定期保険の満期について


保険のビュッフェ
定期保険では、その名の通り期限が設定されています。

しかし、半永久的に保健期間が継続すると思っている人がいるようです。

これは銀行の定期預金が満期になってからも自動的に更新されることから同じように受け止めている人が多いようです。

事実、保険においても自動更新はあるのですが、その際には毎月の保険料が上がっていくなど、定期預金とは違いがあります。
定期保険の満期を迎えると、保険の有効期限が切れることになりますが、保険は自動的に更新されるようになっています。

この時には、保険に加入するときのように医師の診査や健康診断の結果などを送ることは必要ありません。この際に注意しておくべきことは、支払う保険料が上がることです。

例えば10年定期保険の場合、30歳で加入すれば40歳のときに更新することになり、30歳時の保険料と40歳時の保険料とでは、年齢が上がる40歳時の方が死亡率が上がるので、保険料は高くなることになります。

そのため、保険の満期が訪れる時期というのは、保険の見直しを考える時期にもなるといえます。
定期保険に加入している場合、いつ頃満期が訪れるのかというのは保険証券に記載されていますので、確認しておくといいでしょう。
【定期保険】の見直しなら

定期保険の返戻金について

定期保険は、満期があって返戻金がない保険のことをいいます。この返戻金がない保険とは、払い込んだ保険料が満期を迎えても返済されることのない、掛け捨ての保険のことをいいます。支払った保険料が戻ってこないというのは損をしているような気にもなりますが、その分月々の保険料は低く設定されています。そこが定期保険のメリットです。
厳密に言うならば、定期保険であっても返戻金がゼロに必ずしもなるというわけではありません。満期の際には返戻金はゼロになるのですが、保険期間の途中で解約した際には、僅かではありますが解約返戻金が発生することがあります。しかしこの解約返戻金は一般的にいうと期待できるほど高額ではありません。定期保険に加入する際には、解約した時にどの程度返戻金が戻ってくるか保険証券に記載されていますので、そこで確認する必要が生じてきます。
一方で、最近の定期保険は「低解約保険」といって解約時の返戻金が本当にゼロであるものが多くなってきています。従来のように僅かでも返戻金が存在するのではなく、まったく戻ってこないのですが、その分保険料はさらに低くなっています。僅かな差であっても、月々の保険料を安く抑えるためには向いています。
【定期保険】の見直しなら

定期は解約 終身に切り替え

生命保険というと世界では日本人が一番加入している商品とも言われています。そして生命保険をかける期間が基本的に長期になるために住宅を購入することに次いで高額な買物であるということが言われて久しくなります。そのような商品をサラリーマンは会社に自由に出入りする生命保険のおばちゃんや自宅では押し付けをする生命保険の外交員の好き勝手に設定されている危険性があります。
自分自身は90年代の後半になったころまだ生命保険を自宅にいる母に任せており、生命保険の事を意識し出したころには、80−90年代にお宝保険と言われた利率の良い生命保険を満期を理由に「勝手に」切り替えられていたことを後々知ることとなりかなり憤慨したことが記憶に新しいのです。気がついたときに見た保険は生命保険の「定期」保険であり、37歳になると保険金額が倍額になるというとんでもない商品でした。2005年くらいにそのことに気がついて解約しました。そして知人が保険会社にいたのでカウンセリングしてもらい保険の再設計をしました。
基本的には定期保険だと年代を区切って値段が上がったり、定期の期間を過ぎてしまえば保証は全くなくなるとのことで終身の生命保険を契約しなおしました。外資系の保険会社で不安はありましたがソルベンシーマージン比率はいいとされる保険会社だったので任せることにしました。予定利率は確かに普通預金よりはるかにいいものに設定されていますが、残念ながら安心を買うだけで運用はほとんど期待できない商品になってしまいました。
【終身保険】の見直しなら