術費用と入院費用が賄えることが分かったでの、安心しました。

出産一時金も健康保険から支払いがあり、健康保険からも申請した分で金額が差し引かれ、生命保険からも費用が支払われたので、結局のところプラスになりその後の生活にも足しになり不安が解消されました。

医療保険に入っていても病気にならない限りは本当に保険としてかけているだけと思っていましたが、実際に保険からも支払が入る状況になると本当に助かることを実感しました。

普段からそんなにお世話になることがない保険ですが、いざというときの保険なんだなと思いました。

家族の保険ももちろん入っていますが、無駄にはならないものだと思います。

保険はそれぞれ用途も違うので、自分に合うものを選べば何かの時の助けになるし、貯蓄性のあるものなら貯金になるのでいつのまにかお金がたまっていたということになり便利だと思います。

生命保険の数ある保険のありがたみ

生命保険・医療保険に加入して払い続けています。
私は今年で31歳になりました。
高卒で社会人になると同時に生命保険、医療保険に加入して自分でずっと払い続けていますが、幸いにしてこれまで1度も保険金の支払いを受けたことはありません。

これを考えると時たま毎月の保険料の支払いが勿体無い様に思える事もありますが、やはり何かあった時の為の保険なので解約する事はできずにいます。

そんな折、自分の保険内容をしっかり把握していなかったのもありますが、少し嬉しい事が先日ありました。
10年間事故や病気をしなかった事によるお祝い金がでたのです。
当然、加入している生命保険の規約には謳われているのですが、その認識がなかった私にはとても嬉しい臨時収入でした。

しかし、規約をちゃんと把握していないということは、自分にとって不利な条項もあるかもしれないという事でもあります。
加入時の説明は聞いていても、それももはや10年前の話で内容を全て覚えているかと言われれば答えはノーですし、聞き漏れもあるかも知れません。
そう思った私は最近になりもう一度、自分が加入している保険の規約を読み直してみました。
それで分かった事は、入院時の保障が少し足らないのではないかという点と、逆に死亡時の保険金が多いのではないかという点でした。
いざという時の保険ですが、万一の事態に加入していて良かったと思えるよう近日中には見直しをすべく保険屋さんと話してみたいと思っています。

子供がいると生命保険はあった方が安心です。

夫婦二人だけだと意識しなかったのですが、子供が生まれていざ夫に
もしものことがあった時に私一人で育てるのは金銭面で非常に厳しいです。
実は私の父親が50歳の若さで癌で亡くなっています。
癌が発見されたとき私は高校生でした。
本当は大学に行きたかったけれど、生命保険に父が入っていなかったので
私の学資どころか癌の治療費にわずかな貯蓄を使い果たし
葬式代を払ったら残ったのは家計の貯蓄は200万円足らずでした。
両親は自営業だったので、母は父を亡くして一人で店を切り盛りするのも
ままならず、結局店を閉めて、50歳を目前にして初めて外に働きに行くことに
なり、当然私も、2歳下の弟もなんとか奨学金で公立高校を卒業した後は
進学をあきらめ働かざるえませんでした。
そんな経験をわが子にさせたくないので、夫と今度、保険ショップの人に来てもらう予定です。

人生の希望を与えてくれたのは生命保険でした

私の過去の“保険”にまつわるお話をさせていただきたいと思います。私は根っからのバイク好きで若いころにバイクの中免を取って以来、20歳過ぎまで週末は峠をバイクで攻めるのが当たり前になっていました。そんなある日、中央線を大きく外れた私は対向車に激突したのです。私は両足複雑骨折と脊髄の一部に破損があり、一生車いす生活を余儀なくされました。職を失い、両足を失い、挙句に人生への希望を失った私を救ってくれたのが“保険”でした。私は二十歳の成人式を迎えた際に、成人の仲間入りを果たした記念にと生命保険に入りました。このおかげで生命保険適用による保険金が降りたことで、すべての手術・入院・通院の費用をすべて賄えることが出来ただけでなく、一時の生活費用も準備できることが出来たのです。私は人生の絶望から救われ、保険金を利用し、猛勉強をして公務員の仕事を手に入れる事が出来ました。今では愛する妻を娶ることもでき、車いすマラソンに出場するほど前向きに人生を楽しんでおります。今の若者は保険に入らないが増えているみたいですが、是非とも最低限の内容でもいいから保険に入ることを勧めたいと思います。

日本の生命保険業界

■日本における生命保険業界は一年分の保険料として約40兆円の取り扱いがあります。

アメリカに次いでの世界第二位の規模を誇ります。

加入率は、90%以上を保っており、世界で一番の加入率です。

そんな、日本での生命保険業界は、今やここ十年ほどの間に大きく様変わりしました。そんな国内の保険業界を少し見てみましょう。

日本国内の生命保険事情

国内で保険販売している生命保険会社は、平成28年3月現在で42社あります。そのうち、16社が外資系の生命保険会社なのです。

確かに、テレビで流れるコマーシャルや新聞などの広告もカタカナ名の生命保険会社が多いのに気が付きます。

もちろん日本の昔から馴染みのある社名もありますが、昔ほどの存在感は感じられません。

生命保険への加入方法も大きく変化して、多様化しています。銀行窓口からインターネット、保険ショップに至るまで様々です。

昔の様な、”保険のおばちゃん”の存在が薄くなっています。今は”おばちゃん”ではなく”レディー”ですね。大変失礼いたしました。

昔は、新入社員が配属されると、こぞって、保険の販売員さんが新入社員を呼んで勧誘していましたが・・・今はどうなんでしょうか。

さて、保険の「第一分野」と言われている死亡保障保険。つまり、定期保険、養老保険、終身保険などを指します。

これらの保険は1996年をピークに契約残高は減少の一途をたどってます。

また、因みに生命保険ではありませんが、自動車保険や家や店舗などの火災保険で「モノ」を補償する損害保険を「第二分野」といいます。

それよりも、最近一番、よく目にする耳にする医療保険、がん保険、介護保険などが「第三分野」と言われています。1990年代後半から、めきめきと契約数を伸ばしてきました。

その結果、「第一分野」に代わり「第三分野」が生命保険の中心的な主力商品となり販売競争も激しくなってきています。

現代社会のニーズに適していたこと、インターネットなどのより、消費者側の知識も向上し、保険も自ら自分に合ったものを選んで契約する時代になったと言えます。

新入社員の頃、内容も知識もあまりわからず言われるがまま、勉強せずに契約した頃とは、大きく異なっているのです。もちろん、全ての方がそういう訳ではありません。

情報が多くありすぎ迷うこともありますが、その多くある情報をうまく活用すれば、より自分に適した保険を見つけることができるというわけです。

他社との差別化を図るために、様々な独自の目線で特徴ある保険を打ち出しています。例えば、今までは生命保険に契約できなかった持病のある方や過去に病気をされた方などを対象にした保険です。

逆に健康な人には、より安い保険料で加入ができる保険などもあります。

他には、煙草の喫煙の有無により、保険料に差をつけた保険もあって様々な保険が登場しています。

本来、掛け捨てであった医療保険の更新時に返戻金があるものなどもあって、本当に挙げだすとキリがありません。

このような医療保険は、今は、かなりの加入率になっていることでしょう。

今後は、新境地として、注目されているのが、高齢社会に伴い介護保険です。その他には、2002年から銀行窓口での販売が可能になり、 貯蓄型の個人年金保険も順調に伸びているようです。本来、人口の減少に伴い販売数や保険市場が縮小されても不思議ではありませんが、高齢化に伴い 病気などの健康に対する不安、長い老後生活への不安に備えて、保険市場が拡大しているようです。

生きている間の長寿生活を快適に過ごすための保険へのニーズ、必要性を感じているようです。長寿国ならではの保険市場と言えます。

資本政策としての生命保険。

■ 通常、生命保険と聞くと個人が加入するものと思いがちです。
しかし、生命保険契約者として法人が名前を記載することが可能です。
ただし、被保険者、つまり身体を提供する人として法人の代表者、役員、従業員が必須です。
多くの法人では、長期間創業者として頑張ってきた役員がいます。
それは代表者の奥さんが名前を連ねている場合が多いのですが、この奥さん役員に満に退任してもらうには退職金が有効です。
そろそろ、店頭公開しようかという時、証券会社は資本政策として公開企業の内偵に入ります。
その際、もっとも懸念するのが奥さん役員です。
意外に、この奥さん役員が派閥の温床となり、後継者育成の障害となっているケースが多いのです。
役員ということ、創業者夫人として目の届かないところで人事に介入したり、好き嫌いで処遇を変更したいりして企業の成長を妨げているケースが多いのです。大局から法人を観ることはせず、個人の観点からみているケースは多々あります。

そこで、円満退任してもらうには高額の退職金を用意するのが一番なのですが、意外に、準備をしていない企業が多いのです。
永年、創業の時から苦労をかけてきたから、この退職金でゆっくりと養生して欲しいと言って渡すのです。
まず、登記されている役員全員で損金型でありながら、解約返戻金が簿外に残る生命保険に加入します。
当然、契約者は法人であり、保険金受取人も法人です。
シミュレーション上、奥さん役員の退職金相当額に相当する年数まで保険料を支払い、到達した段階で全員分の保険を解約します。
解約した返戻金が法人に入ってきますので、それを奥さん役員に支払います。

その解約返戻金を奥さん役員に支払うことで、手元資金ができますので、旅行に行くなりなんなりをしてもらうことができます。
もしくは、企業の関連会社、子会社という形での資本金に投資させても良いのではないでしょうか。
奥さん役員よりも、やはり、周辺からの注視を集める社長に就任するほうがよいでしょう。

この法人契約の生命保険加入について、証券会社としても資本政策として推奨しますが、法人の実態を精査しておくのは必要です。
企業の成長はやはり、人材です。その成長を阻害する要因を取り除いておかなければ発展はありません。
逆に、生命保険は本来のリスクヘッジとしても有効ですので、証券会社としても役員が法人契約の保険に加入していることを歓迎します。
生命保険は企業の店頭公開、上場準備の資本政策としても利用が可能です。

生命保険

生命保険の商品は現在950以上あります。日本人は生命保険依存症かもしれません?全所帯の93%は何らかの生命保険に加入しているのが現状です。

生命保険の各社

国内での生命保業は、金融庁の生命保険業免許または外国生命保険業免許を取得が必要です。

外国生命保険業免許は、外国の保険会社が日本で支店など設けて保険業を営むのに必要な免許です。

外国の保険会社が日本に現地法人を設立し生命保険業を営む場合は、生命保険業免許が必要です。外資系がすべて外国生命保険業免許に基づいて業務を行っているわけではありません。

日本国内で生命保険業を営んでいる会社は下記です。すべて生命保険協会に加盟しています。

生命保険業免許取得会社

アイエヌジー生命保険(旧:ナショナーレ・ネーデルランデン生命保険。現在は蘭金融保険グループ・INGグループ傘下)
アイリオ生命保険(エキスパートグループホールディングスの子会社)
アクサ生命保険(アクサ生命保険 + 旧:日本団体生命保険→ニチダン生命保険→アクサグループライフ生命保険 + 旧:ニコス生命保険→クレディ・スイス生命保険→ウインタートウル・スイス生命保険→アクサフィナンシャル生命保険)
朝日生命保険
アリアンツ生命保険(独アリアンツの生保子会社)
NKSJひまわり生命保険(損保ジャパンひまわり生命保険+日本興亜生命保険、NKSJホールディングス傘下)
オリックス生命保険
かんぽ生命保険(旧:日本郵政公社の生命保険事業)
クレディ・アグリコル生命保険(仏クレディ・アグリコルの生保子会社)
ジブラルタ生命保険(米プルデンシャルグループ、旧:協栄生命保険 + AIGエジソン生命保険〈旧:東邦生命保険→GEエジソン生命保険 + セゾン生命保険〉 + AIGスター生命保険〈旧:千代田生命保険〉)
住友生命保険
ソニー生命保険(ソニーフィナンシャルホールディングス傘下)
ソニーライフ・エイゴン生命保険(ソニー生命保険と蘭エイゴンの合弁)
損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険(旧:ディー・アイ・ワイ生命保険、損害保険ジャパン〈旧日産火災〉子会社)
第一生命保険
第一フロンティア生命保険(第一生命子会社)
大同生命保険(T&Dホールディングスの傘下)
太陽生命保険(T&Dホールディングスの傘下)
T&Dフィナンシャル生命保険(旧:東京生命保険。T&Dホールディングスの傘下)
東京海上日動あんしん生命保険(東京海上あんしん生命保険 + 日動生命保険。東京海上ホールディングスの子会社)
東京海上日動フィナンシャル生命保険(旧:スカンディア生命保険。東京海上ホールディングスの子会社)
日本生命保険(同和生命保険の契約を包括移転。※旧同和生命は同和火災の子会社)
ネクスティア生命保険(アクサ傘下。旧SBIアクサ生命保険)
ハートフォード生命保険
ピーシーエー生命保険(英プルデンシャル系。旧:オリコ生命保険)
富国生命保険
フコクしんらい生命保険(富国生命の子会社。旧:共栄火災しんらい生命保険)
富士生命保険(富士火災海上保険子会社)
プルデンシャル生命保険(米プルデンシャル系。日産生命保険→あおば生命保険を吸収合併)
プルデンシャル ジブラルタ ファイナンシャル生命保険(ジブラルタ生命の子会社。旧:大正生命保険→あざみ生命保険+大和生命保険。2010年4月1日より現社名。その前はプルデンシャル ファイナンシャル ジャパン生命保険)
マスミューチュアル生命保険(旧:平和生命保険→エトナヘイワ生命保険。エトナヘイワは元エトナ保険グループの傘下)
マニュライフ生命保険(旧:第百生命保険→マニュライフセンチュリー生命保険)
三井生命保険
三井住友海上あいおい生命保険(三井住友海上きらめき生命保険 + あいおい生命保険、MS&ADインシュアランスグループホールディングス傘下)
三井住友海上プライマリー生命保険(旧:三井住友海上シティインシュアランス生命保険→三井住友海上メットライフ生命保険。シティ保険グループとの合弁からメットライフとの合弁を経て、現在はMSIGの100%子会社)
みどり生命保険(冠婚葬祭ベルコのグループ会社)
明治安田生命保険(明治生命保険 + 安田生命保険)
メディケア生命保険(住友生命と三井生命の共同出資会社)
ライフネット生命保険

外国生命保険業免許取得会社

アメリカンファミリー生命保険(通称:アフラック。正式には「アメリカン ファミリー ライフ アシュアランス カンパニー オブ コロンバス」日本支社)
メットライフアリコ(旧アリコジャパン。AIG傘下からメットライフ傘下となり、2011年4月から現在の名称に。正式には「アメリカン・ライフ・インシュアランス・カンパニー」日本支店)
カーディフ生命保険(仏大手銀行・BNPパリバ系。正式名称は「カーディフ・アシュアランス・ヴィ」日本支店)
チューリッヒ生命(スイスのチューリッヒ・ファイナンシャル・サービシズ グループ傘下。正式名称は「チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド」日本支店)

2012/1/1wikipediaより

■生命保険 何を選べばよいのか

生命保険に加入する際、選択肢がたくさんありすぎて何を選べばよいのか迷ってしまうと思います。
多くの保険会社では、死亡保障や医療保障、生前給付型の保障など複数の保障を組み合わせた
パッケージ商品を販売しており、それが生命保険をややこしくしています。
ここでは、生命保険といえばまず最初にイメージする死亡保障を確保する際の考え方について、
紹介します。

まず、死亡保障は何のために必要なのか考えてみましょう。
保険の対象=被保険者が亡くなってお金がかかる場合には死亡保障が必要です。
また、被保険者が死亡してその人の収入が途絶えたときに困る場合にも死亡保障が必要です。
ですので、考え方としては非常にシンプルです。
被保険者が亡くなった場合に、いくらお金がかかるのかと、被保険者の収入が途絶えたときにいくら不足するのかを割り出せば、
それが死亡保障として準備しておくべき必要保障額です。

では、被保険者が亡くなってお金がかかる場合について考えてみましょう。
人がなくなることによってかかるお金といえば、一般的には葬儀費用です。
葬儀費用については貯蓄で補う場合や、ほかの方法で準備する場合には、保険で備えておく必要はありません。
保険で準備しょうとする場合には、かかる葬儀費用分(一般的には100万円〜200万円)の死亡保障に加入します。
保険期間については、葬儀費用は若くして亡くなっても、年をとってから亡くなっても、いつ死亡しても必要ですので、
一生涯保障の終身保険で準備することが望ましいでしょう。

被保険者の死亡によって収入が途絶えたとき

次に、被保険者の死亡によって収入が途絶えたときに不足するお金について考えます。
たとえば、被保険者が独身で、死亡により収入が途絶えても誰も困らないということであれな、
必要保障額はゼロとなりますが、
ここではわかりやすくするために、奥さんと0歳と2歳の子供がいる男性を例に考えてみましょう。
まず、この家庭では、子供の教育費や住居費を除いて、現在の生活費が月に25万円かかっているとしましょう。
男性が亡くなることにより、家族の人数が一人減りますので、生活費も減ります。
ここでは、家族が一人減ることによって5万円減額するとしておきましょう。
仮に、今この男性が亡くなった場合、上の子が大学を卒業して独立するまでの20年間は月20万円の生活費がかかり、
そこから下の子が大学を卒業して独立するまでの2年間は月15万円、下の子が独立したあとは奥さんが亡くなるまで月10万円の
生活費が必要です。奥さんのあと50年生きるとするならば、
20万×240か月(20年)+15万×24か月(2年)+10万×336か月(28年)=8520万円の生活費が今後かかります。
この金額から、遺族年金や死亡退職金、奥さんが働いているか働きに出るならばその収入を差し引いて、
不足する金額を生命保険で準備する必要があるのです。
仮に、5年後にこの男性が亡くなるとすると、上の子独立までが15年、下の子独立までが17年、奥さんが亡くなるまでは45年と
年数が少なくなりますので、その分準備しなければならない保障額も減ります。
つまり、必要保障額は年々減っていきますので、生活費部分の保障については逓減タイプに加入するか、
定期タイプに加入して毎年減額していけば合理的だということです。
これに、子供の教育費と住居費を加えます。
住居費については、賃貸住宅に居住している場合には、家賃等×年数分が必要になり、
持家で住宅ローンを組んでいる場合には、残債分が必要になります。
ただし、持家で住宅ローンがあっても、団体信用生命に加入済みで被保険者がなくなることによってローンも消滅する場合には、
新たに保障を準備する必要はありません。

これが、死亡保障を準備する際の考え方です。
試算については、たいていの保険会社でコンサルティングを受ければ無料でシミュレーションしてくれますし、
保険会社によっては、ホームページ上でシミュレーションできるようになっています。
これらを利用して、過不足のない死亡保障に加入しましょう。

相続に活用できる生命保険の契約

財産相続の際の争いを避ける時に、生命保険を利用する方法が考えられます。
一般的な人の場合は、財産といっても土地や建物といった不動産が主なものであって、預貯金などの分割可能な動産を多く所有している、というのはまれなものです。そうした場合には、とどのつまり不動産の売却などを行って相続分割をしなくてはならなくなります。この時に、この不動産に子供の1人が住んでいたりなどすると、遺産相続に当たってトラブルが発生することが考えられます。
相続財産の兄弟格差を是正するためには、格差を調整できるだけの現金があれば問題はないのですが、そうした土地や建物に匹敵するための現金を準備している人は多くはありません。遺産相続時に、それらの調整のための現金が不足をすると予想できた場合、生命保険を利用すると現実的に問題解決をするのに役立ちます。

「終身年金保険」を選択

こうした場合では、遺産相続がいつ始まるかわからないために、一生涯死亡保障が適用される「終身年金保険」を選択しておくのが最適といえます。支払うことになる金額は受け取る保険額よりもかなり少なくて済むはずですので、経済的にも有効になります。具体的な方法としては、遺言書を作成しておいて、それぞれの子供たちに与える遺産相続分を決定しておき、その分の金額のそれぞれの保険に加入しておくことによって、遺産相続争いは避けることができるでしょう。
財産が不動産が主であり、現金が僅かしかないようなケースについては、財産を一人に継承させ、家や土地を守ってほしいと考えることはよくあることです。こうした場合に有効となるのが遺言書です。誰か一人に財産を譲ると遺言することになるのですが、その際には、各相続人がこれだけは最低限相続することができるという部分のことであり、通常は本来受け取る遺産の半分の額です。これでも相当の金額になりますので、遺留分の額を生命保険でカバーする、という方法もあります。
それは、財産のうちで遺留分に相当する金額を、遺産を相続させたい人を受取人として生命保険に加入する方式です。この場合も、相続がいつ発生することになるかはわかりませんので、終身保険を選択するといいでしょう。相続が発生したら、保険受取人はこの保険金を「代償分割」として他の相続人に払うようにします。代償分割とは、遺産の現物を受け取る代わりに、その代償として他の相続人に自らの財産を支払うことで、生命保険金は受取人の財産ですので、他の相続人の遺留分を賄うことが可能となります。

生命保険の種類と選び方!

生命保険には多くの種類があるので、自分にあったものを見極める必要があります。まずはどのような種類があるのか知っておくことが大事です。そのために保険に対する知識をつけます。
資料請求したりインターネットで調べたり、ファイナンシャルプランナーに意見を聞いたりして、多くの種類や知識をとりいれます。そうすることで適切な判断ができるようになります。
生命保険の種類には、定期保険と終身保険と養老保険があります。大きく違うのは、保険の期間が決まっていることや、貯蓄性があるかどうかです。定期保険は期間が決まっており、満期を迎えても保険金をもらうことができない掛け捨ての保険です。貯蓄性がないので保険料は安いです。決められた期間内の保障を保険安い料で得たいという場合に有効です。

終身保険

終身保険は一生涯保障が続き、必ず保険金をうけとれるので、自分の葬儀代など最低限は残すことができます。途中で解約しても解約返戻金がもらえます。
養老保険は満期を迎えた時点で保険金がもらえ、生死に関わらず保険金をうけとれる貯蓄性の高い保険です。しかし、その分保険料が高いです。
貯蓄性があるということは保険料が高くなります。貯蓄は自分で別に設けるという人はあえて保険で貯蓄を考えないという選択もできます。
生命保険を選択する上で重要なのが、遺族の生活を保障することにあります。加入者に万が一のことがあれば、遺族の生活が苦しいものになります。一家の大黒柱で主な収入を得ている人に対しては、特に手厚い保障が必要になります。必要な保障額を見極めて適切な金額設定をします。
子供がいるかいないかによって、保障額は変わります。子供が成人するまでは親がしっかりと面倒を見る必要があります。逆に成人を迎えれば金銭的な負担は減るので、子供が成人するまでの期間を決めて選ぶと良いです。その場合は定期保険で期間を決め、満期を迎えた時点で保険の見直しをすると良いです。
自分では貯蓄をする自身が無い人は、貯蓄性のある保険を選択すると良いです。

損しない生命保険の加入方法

最近では多くの方が加入している生命保険ですが、実際には生命保険の仕組みが分からずに加入している方も多いと思います。
独身時代は自分のことだけを考えていればいいのですが、結婚して家族ができたらしっかりと考えて生命保険に加入するようにしたいと思います。
生命保険の加入で損しないようにするための一つのポイントは、定期保険の仕組みをしっかりと理解しておくことだと思います。
保険の更新で値段が上がってしまったとか、若い時に大きな生命保険に加入していたのに老後に確認してみると内容が変わっていたなどは、定期保険の仕組みを理解していないことから生じる問題です。

生命保険とは被保険者が死亡また高度障害の際に保険金が支払われる保険のことですが、主に終身保険と定期保険があります。
終身保険とは一生涯保障が変わらない生命保険で、毎月の保険料も上がりません。
中には60歳・65歳で支払いを終えてしまうものもあり、老後にもしっかりと保障を残したい方に適した生命保険です。
定期保険とは一定期間のみ保障する生命保険で、保険安い料で大きな保障の保険に加入できるというメリットがあります。
でも一定期間の保障なので、年齢と共に保険料が上がっていき、老後に保障が少なくなるか保険料が高くなるというデメリットがあります。

生命保険で損しないようにするために、定期保険の内容をしっかりと理解しておきましょう。
若い時に大きな数千万円の生命保険に加入していたつもりだったのに、老後に確認してみると何も残っていなかったという問題が起きることがあるからです。
定期保険の満期がいつなのか、満期の後は保険料がどのくらい上がるのか、老後の保障はどうなるかをしっかりと確認しておきましょう。
結婚して家族ができたらこの定期保険を正しく利用しましょう。
家族に大きな保障を残す必要がある若いときには大きな定期保険に加入し、老後は定期保険が少なくなるように計算することができます。

最近では終身保険と定期保険のそれぞれのメリットを組み合わせた生命保険に加入する方が増えています。
例えば老後のことも考えて500万円の終身保険に加入して一生涯の安定した保障を確保し、さらに5000万円ほどの定期特約にも加入して若い時の家族に保障を残すなどの方法です。
こうした組み合わせた生命保険ですと、若いときにも老後にも安心できる保障となります。
満足できる生命保険に加入していると思っていても、65歳以降の保障がどうなっているかを確認して、生命保険にありがちな損を最小限に抑えましょう。

生命保険の種類と違い

生命保険は各保険会社が様々な商品を販売しておりますが、基本的には生存区分と保障する内容を組合わせて作られています。

生存区分は、死亡保険・生存保険・生死混合保険の3つになります。

死亡保険は、死亡した場合や高度障害の状態になってしまった場合に保険金が支払われる商品になります。
生存保険は、保険契約の満期までに生存していた場合に保険金が支払われる商品になります。
生死混合保険は、上記2つの保険内容を組合わせた商品で、死亡や高度障害の状態になった場合には死亡保険金が支払われ、保険契約の満期までに生存していた場合には、生存保険金が支払われることになります。

保障内容の区分は、死亡保障・入院医療保障・老後貯蓄保障の3つ

次に保障内容の区分は、死亡保障・入院医療保障・老後貯蓄保障の3つになります。

死亡保障は、保険加入者が死亡した場合にのみ保険金が支払われるものであり、定期保険・終身保険・定期付終身保険・変額保険等があります。

定期保険は、一定の保険契約期間内に死亡した場合に限り、死亡保険金が支払われます。
終身保険は、保障期間が一生涯になるので、死亡した時に死亡保険金が支払われることになり、確実に遺族の方が保険金を受け取ることができます。
定期付終身保険は、終身保険に定期保険を特約として付加した商品であり、定期保険の保障期間の保障内容が手厚くなります。
最後に変額保険は、保険会社の運用実績に応じて保険金や解約返戻金が変動するものであり、ハイリスクを伴う商品となりますがハイリターンも期待できます。

入院・医療保障は、病気や怪我による入院や治療にかかる費用の負担を軽減する為のものになり、医療保険・がん保険等があります。

医療保険は、病気や怪我で入院したり所定の手術を受けた場合に、保険金の給付を受けることができる商品です。
がん保険は、がんによって入院したり所定の手術を受けた場合に、保険金の給付を受けることができる商品です。
病気や怪我の場合は医療保険で、がんの場合はがん保険となり、多くの商品では保障対象の病気にがんは含まれておりません。

最後に老後・貯蓄保障は、老後の生活を安定させる為や単純に貯蓄を増やすこと目的にしており、養老保険や学資保険等があります。

養老保険は、一定の保険期間内に死亡した場合には死亡保険金が支払われ、満期を迎えた場合には死亡保険金と同額の満期保険金が支払われる商品です。
学資保険は、子供にかかる教育資金を計画的に準備する為の商品であり、親に万が一のことがあった場合に備えているものでもあります。

以上のように保険は、基本的には生死区分と保障内容の組み合わせなので、どんな時に保険金を受け取りたいか、どういう内容を保障してもらいたいかを決めれば、希望の保険商品を選び易くなると思います。

養老保険のシステムとメリット

養老保険とは、「養老」と保険の名前につけられてもいるように、死亡を保障するというよりも、「老後の生活資金を確保しておく」ための目的に用いる保険です。生活資金として使う性格ですので、保険料はいずれ引き出さなくてはいけません。そのために、満期が設定されており、満期まで被保険者が無事に生きていることができれば満期保険金が下ります。一方で満期を迎える前に万一のことがあった場合には、死亡保険金が下ります。期間が限定されているということで定期保険と共通しているのですが、保険期間が満了した際にも保険金がもらえるという点で違いがあります。
養老保険の満期で受け取ることのできる保険金は、払いこんだ保険料にプラスアルファされる程度の額です。そのプラスアルファは利息と考えればいいでしょう。養老保険は保険金のほとんどを自ら払い込む保険料で形成しなくてはならないものであり、保険料の水準もそれに匹敵するものであるため、高めになります。期間が10年で600万円の保険金であれならば、毎年60万円近くを支払わなくてはならない計算になるわけです。養老保険を考える際には、銀行の定期預金をイメージするといいでしょう。定期預金の場合には、期間を満了する前に解約すると、一定の額がそのペナルティとして徴収されますが、ほぼ同額がリターンされることになります。養老保険の場合でも中途で解約すると、それまでに払い込んだ保険料がほぼ同額で解約返戻金として戻ってくることになります。保険会社の側から考えると、「被保険者が生きていても死んでいても保険金を支払う」ことになるわけですので、預かった保険料は大切に運用します。
保険会社の側から養老保険を見ると、必ず保険金を支払うことになる商品ですから儲けは薄くなります。契約者に払う利息の相当額と、運用による利益との差額分しかありません。しかし、保険金とほぼ同額の保険料を契約者が支払うことになることからリスクは小さくなります。
契約者にとっては、保険会社のリスクがそのままメリットとしてあてはまります。10年後に300万円貯めようとして、養老保険と貯蓄とで比べてみると、貯蓄の場合だと金利を無視すれば毎年30万円ずつ貯めていく必要がありますが、3年ほどで本人が死亡してしまうと90万円しか溜まりません。この点で、月払い25000円(年に換算すると30万円)の養老保険であれば、3年後に万一のことがあったとしても、300万円の保険金を手にすることが可能です。

養老保険は積立額も利息がついてくるし、死亡保障もついてダブルでお得!

養老保険は、大手保険会社が主に取り扱っていて、バブルの頃には加入している女性が多かった保険です。
満期があり、積立額に銀行より多い利息がつきます。
死亡保障もついていますから、ダブルでお得です。
普通は預金は預金、死亡保障は死亡保障、と分かれていますが、養老保険は、満期はありますけど、比較的割安の保険料で入れて女性からは人気がある商品です。
満期を待つ楽しみもありますし、意外と太いお金の蓄えが出来るのが魅力。
最近は掛け捨ての保険に入る人が多くなったため、影が薄い商品ですが、またプールする資金が増えて余裕が出てきたら、3つある保険のうちの1つは入りたい保険です。
貯蓄型保険と言われます。
保険加入の前の審査も、以前病気があっても養老保険は積み立てなので、加入出来る可能性が高いです。死亡保障額も、そんなに高い訳ではないので…
15年ものくらいから売っているところが多いと思います。
積み立てグセがつくので、いいのではないでしょうか?
掛け捨ては安いですけど、掛け捨てだからお金を捨ててるのと一緒なんですよ。
それは、死んだ時にはすごく出ますけど、誰も死んでほしい訳じゃないし、せっかく入るんだったら、大事に入った方がいい、といえばいいですよね。
死亡保険は特約がたくさん付いていて、それらの方が助かることが多くあるのではないか?と思います。
家族もファミリータイプとしてつけられるので、特約を付けたら家族みんなの保険が十分まかなえるくらい至れり尽くせりで、明治安田生命なんかすごくいいですよ。
今も進化している保険、LA(エルエー)なんかも、3年おきに自由に形の見直しが出来ますし、特約も減らしたり新しいものをつけたり、死亡保障の形もずっとそのまんまではなく、子供が大きくなってあんまりいらなくなったら外交員さんに見直しに来てもらって、見直し点検が出来ます。
だから、効率のいい形を自在に変化させながら、ずっと安く保険を持ち続ける事ができるので、安心は本当にいいのが手には入りますよ。
これがあったら大丈夫!くらい安心感があるし、実際の会社からのお客への支払い実績も大手はたくさんあるので、その保険がおりて助かった家族はメチャクチャ多いですよ。
掛け捨ては楽だけど、保険にはきちんとしたものに入っていたら、その中から契約者貸付(貸し付け)といって、自分の納めた保険料の中から、いざという時、お金が借りれるんですよ。そういうカードも作れますし、保険料からなので利息もそんなにつかないし、もしそれを返せなければ出す時に引かれるだけなので、大きい保険は保険なりに、きちんと恩恵がありますよ。

老後の生活資金を蓄えたい

養老保険は、地道に老後の生活資金を蓄えたい人に向いています
古くからある生命保険の中に、「養老保険」という変わった名前の保険があります。養老保険の最も大きな特徴は、満期日までの保障期間に支払われる死亡保険金と、満期日に支払われる満期保険金が同額ということです。

養老保険を簡単に言うと、銀行の定期預金のようなものに、死亡保障を「おまけ」で付けた保険と言えます。死亡保障がおまけという意味は、保険料が高い割には、死亡保険金が少ないからです。

養老保険は貯蓄性を重視した保険であるため、元本割れすることは全くありません。必ず、支払う保険料の総額より、受け取る満期金の方が多くなります。

ところが、保険会社は常に、入院保障や3大疾病保障などの「特約」を付けて販売しているため、元本割れも出ています。特約というのは保障が目的であり、貯蓄性はありません。従って、保険料は掛け捨てになります。その結果、特約の付いた養老保険の満期金は払込保険料よりも少ないことがあります。

仮に、養老保険単体で考えると、銀行の定期預金よりも利率は良くなっています。死亡保障が付いて利率が良いわけですから、利用者にとっては効果的な保険と言えます。

しかし、定期預金と比較して、デメリットもいくつかあります。まず、お金が必要になっても、預金と違って引き出せません。もし、途中で解約すると、利息どころか、支払った保険料も全額は返ってこない可能性があります。それと、経済情勢がデフレの時は良いのですが、インフレになると満期金の価値が目減りします。さらに、インフレになった場合は、定期預金の方が金利の高くなることもあり得ます。

養老保険は老後の生活資金を地道に蓄えたい、という人に向いています。

ちなみに、保険会社は養老保険を単体では売りたがりません。それは、現在のような低金利の世の中で、何年も何十年も先の満期金を約束するような商品を売るということはリスクが大き過ぎるからです。

また、保険料による運用が厳しい現状では、高い運用利益を望むことは難しくなっていることから、満期金の予定利率も低くなってきています。

AAABBB