所得補償保険とは?

【収入保障保険】の見直しなら
被保険者(通常は稼ぎ手)がケガ病気で仕事ができなくなった時に、収入を補てんする保険です。
所得補償保険のシステム
所得補償保険に加入できるのは、仕事をしていて収入がある人

これは被保険者が病気やけがなどによって働けなくなった際に、保険金として一定の金額を月額で受け取ることができるという保険です。
病気やけがで働けなくなった際に頼りになる保険としては、多くの人が医療保険を思い浮かべるでしょう。
医療保険は入院した日数に応じて保険金が支払われることになります。
しかし、医療保険は一回の入院に対して60日までなど支払の限度日数が決められており、入院が長期に及ぶとすべてを補償するというのは困難です。
また、自宅療養が長引いた場合には医療保険の支払の対象外となります。
このリスクを軽減するのが所得補償保険の制度です。

この所得補償保険に加入できるのは、仕事をしていて収入がある人です。
年金や不動産所得、株の配当所得などがあり、働かなくとも収入を得ることができる人は対象外です。
所得補償保険に加入するメリットがとりわけ大きくなるのは、国民健康保険に加入している自営業や自由業の人です。
というのは、国民健康保険には休業中の収入がカバーされる傷病手当金の制度がないためです。

所得補償保険は保険期間が1年という短期のタイプが一般的になりますが、一部の保険会社のものでは65歳まで補償が続く長期タイプのものもあります。
死亡保障や個人賠償責任補償などの特約をつけることができるタイプもありますので、ニーズに応じて上乗せすることもできます。
医療保険に合わせて、長期療養の生活費の補填として所得補償保険をかけておくといざというときに備えておくことができるわけです。
ただし、メンタルヘルスの病については補償の対象から外されている場合が多いため、もらえると思っていた保険金がいざ必要となったときに支払われないことになっていた、ということがないように、加入する前に保険金の支払い条件をよく確かめておくようにしましょう。

入院や在宅療養に合わせて、リスクを軽減するために設けられている保険制度が所得補償保険です。
所得補償保険と収入保障保険について

ネーミング的にはなんとなく似ている気がする、この所得補償保険と収入保障保険ですが、性質が全く違っています。
病気やケガが必ず死に直結することは、ありません。しかし、入院や治療に専念しなくてはならない事もあります。
その期間を、いかに何も考えずに治療に専念できるか、これも非常に大事なことなんです。こんな時に必要とされるのが、医療保険と所得補償保険でしょう。
今回は、その中でも、所得補償保険について触れてみましょう。

所得補償保険:就業不能保険とも言われたりします。もともと、損害保険会社から販売されていました。そう考えると生命保険とは違うのかもしれません。
この保険は、基本的に病気やケガによって、仕事が出来ず収入が減る分を補てんするのが目的の保険です。
今までは、自営業の方が、損害保険会社で店舗の火災保険の加入した際、一緒に所得補償保険に加入することが多く見られました。
中にはしっかりと経営者として、従業員さんの分も加入されている方もいました。万が一、従業員の方が、仕事が出来ない状態になった時の収入を
経営者として確保してあげるためです。そういう使い方もある保険なのです。
今までは、基本的には、個人経営など自営業の方が多く契約されていたように思います。
個人経営だと、本人が働けないと、全く収入がなくなりますから。一番必要とされるのかもしれません。
しかし、実際住宅ローンや、教育費、いろんな費用が毎月かさみます。そんな家計の中で、一家の大黒柱である方が、入院などした場合に、よくある医療保険で
医療費はまかなえばいいんです。しかし、会社を休むことにより、まず、給料が減ってしまうことも十分考えられます。また、必ず減ってしまうのは、ボーナスでしょう。
やはり、勤務日数も評価に大きく響いてきます。そうなると、ボーナス払いが心配になってきます。確かに、ボーナス補てんの保険はないと思いますが、
月々の給料の補てんだけでも、かなり助かります。簡単な治療で済むものなら、気にせずにいられますが、治療が長引けば、付き添いをする人も必要になります。
そうなると、もう一人も、仕事を減らさなくてはなりません。ダブルで、減収ということもありえます。そういうときに助かるのが、所得補償保険というわけです。
月々10万円という契約なら、毎月10万円補てんという風に保険金が支払われます。本当に、助かります。もちろん、健康保険組合の組合員は、傷病手当金というものが
あります。これは、会社を休んで4日目から支給されるというものです。当然、収入の一部もしくは全額が減る場合が支給条件です。
また、支給金額は、その人の収入により異なります。
このような、社会保障制度も活用しつつ、個人で何が必要かを見極めねばいけません。また、無駄に保険をかける必要もありません。
ただ、日頃から、万が一のことを考えて計画しておくと、いざというときに動くこともできます。ご本人が元気で、色々考えられるうちに考えて置くことが重要なんだと思います。
じゃあ、もう一つの収入保障保険とは、どんなものなのでしょうか。
【収入保障保険】の見直しなら
収入保障保険:この保険は、基本的に生命保険会社が販売している商品になります。内容は、契約者本人が、死亡したり高度障害を負った時に、保険金が支払われる保険になります。
残された家族の生活費ということです。先ほどの所得補償保険は本人が働けない分の給料補てんでした。でもこれは、亡くなった後の月々の生活のための費用を
保険期間内は保険金として貰えるというものです。
最近では、この収入保障保険も進化した商品が登場しているようです。それは、所得補償保険と収入保障保険を併せ持った保険となっているようです。
本体部分は、収入保険なのですが、特約として、付帯している部分は、所得補償という風に、両方の機能を備え持っているのです。
そのように、各保険会社も重要な保険と認識したうえで、いろんな保険会社から、販売されているよようです。
急に、亡くなられたりすると、精神的な面でも大変ですが、金銭的な面も非常に大変なことが考えられます。
しかし、このような収入保障保険に契約されている方は、日頃から、家族の将来を考えて計画性を持ったプランを考えられていた方だと思います。
確かに、毎月の支払いもかさみますが、それ以上に、安心して日々過ごせる、余裕は手に入れることが出来るかもしれません。

所得補償保険の内容と必要性について

我々はもしこういうことになったら、こういうことが起こったらというリスクに備えて様々な対策を考えます。そのときに頼りになるのが「保険」です。
たとえば病気になったりしたときのことを考えて医療保険に加入しておく。自宅が火事で焼けてしまうリスクに備えて火災保険に加入しておく。自動車で万一事故を起こしたときのことを考えて自動車保険に入っておくなどです。
しかし、自分がもし働けなくなったらというリスクについて考える人はあまり多くありません。最も多いのが「うつ病」などの精神疾患なのです。過度のストレスからうつ病を発症し、仕事ができなくなってしまう人が毎年、全国でも相当数おられます。こうして職を失ってしまった人たちに救いの手をさしのべるのが、「所得補償保険」と呼ばれるものなのです。
医療保険は、病気になったときに支払う医療費をサポートしてくれますが、長期間働けなくなって収入が入らなくなったのマイナス分をサポートすることは意外と検討されていないことが多いのです。
特に自営業の方は、公的なサポートがなかなか得られにくいため、万一このような状況になってしまった場合、どうしようもありません。
ではこの所得補償保険を選ぶにあたってどのような点に注意すればよいのでしょうか。まず、この保険が必要になるのは、長期間働けなくなった場合に収入が入ってこなくなったリスクに対してかけますので、できるだけ補償期間が長い方がよいでしょう。1年や2年程度のことであれば、それまでの貯蓄や公的なサービス等を利用すれば何とかしのげますが、長期となると自分で何とか対応策を考えておかなければなりません。そういう意味では補償期間が短いよりも長い方がよいでしょう。
また、先述しましたように、病気やけがによって働けなくなるケースよりも、うつ病などによる精神疾患が原因で働けなくケースの方が実に多いのです。しかし所得補償保険には、精神疾患をカバーしていないものが現実には非常に多いのです。このあたりもご契約の際にはよくご相談、ご確認いただくとよろしいでしょう。
もし、精神疾患がカバーされていないことが心配であるようなな場合、収入保障保険の一部に、そうしたリスクをカバーしてくれるものがありますから、うまく組み合わせて対応して下さい。
保険に関するご相談は、よくテレビのCMでもやっていますが、無料保険相談にお尋ねいただくとよいでしょう。
ちなみに、所得補償保険はWeb上から契約できるタイプの保険商品ではありません。必ず対面でご相談の上ご判断いただくことになります。ご注意下さい。
このように、一般にはあまり知名度の高くない保険が実に重宝することがあるのです。

【収入保障保険】の見直しなら

収入保障保険とは?

一家の稼ぎ手が死亡または高度障害になったとき、収入がなくなった残された家族の生活補償の保険です。

収入のある人が仕事できなくなったとき必要な保険

一家の大黒柱が、病気になったとき途方にくれないようにしたい!大けがをしてしまった。仕事ができない、会社に出社できない状態が続きそう。生活どうなるの?って悩みに答えてくれる保険が所得補償保険です。その名の通りなくなった所得を補償してくれるので大助かりです。特に自営業者の場合、休業は命取りになりかねません。その日から資金繰りにも困らないように、所得補償が不可欠です。

病気・ケガで働けなくなった時!

仕事できないときの必要な補償を契約できる所得補償保険の保険料はいくら?自分の不慮の事態を補償してくれる保険は、正常な業務ができている時こそ必要です。