海外旅行保険


保険のビュッフェ
海外への渡航期間と目的別による保険契約により安心渡航を!旅行中の予測できない事故による補償を確保してください。少なくとも病気・けが・盗難の保険はなくてはならない現状です。

外国の医療や治安の実態を知れば、言葉の障害も含めて、海外旅行保険なくして渡航は考えられないのが事実です。

発生しやすい事故

治療・救援費用

治療・救援費用が海外旅行保険での支払実績の多い請求内容です。特に近年は、インフルエンザ関連の影響で、治療費や旅行変更費用が多数を占めています。病原菌の拡散を防止する為に、不測の事態に備えた保険の重要性が増加しています。

旅行事故緊急費用も保険請求率の1/6程度あり、生命の危機管理に不可欠の要素になっています。
保険の見直しはこちらから!

訪問型無料保険相談は「保険のビュッフェ」へ

海外旅行保険!保険会社

保険会社別による補償内容と保険料金を比較検討!

海外旅行のTPOに合ったが意外旅行

必要な補償を担保できる海外旅行保険の保険!

海外旅行保険の必要な時 慣れない環境での体調の変化

習慣の違いにより不測の事態発生

治安の悪化による盗難事故や傷害事故

日常生活で多発する賠償事故の発生

病気・けがの治療費

航空機等の遅れによる宿泊費や食事代の補助

海外で想定されるリスクの補償

その他、あらゆる想定される事態の補償

海外旅行保険の必要な旅行目的 観光ビザによる海外旅行

外国の学校など留学

海外でのボランティアー活動

ワーキングホリデー

海外への赴任・駐在

外国での長期滞在

観光などの長期滞在

金銭的保だけではない海外旅行保険加入のメリット

海外旅行保険は、海外での病気や怪我のみでなく、携帯品の盗難や破損、荷物の遅延について保証する保険です。
海外旅行保険はこうしたトラブルを金銭的に補償してくれるだけにとどまりません。その、サービスの中で、日本語によるヘルプラインは非常に心強い味方です。
日本人観光客が、旅先で困る事と言えば、やはり言葉の問題があげられるでしょう。何かトラブルがおこっても、現地の言葉さえ分かれば何とか対処出来ても、その国の言葉がわからなければ、対処の方法を探すのには大変困難を生じます。
まずどうしたら良いのかという、緊急時に対する対処法を、日本語でアドバイスをもらえるという点でおいても、海外旅行保険はとても重要な働きをします。

保険会社には日本語で対応するヘルプラインがあり、24時間対応してくれます。言葉がわからない時にとても助けになるシステムです。
また、病気になった場合、その国にどんな病院がどこにあり、外国人を診療する為にはどのような手続きが必要で、、等と考えている時間はありません。ただでさえ具合が悪い状況、一刻も早く適切な治療を受けるという意味においても、日本語で、対応可能な病院を紹介してくれるという事は重要です。
こうした点で、海外旅行保険の日本語サービスは、非常に旅行者にとって有益なサポートです。

何とも言えない安心感を感じた保険

皆さんは飛行機に搭乗する際、保険に加入なさいますでしょうか。昔から空港のロビーなどには、自動販売機タイプの保険商品が販売されています。

それは、これから自分が搭乗する飛行機に万一の事態が発生した時、保険金を受け取ることができるものです。
この保険は、もちろん完全な掛け捨てタイプです。

最近では商品の種類も幾つかあるようですが、数年前に私が購入したものは価格が一口千円で、加入者が死亡した際には最高で三千万円の保険金が遺族に支払われるという内容でした。
数ある乗り物の中でも飛行機事故の確率は低いですが、それでも保険にはなるべく加入すべきだと私は思います。

保険に加入して搭乗した飛行機は、確かに何とも言えない安心感のようなものを感じました。

海外旅行保険の上手な選び方

海外旅行をする際に必ず加入ておきたいのが海外旅行保険です。
クレッジットに付帯されてるから必要ないと思っている方、
保険料が高いからといって加入しない方も多いと思いますが、それはとても危険です。
クレッジットに付帯されていても補償額、補償内容をを理解していなければなりません。
実際、現地でクレジット付帯の保険が使えなかった事例なども聞いています。
保障補償内容がしっかりと把握できていれば保険会社にもよりますが、クレッジットに
付帯されている補償にプラスアルファで上乗せできる海外旅行保険などもかなり格安で加入できるものが
あります。

また旅行会社で申し込んだツアー旅行の際に旅行会社で勧められたとても高額のセットプラン(幅広い補償がついた保険)に
加入している年配の方がとても多いです。よくわからなかったから入ってしまい、当日保険に入りそびれた方の
付き添いで空港などの海外旅行保険カウンターで保険安いがあることに気づき後悔するパターンです。

空港などでもパンフレットが置いてありますが、載せている内容は全てではなく、
保険カウンターなどで相談すれば、もっと安いプランなども提案してくれます。

旅慣れた方はセットプランではなくアラカルト型(単品)で必要な保険を当日空港で加入したり、
事前にインターネットなどでで加入しています。

旅行日数にもよりますが、単品で1000円ぐらいから保険をかけることも出来ます。
また、保険会社によっては行き先で保険料が異なることもあるので上手く行き先によって
加入する保険会社を決めるのもお得です。
アラカルト型の利点は、現地での病気治療の補償は付けて病気で亡くなった場合の補償は付けないなど不必要な
ものは項目別に選ばないことができることです。現地ホテルのお風呂を水浸しにしてしまたり、お店の物を壊して
しまったりした時に補償される額は掛け金30円程度で一億などの補償が得られるものもあるので付けていてもよいと思います。

あまり知られていないのが、航空機帰宅手荷物の補償で旅行先が不安な場所に行かれる際は
つけてみるのも良いと思います。荷物が届かなかった際の身の回りの購入したものの補償などです。

このように自分に合った保険の選び方で無駄を省くことができると思います。

海外旅行に保険は必要不可欠!

みなさんは海外旅行に行く際に、旅行保険に入っていますか? 
そもそも海外旅行に、保険は必要なのでしょうか? 
例えば病気やけがをした場合、日本にいる時は救急車を無料で呼ぶことができて、健康保険を使って治療を受けることができます。
しかし海外では、そうは行きません。
海外の多くの地域で救急車は有料です。
治療費も一時的に全額自費で支払うことになります。
治療費は、帰国後に手続きをすれば、国内で治療を受けた時と同様に3割の自己負担分を引いた7割が健康保険から戻ってきますが、その金額は実際に支払った金額ではなく、国内で治療を受けた時にかかる費用が元になります。
従って、海外旅行中に病気やけがに見舞われた場合、国内にで治療を受けるときに比べて非常に高い金額がかかるのです。
海外旅行保険は、その隙間を埋めてくれます。

そして海外旅行保険で補償されるのは、自分の病気やけがだけではありません。
買い物中に、誤って商品を壊してしまったり、アクシデントで他人にけがをさせてしまった場合、留守宅に泥棒が入って家財が盗難にあった場合の補償もされます。

海外旅行保険に入るのは、とても簡単です。多くはインターネット上で簡単に申し込みができて、クレジットカードなどで支払いを済ませるだけになります。
また空港でもカウンターや、自動受付機で加入することができ、保険料も数千円からと高いものではありません。

海外旅行の費用に数千円を加えるだけで大きな安心が得られるのが、海外旅行保険です。

海外旅行保険、いる?いらない?

海外旅行に行こう。

そういった時、みなさんは海外旅行保険に入ってからいきますか?

クレジットカードに保険がついているので、 個別の海外旅行保険はかけないという方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?

しかし、海外での予期せぬトラブルには様々な注意が必要です。

たとえば、日本とは違い健康保険が対象にならないので、医療費が思った以上にかさむということがあります。

また、救急車に乗る場合も 高額のことがあるので注意が必要です。

緊急の場合日本から両親や家族などを呼び寄せる必要があることもあります。

そのような時、 慌てて飛行機を取っていくわけですから、当然渡航費は高額になります。

こういった、家族をよびよせる為の費用などは、通常の簡単な クレジットカードのおまけとして付いている保険では不十分なことが多いのです。

レジャーにたっぷりお金を使いたいから、保険は簡単なものでいいや…そんな考えで安易に海外旅行保険をケチってしまうと、 後々後悔することにもなりかねません。

また、各国の医療制度によってもお金のかかり方は変わってきますので、

すべてひとつの 「海外旅行」と区切るのではなく、

ご自身できちんと滞在国の様子を調べて検討する必要があります。

多くの旅行代理店デスクでは
医療情報に関する情報提供も積極的に行っていますので、一度聞いてみることをおすすめします。

ネットで海外旅行保険に加入

海外旅行へ行く前に、以前は空港などで高い保険料を
支払って、加入していました。
今考えると、驚くほど高い保険料を当時は払っていたのだと思います。
入らなくても私は大丈夫!と思う人は良いのですが、
特に子供連れで行く家族での海外旅行だと
いつどこでで子供がけがをしたり、病気になったり、
もしかすると物を壊したりするかわかりません。
備えあれば憂いなしで、我が家では必ず海外旅行保険に
加入してから、海外旅行へ出かけます。

保険の種類もいろいろあります。
会社によっても違いますし、保険料、補償内容もピン切りです。
我が家の場合は、家族でかけるということもあり、
ファミリー割引のある、ネットで事前に加入します。
補償内容も、掛け捨てなので、何もなければそれで良しと
思い、最低ラインで加入します。
出発する前に加入しておけば、海外でもしものことが
あった時の為の便利なパンフレットを送ってくれます。
もしもの事があった時の現地の日本語デスクの連絡先や
英語に弱い人も、現地のドクターにうまく説明できるように
詳しく書いてある説明書きなどもあってとても心強いです。

これまで、子供のけがや病気でお世話になったことは
幸いありませんが、携行品を破損してしまった際に
保険にお世話になりました。
とても大切にしていたネックレスが、旅行中に
破損してしまったのです。
とてもショックで、諦めていたのですが、念のためと思い、
保険会社に相談したら、修理代が保険から出ました。
元通りのネックレスが手元に戻ってきてすごくうれしかったです。

楽しく旅先で過ごして帰国する際、
空港で私がけがをしたこともありました。
出国審査の際に隣の人のかばんに足が引っ掛かり
足をねんざしたことがあります。
その時は、ばたばたとしていたし、あまり気にせず、飛行機に乗って帰国しました。
しかし、日本に帰国してから足が腫れてきたので病院へ行くとねんざと診断されました。
この時も、後から保険会社に申請し、保険がおりました。

旅行中は、いつどこで何が起こるかわかりません。
何事もなく楽しい旅行に行って元気に帰ってこれることが
一番ですが、もしもの時の保険があると、
なんとなく安心して旅行中も過ごせると思います。

日本を出発する前に、海外旅行保険

海外旅行にかかる飛行機代や宿泊代、食事にかかる費用は合計で、数万円から数十万円、場合によっては数百万円かかることがあると思いますが、それに比べて微々たる金額ですが、その安心感は非常に大きく、重要度の高いものが旅行保険だと思います。

海外旅行時に海外旅行保険に入るのは、海外が日本では当然得られた安全が得られないから等の理由によります。まず、病気や怪我等をした場合に、日本では健康保険という優れた制度に守られていて病院で手当てを受けたり、薬をもらったりする場合に本来かかった費用の数十パーセントを負担すれば済むことになっています。しかしこれが海外では、全額負担を要求される場合があります。また、日本では救急車を呼ぶ場合に費用は負担しませんが、海外では費用が発生する場合があります。海外旅行保険に加入していれば、これらの費用は保険でカバーできることがほとんどです。
色々と注意をしていても、日本と違う環境では予期しない病気や怪我をする可能性があると思います。このため保険に加入しておくのはとても重要だと思います。

また保険の種類によっては、盗難や事故によって持っている物が壊れてしまった場合に、一部または全部を保険によって補える場合があります。私も盗難にあったことはないですが、海外では詐欺にあったことや予想しない危険な目にあったことがあります。この時に海外旅行保険に入っていれば、入るだけで安心を感じますし、実際盗難にあった場合に保険が効くというのは、旅行を台無しにしなくて良いので、とても頼りになると思います。

それ以外には、飛行機が大幅に遅れて予定外の場所で宿泊が必要になったり食事をする必要があったりした場合に、その一部または全部を保険で補える場合もあるようです。

この、重要な海外旅行保険は、加入するのもとても簡単で、出発日当日でも加入できます。インターネットでも加入できるし、空港にも保険の窓口があってそこで説明を聞きながら加入することもできます。そしてその費用は補償内容や保証期間等によって違いますが、数千円からあります。

海外に行くときは、ただでさえ色々なことに気を配って準備をすることが多い時に、気がかりなことの一部をお手軽な海外旅行保険で安心に変えてしまうことができます。たくさんの保険会社が海外旅行保険をそろえていますし、海外旅行をする場合のたくさんの便利な情報を提供してくれるところもあります。出発する前に、決して忘れないように海外旅行保険に加入してください。

(C)日本を出発する前に、海外旅行保険