自然災害に強い保険


保険のビュッフェ
自然災害が発生するかもしれない?

被害が拡大する自然災害に幅広い保障のある保険とは?

火災保険の二重加入

火災保険を二重にかけていた場合、焼け太りにならないように保険各社は、保険金の支払いを按分調整する。この按分調整は、保険業法に根拠がないとして、調整しない共済も出現しています。

火災保険の商品

火災・落雷・風ひょう雪災・爆発による損害 住宅火災保険

普通火災保険

外から物体の落下・衝突とか、給排水設備の事故による水濡れや騒擾、盗難や水災による損害なども補償対象になる保険 住宅総合保険

店舗総合保険

訪問型無料保険相談は「保険のビュッフェ」へ

地震と津波

地震保険は火災保険に別途追加する必要があります!

火災保険が対応する災害の被害

火災保険では、火災による被害だけではなく、ほかの様々な災害に対する補償に対応しています。
「火災」「落雷」「破裂・爆発」による損害は、すべての火災保険や火災共済で補償されることになっています。
火災については、ガスコンロへの引火やタバコの残り火などで火災が起きるなどして、建物や家財が受けた損害が補償されることになっています。しかしながら、天ぷら油の入った鍋を火にかけたままで外出したり、石油ストーブの火をつけたままで給油を行ったことで引火した火事など、「重大な過失」による事故は免責の理由となることがあります。近所の家が火事となり、自宅が延焼の被害を受けた場合には、原則として隣家に賠償の責任を問うことはできず、自分の保険で損害をカバーすることになっています。
落雷に関する損害も火災保険は補償してくれます。近年温暖化などの影響で落雷による事故も多発しており、落雷による過電流で家財が壊れることや、近隣に起こった落雷によって被害を受けた際にも適用されます。破裂・爆発とは、ガス漏れに気づかないでコンロに点火してしまい爆発が起きた場合などの被害に適用されます。
その他の災害による被害の補償については、火災保険の内容によって異なってきます。
「水災」が火災保険で補償されるのは、ゲリラ豪雨による床上浸水や溶けた雪による洪水の被害、台風や暴風雨、高潮による被害、集中豪雨などによる土砂崩れや地滑りなども対象になっています。
また、風災(台風や旋風、竜巻などで建物や家財が被害に遭った場合)やひょう災(ひょうによって窓ガラスが破損してしまう)、雪災(豪雪や雪崩で屋根が落ちたり雨どいが壊されたりする場合)なども補償されるものが多くなっています。
しかしながら、比較的昔に契約した火災保険では補償の範囲に入っていない災害もあり、またオプションとして申し込まないと補償されないことも保険の内容によってはありますので、契約内容をチェックするのが重要になります。

火災保険について!

火災保険には、いろいろと助かる契約内容があります。
特に、助かったのが、風災に関する事項です。
日本は、ご存じの通り、台風が多い国です。
毎年、大型台風が通過して冷や冷やさせられます。
屋根が飛ぶことは考えにくいですが、ガラス窓が割れたり、付属施設が壊れてしまったり結構被害があります。
こんなときに、風災に関して火災保険が役に立ちます。
台風などの自然の風災での損害が生じた時に、一定の保険金を支払いますと
契約書に掛かれてあります。
契約書は、きちんと目を通しておかれるほうがいいと思います。
いざ、何かあったときに非常に役たちますので。
私も、実は、この風災の被害に合いました。
昨年の大型台風で、持ち家の窓ガラスが割れ、はめ格子が損壊し、ベランダの屋根の一部が損壊しました。
まあ、結構古い家ではありましたが、この時は助かりました。
実際、修理してみて50万円近く取られました。
でも、全額保険金から支払うことができましたので良かったです。

火災保険を申し込む際の注意

火災保険は住まいが火災や落雷、水害などの被害を受けた場合に備えて加入するものです。家や家財が損害を受けた場合に公的な補償はないため、火災保険の果たす役割は非常に大きいものです。そのため、商品の中身をよく理解して加入するということが大切になります。
火災保険の内容としては、まず火災保険には基本補償として、必ず火災と落雷、破裂・爆発が含まれています。たとえば、雷が落ちてパソコンが壊れた場合でも家財の火災保険に加入していれば補償されますが、こうしたことを知らずに保険金を請求していない人は意外と多いのです。そのため、保険料を支払っている以上は請求する際に漏れがないよう、補償される内容を把握しておくことは必要です。
火災保険の基本的な仕組みとして、「建物と家財についてそれぞれ加入が必要である」ということがあります。マイホームを持っている人は建物と家財の家財保険への加入を検討し、賃貸住宅に住んでいる人は家財の火災保険に加入します。そして、商品や加入するプランによって補償される災害の範囲が異なるというのもポイントになります。例を挙げると高台に建つマンションであれば水害の補償は必要ないといえるでしょう。一方で日本海側の寒冷地に住んでいる人であれば雪災の補償があると安心できます。基本セットの補償が火災、落雷、破裂・爆発のみで、あとは必要な補償を選択して組み合わせることのできる、自由度の高い保険を選ぶといいでしょう。
火災保険に加入する際に重要となることは、実際の再調達価格と保険金額を契約した後でも一致させておくことです。火災保険は損害を補填するためのものであり、保険金額がそのままもらえるというものではありません。1000万円の契約を結んでいたとしても、損害が300万円であれば、もらえる保険金は300万円です。つまり、1000万円の再調達価格の家に2000万円の保険をかけても保険料が無駄になるだけです。逆に、保険金額が再調達価格よりも低い状態だと、必要な額をかけていないとみなされ、損害分の保険金を受け取れない可能性があります。
火災保険に加入した際に正しく契約したとしても、物価変動などによって建築費が変化すると、それに応じて再調達にかかる価格も変化することになります。火災保険は定期的な見直しが前提になっている保険なのです。物価の変動に対応するためには、だいたい5年に1回を目途として保険の内容を見直すようにするといいでしょう。

火災保険の特徴について

火災保険を申し込む際には、住宅の種類(通常暮らすものか、店舗などか)などによって違いがあります。
最もシンプルな火災保険は「住宅火災保険」です。これは火災による損害だけでなく、落雷・破裂及び爆発(ガス爆発など)・風・ひょう・雪災による損害も補償されることになります。このとき、風災の場合の被害は損害額が20万円以上の場合に限ることになります。
住宅火災保険よりも保障範囲を広げたものが、「住宅総合保険」です。これは住宅火災保険の補償内容に上乗せして、外来物の落下・衝突・水濡れ・騒擾・労働争議・盗難・水災などによって生じた損害なども補償されます。
火災が生じた際にかかる費用は、建物の建て替えや改修にかかるもののみだけではありません。残存物の片付けや仮住まいの手配、近隣への見舞金など、様々なコストがかかることになります。そこで、火災による損害保険金の30%程度を「臨時費用」として、保険金とは別に支払ってもらえることもあります。建物の一部が焼失し、その損害額が100万円と認定された場合には、30万円が「臨時費用保険金」として支払われることもあるのです。火災保険の原則は、「実際に生じた損害のみを補填する」という「実損填補」の考えですが、この臨時費用保険金によって、受け取る金額が実際の損額を上回るという場合もあります。一方で、保険会社や商品の設定で臨時費用保険金は異なってきますので、契約の際には注意が必要です。
近年では、それぞれの保険会社が独自の特徴をもった商品を開発するようになってきており、その結果として補償される範囲が拡大されるようになってきています。現在では幅広いニーズに対応することのできる「オールリスクタイプ」の商品が主流となりつつあっています。オールリスクタイプでは、従来の住宅総合保険ではカバーすることのできなかった細かいリスクに対応していたり、必要である補償と不必要である補償を選択できたりする、という利点があります。
具体的には、通常の火災保険では時価額や再調達価格が損害額を決定するための方法でしたが、オールリスクタイプでは実際にかかった改修費用など、本当の意味での実損額を補償するというタイプがあります。他にも、敷地内の付属屋外設備も補償の範囲に含むことができるということや、風災・ひょう害・雪災の場合だと従来の火災保険では20万円以上の損害でないと補償されなかったものがオールリスクタイプでは少額でも補償される、などということがあります。

火災保険のオプションと注意について

火災保険を申し込む際には、オプションを付加することによって、様々な事態に対応することが可能になります。
たとえば、「個人賠償責任補償」では、自分に責任がある事故などの損害賠償金を保障してくれるオプションです。たとえば、重大な過失による火災によって隣家から損害賠償を受けた場合、ガス爆発事故で隣家や階下の過程に損害を与えてしまった場合や、ホームパーティで出した料理で食中毒を出してしまった場合、ペットが子供に噛みついて怪我をさせてしまった場合、自転車で通行人に衝突し怪我をさせたりモノを壊してしまった場合など、多くの件に対応してくれます。ただし仕事上で損害賠償責任を負った場合や、名誉毀損、プライバシーの侵害などはここに含まれません。
個人賠償責任補償の保険料は大概の保険会社において安価であり、「発生頻度は低くても貯蓄では到底対応できないリスクに備える」というのが根本にある考えとなっています。同居する家族が起こした事故についても対象になっています。
また、災害に伴う様々な費用をカバーしてくれる「費用保険」というものもあります。これらは特約として付加できるもの、自動的に設定されているものなど、契約方法や内容は保険会社により異なります。たとえば「臨時費用」の保険金は損害保険金の一定の割合であり、損害が発生した場合に損害保険金とは別にその何割かの金額が支払われることになります。他にも、火災保険は本来は地震による損害は対象外としていますが、「地震火災費用」を設定していると、地震・噴火やこれらにより発生した津波が原因で発生した火災について、契約している保険金額の何%かが支払われるようになっています。
ただしこれらのオプションを付け過ぎると、保険料が過度に高くなるだけではなく、補償が多すぎることによって契約が複雑になり、保険会社が保険金を払い忘れたり、保険契約者が請求をし忘れたりということもありますので、よく検討して必要なものを選択するのがいいでしょう。

自然災害

昨今、記憶に新しい台風による集中豪雨ありました。また、9月のはじめには竜巻発生など、近年異常気象といわれる天候が続き、
それに伴い家屋も被害を受ける事故が相次いでいます。
自然災害が起こった際、自分の家はどうなるのか?
知らない方も多いのですが、火災保険は多くの場合「住宅総合補償保険」と言われ、このような自然災害による物損事故にも対応しています。

自然災害

火災保険とは、火災、落雷、破裂、爆発のいわゆる火に対するリスク補償に加え、風などによる損害に対する
風災、雪災、水や土砂災害に対する水害補償など、名称の火災だけではなく、他の自然災害にも備える事ができるのです。
今回、「台風」や「竜巻」の被害にあわれた方の中でも、「火災保険は火災の時だけだと思っていた」という方もいて
認知度が低いことで、請求漏れが出ているそうです。とてももったいないことですよね。
ただ、ここで注意が必要です。平成22年より前に入られている方の旧タイプの火災保険商品や、新タイプ保険でも
保険会社によっては、風災、雪災は「20万円以上の損害があった場合に補償」となっている商品があります。
この場合、大きな被害で20万以上の修理費用が必要となる際は補償されますが、少額事故の場合は保険適用ができません。
水災においても、「台風、暴風雨などによる洪水・高潮・土砂崩れなどの損害割合が30%以上の場合または床上浸水もしくは
地盤面より45cmを超える浸水を被った場合」と細かく規定されている事が多く、入っているから何でも補償されるわけではないのです。
家を購入された際、長期で火災保険に入ったままとなり補償内容をよくわかっていない方も少なくないと思います。
今一度、加入中の火災保険がどこまでの補償が備わっているか確認してみてください。