近年、子どもの貧困化なんて言われている時代です。
本当にこの現代社会にそんな貧困が日本にあるのかと、耳を疑ってしまう世の中です。
確かに、社会の中で二極化しているところが、あるのだと思います。
あわや、お受験が過熱しているところ、また、食事もままならぬ家庭と同じ日本なのかと考えさせられます。
アラウ ベビーシリーズ プレゼント!学資保険の相談なら「保険のビュッフェ」

さて、そんな時代であっても親が子どもを思いやる、将来を見据えて考えるということに違いはありません。
そこで、今回は学資保険に着目してみました。
この学資保険は、本来、子どもの教育資金をメインに考えての貯蓄型保険商品です。
学資保険には、大きく2つに分けた考えがあります。
一つは、貯蓄型としての機能。
もう一つは、保障型としての機能です。
ご家庭により、考えも異なります。
あくまでも、貯蓄として高い返戻率ににこだわる方、また、返戻率よりも保障内容にこだわる方様々です。
また、この学資保険は、子どもが小さいうちに契約することで受け取れるメリットが格段に大きくなります。
それに、保険会社によって、年齢は様々ですが年齢制限があります。
先ほども触れましたが、契約時期が早けれが早いほど、保険料も安くなるメリットがあります。
しかし、出産後すぐに契約するなど、忙しい産後に難しいではないでしょうか。
そこで、おすすめが、出産予定日140日前から加入できる出生前加入特則です。
今や、時代も変わって、出生前に申し込むことが出来るのです。
その他に、子どもの年齢だけでなく、契約者である親の年齢も関係してきます。
それに、子ども1人当たりの教育費が社会人になるまでに、1000万円とも2000万円とも言われている時代です。
そんな大きな金額が、子どもの人数分かかってくるのですから、
計画しておかなくてはいけません。
親としての義務なのかもしれません。悩むことは当然とも言えます。
また、悲しいことですが、親の死、つまり万が一のことを考えておかなくてはなりません。
それは、子どもは、一人では生きていけないということです。
世の中では、突然の死(24時間以内)という方が、亡くなる方の5分の1を占めると言われています。
そう考えると、前もって考える必要があるということです。
この学資保険の貯蓄型つまり、返戻率基準で考える商品の中で人気のある保険をいくつかご紹介します。

みらいのつばさ(フコク生命保険)
出産に育児に不安を抱いてる方に、その不安をすこしでも解消してもらおうと誕生したのが、フコク赤ちゃんクラブ。
実際には、0~6歳までのお子さんをお持ちの方が加入できます。
もちろん妊婦さんも大丈夫。
身体の不安、心の不安、成長の不安色々な悩みを抱えています。
そんな皆さんに、安心を提供できるように誕生したようです。
内容も子育て情報、楽しいイベント、アミューズメントパークへの割引など様々な特典があります。
もちろん、入会金や年会費など一切不要なんです。
同じ境遇の方と悩みを打ち明けたりするだけで、心が軽くなったりします。
この保険には2種類のタイプがあります。
0歳から満7歳までのお子さんが対象になります。
また、0歳といっても出産前の契約が可能です。
それも、出産予定日の140日前から手続きが出来るんです。
前もって焦らずプラン設計が立てれるのは嬉しいことです。
また、契約者が万が一死亡や高度障害状態になったことが認定されれば、以後の保険料は免除となります。
また、免除後も祝金や満期金もしっかり受け取れる安心保障になっています。
1つは、5年ごとの配当付きステップ型。
もう1つは、大学資金に重点を置いたジャンプ型です。

ステップ型:幼稚園、小学校入学に合わせ、5万円の祝金。
中学、高校も入学に合わせて、10万円の祝金。
あとは大学入学に合わせて、70万円。
成人式に10万円、最後の22歳満期として100万円が支給されます。
この、ステップ型の返戻率は、約108.4%となっています。
祝金が途中何度かある中では、かなり高い返戻率と言えるかもしれません。
ジャンプ型:非常にシンプルで分かりやすい内容です。
あくまでも、大学に照準を合わせてあります。
祝金は、当然ながら、大学入学に合わせて17歳の11月1日に
100万円と22歳満期として100万円というものです。
返戻率も素晴らしい約110.1%と言います。
私的には、この保険はシンプルで好みです。
わかりやすく、今後も設計が立てやすい気がするんです。
これは、個人の好みです。
小出しで喜びをその都度楽しむか、一気に大きな喜びを得るか、また、子どもの人数や年齢差にも関係してくるのかもしれません。
なかなか両方とも魅力的な内容になっているようです。
教育費がいくらかかるかご存じですか?
ニッセイ学資保険(日本生命保険)
この保険は、契約20万件突破という人気の保険なのです。(H25.4~28.3月実績)
電話での子育てサポートサービスに力を注いでるようで、保険契約するとただでサービスが受けられるというものです。
365日24時間体制で、いろんな相談が出来るというものです。
親が一人で悩みを抱え込み残念な事件につながるケースも少なくありません。
このようなサービスがもっと手軽に受けられるシステムが欲しいところです。
少し話がそれましたが、この保険の返戻率は約110.7%(107.1%)。どうですか、なかなか預貯金では考えられないパーセントです。
この保険にも、子ども祝金あり型と子ども祝金なし型があります。
祝金とは、満期までに何度か子どもの成長に合わせて、入学進級祝の様な形で支給されるお金のことです。
保険により祝金の給付年齢などは異なります。
この祝金あり型となし型では、祝金なし型の方が、返戻率は良いのです。
これは、多くの保険に見られることです。
途中でより多くの返戻金が発生するものより、満期まで返戻金があまり発生しない方が基本お得なことが多いんです。
それでは、祝金あり型、なし型でみてみましょう。

こども祝金あり型:この保険は、0~2歳までで、非常に加入できる期間が限定されています。その為、これこそ出産予定日の140日前から契約できる出生前加入特則を
使って加入するべき保険と言えるでしょう。返戻率107.1%です。
この保険は、細かく何度にも分けて、20万円×3、100万円×1、50万円×2という形で祝金を受け取ることが出来ます。
こども祝金なし型:この保険は、0~6歳までが加入できる年齢です。
大学入学に照準を合わせてあり、入学する年齢から100万円、50万円×4、計5回祝金が受け取れます。返戻率は110.7%です。
また、こども祝金あり型なし型関係なく、契約者が亡くなられた場合、保険料は免除となります。しかし、保障内容はそのまま継続されます。

ソニー生命保険 学資保険スクエア
ベビータウンというママと赤ちゃんを365日応援するサイトを開いています。ユニ・チャームやベルメゾンがサポートしています。
そのサイト内のママ広場には、いろんなママさんの体験談や悩み、子育てのヒントなど、生の声が沢山あります。使える情報が満載です。
また、子育て日記を書いて残しておくことも可能なんです。掲示板など楽しい子育てママの出会いの場でもあります。
他には、プレママタウンと言って、初めての妊婦生活を応援するサイトも用意されています。ポイントを貯めて買い物したり、妊婦ならではの心と体の悩みを解決してくれる
素敵な充実したサイトになっています。このようなサイトも利用可能です。
保険についても、かなり一人一人に合わせたプランを用意しているようです。保険はあくまでも教育資金でも大学に照準がおかれているようです。
無配当での契約で、大学を見据えて18歳から祝金が何度かにわけてあるようです。月々の支払プランだと返戻率は、109.1%です。
また、一時払では、113.7%という高さを誇る返戻率となっています。この保険も当然ながら、万が一の際には、保険料は免除となります。
そして、子どもに何かあって死亡した場合は、死亡給付金として支払われるようになっています。

少子化に伴い契約をとるのが難しくなっている学資保険分野、しかし、子ども一人へ注がれるエネルギーが大きくなっています。そのエネルギーを利用して、
また、出産前から加入できる特典を利用して、学資保険契約件数も伸ばそうとしているわけです。また、各保険会社は、どこも無料で子育て、妊婦などの
相談サイトをかなり充実させていることに、驚きました。本当に使いやすい、ためになるサイトを作ることで、会員数も伸び、保険契約に結びつけようと保険会社の
努力の賜物かもしれません。私たちもネットなどにより、日々進化する中で、情報量も多く、知識も増えていきますが、何が大事で何が不要な事かを見極める目を
育てなくてはいけません。保険についても、何が自分たちに合うのか、何を求めているのかしっかり考える必要がありそうですね。

学資保険

保険会社によっては「子ども保険」と呼んでいるところもあります。
教育費がいくらかかるかご存じですか?
学資保険には、
1. 返戻率が100%以上
2. 契約者が死亡したときに、その後の払い込みが免除される
という2つの特徴があります。

まず、1についてですが、返戻率というのは、満期になったときに戻ってくるお金が、払い込んだ金額に対して何パーセントかを示すものです。
返戻率が100%以上というのは、払い込んだお金に対して、必ず増えて戻ってくるということですね。
これが、学資保険の1つめの側面「貯金」としての機能です。
しかも、返戻率は110%前後のものが多いですから、銀行の貯金よりも利率はずっといいと言えます。

次に、2についてです。
例えば、18歳満期の学資保険をかけている場合で、子どもが5歳のときにお父さんが亡くなった場合。
その後13年間は掛け金を払わなくても、18歳の満期時には通常通り返戻金がもらえる、ということです。
これが、学資保険の2つめの側面「生命保険」としての機能です。

このように、学資保険は1つの商品で「貯金」と「生命保険」2つの機能をもつおトクな商品なのです。

そして、学資保険をさらにおトクにする方法があります。それは「一時払い」という方法です。
一時払いとは、いわゆる一括払いなのですが、保険料を月々払うのではなく、契約時に一括で払う支払い方法です。
一時払いにすることで、ただでさえ高い返戻率がさらに高くなります。私の場合、一時払いにすることで、返戻率が10%ほど上がりました。
子どもが産まれたときに、手元にまとまったお金があったり、親戚がお祝いをたくさんくれたときには、ぜひ学資保険の一時払いを検討してみてください。
ただし一時払いの場合、途中でお父さんが亡くなった場合でも保険金はすでに払っているため、保険としての機能はなくなりますが、それを考慮しても大変おトクな使い方だと思います。

学資保険についてご紹介

最近、CMでもよく目にする学資保険について♪!
学資保険は、「こどもの教育費に関する保険」というイメージを持っている方が多いと思いますが、生命保険に分類されます。

ただ、やはり保険の内容は
子どもの将来の教育資金の為に、定められた一定期間、保険料を支払うと
契約満期時に満期保険金を受け取ることができるという教育費に重点を置いた内容となっています。

上記の内容のみだと、貯蓄と変わりがありませんが、保険というだけあって、
契約期間中に親(契約者)に万が一のことがあった際
それ以降の保険料の支払いが免除され満期保険金が全額受け取ることができる保障がある学資保険がほとんどです。
それ以外にも、育英年金を受け取ることができたり、さらに加入者本人に万が一のことがあった際にも、死亡給付金や医療費を受け取ることができるものもあります。

外資の保険は満期保険金の額が、払い込み額より多く設定されているものが多いですが、上記で述べた、育英年金を受け取ることができたり、死亡給付金・医療費を受け取ることができたりと保障内容が充実しているものは返戻率が100%を下回るものもあるので、要注意です。
また、保険金の受取り方法も、満期まで受け取らないタイプや、幼稚園就学時・小学・中学・高校進学時等分けて受け取ることができるタイプがあり、
それに伴って返戻率も変わってきたりするので、
良く、各社のサービスを知り、比較検討することが大切です。

学資保険加入時はできるだけ特約を付けずにシンプルに

★学資保険加入時はできるだけ特約を付けずにシンプルに加入をするのが一番お得です。
子供が生まれる度に学資保険加入を検討して加入をしていますが、成長する過程に
お祝い金や一時金が支払われる保険などだと総支払保険金額があまりお得にできて
いないことが多いことに気づきます。
大学入学時に支払われる18歳のお誕生日にのみ一括で満期金が支払われるような
シンプルな特約の何もついていない学資保険が一番お得にできているということに
気付いたので、うちでは本当にシンプルな学資保険に加入を決めました。
しかもできることならば月々払いを選ぶよりも年払いや一時金で学資保険金を
支払うとより貯蓄保険のように学資保険をつかえてお得に学費を貯められるので
しっかりと考えてお得に加入しないといけないと思います。
普通預金でお金を毎月積み立てて学費を貯めるという方法も確かに良いとは思う
のですが、絶対に大学入学時にまで貯蓄を崩さないという覚悟があるのならば
シンプルな学資保険に加入をするとかなりお得に貯められると思うので加入する
べきだと考えます。
十数年前から学資保険に飛びぬけて有名だったソニー生命の学資保険だと
本当に総支払額を見るとお得にできているな〜と思うので、もしも加入を
検討しているのならばできるだけ子供が小さいうちに早くから加入をするの
がおすすめだと思います。早ければ早いほどお得にできていると思うのです。
しかし、郵便局での学資保険なども堅く充実していたりするのでチェックを
しても損はないと思います。入院や手術、通院時に支払われる格安な特約
などがあるからです。もちろん入らないことも可能です。
こども保険もちょこっと別に加入しようと思っている人だったりすると
郵便局の学資保険に加入をすると同時に入ったかのような補償内容で加入
できたりするのでお得かもしれませんね。
学資保険に加入をする場合貯蓄のみ重視で入るのか、こども保険的な要素も
取り入れるのかによってお得感が多少変わってくるので、加入をする時には
総支払額と満期金の比率を検討して加入をすることが大事なポイントだと
思うのです。

学資保険と積立貯蓄の違い

保険の加入を真剣に考える時は、どういう時でしょうか。

社会人になった、結婚した、子供が生まれた、家族や知り合いがけがや病気で入院し、保険に加入していて助かったという話を聞いたなどということも、保険の加入を考える理由になるかもしれません。

子供が生まれた時に、学資保険の加入を考える人も多いでしょう。一番お金がかかるのが、大学入学時でしょう。入学金と授業料の支払いがあるからです。その時に、合わせて満期を設定する人が多いようです。

教育資金を確保したいということで加入することもあるでしょうが、貯蓄ではいけないのでしょうか。貯蓄として、毎月積立していけば教育資金は用意できます。足りない分は、本人に奨学金を借りてもらうなりしてもいいでしょう。

貯蓄と学資保険では大きな違いがあります。貯蓄は世帯主に万が一のことがあった場合、その後の積立が出来る保障がありません。生活することが一番重要視されますから、貯蓄まで手が回らないということもあるでしょう。子供が望む教育を受けさせることが出来ないことは、親として辛いことです。教育とは、子供の人生にとってとても大切なものであることは、親がよく分かっているからです。

学資保険の場合は、保険料を払っていた契約者に万一のことがあった場合、子供の契約年齢によって期間は違いますが、その後の保険料は免除されます。その他にも、育英資金が満期まで給付されます。そこが貯蓄との大きな違いです。

学資保険には、保証重視型と貯蓄重視型があり、保証重視型には入院保障がついているので、貯蓄重視型よりも保険料が高くなります。学資保険も保険会社によって色んなプランがあるので、無料相談などを使い、比較してみるのもいいでしょう。

子供の教育資金は確保したいという親の願いを形に換えて子供に託すのが、学資保険と言えるかもしれません。保険は、損得では計れないものがあります。人生には、何が起こるか分からないという不安を、安心に換えてくれるのが保険と言えるでしょう。

学資保険保険会社各社で選べる!学資保険の特徴は貯蓄性です。大切なお子様の将来のために、学資保険は人気です。お子さんに十分な教育を望む人にとって不可欠の保険でしょう。教育費の高水準はこの先も加速するものと思われます。

お子さんの将来の教育費

たとえば15歳になれば満期保険が受け取れる。

親が死んだ時は、保険金免除となり、保険金は満額受領になる場合など、お子さんかかる教育費を担保できます。もっとも学資保険の保障が充実すれば、それだけ満期保険金受領額が当然減少しますので、学資保険をかける目的に合った商品を選定する必要があります。

お子さんの高等教育資金

早い段階から大学入学を目的とした教育資金の貯蓄性を考え多場合は、どうしてもかけたくなる保険ですね!以前は郵便局の一人勝ちでしたが、現在では目的に合わせた学資保険が多数商品化されています。

学資保険のメリット

学資保険のメリットは、お子さんの成長段階に合わせて、給付できる保険金を、あらかじめ契約時に決めて、予定の年齢に達したとき、予定通りの給付金を確実に受け取れるところにあります。

学資保険に入っておいて良かった

子供の学資保険に入っておいて良かったです
長女を妊娠中に、主人の知り合いの保険会社の担当者から学資保険をすすめられました。まだ生まれてもいないのに学資保険なんてと思いましたが、妊娠中に加入すると月々の保険料が安くなると聞き、どうせ生まれてから加入するなら妊娠中に入ろうってことになり生まれてもいないのに学資保険に加入したのです。でもこれが正解でしたね。私が加入したのはお祝金が支給されるタイプのものです。入学時に40万円とか80万円とか支給金がでるのです。もちろん満期の22歳のときにも80万円が出ます。金利の安い銀行よりも利率も高いですし、貯金のようなものです。医療保険もつけれますし、主人に万が一なにかあっても支払いがストップする制度もあるので安心です。忘れたころに支給の案内がくるのでうれしかったですね。入学時には本当にお金がかかります。中学、高校なんて本当に助かりましたね。あんなにお金がいるとは思ってもみませんでした。でも学資保険のおかげで買うことができました。長女はこの春、高校を卒業して就職しました。学資保険で自動車の免許もとり、新車の頭金も入れることができまし

た。本当に助かりましたね。学資保険は妊娠中に加入したほうが絶対にお得ですよ。

子ども生まれて学資保険どうする?

最近子どもが生まれました。
赤ちゃんにかかるお金といえば、出産と赤ちゃんの身の回りのもの、と思って貯金してました。
出産は行政の補助でほぼ無料だったし、育児用品も貯金で足りました。
が、まったく考えていなかった出費があります。
それは子どもの保険。
学資保険などの加入について全然考えておらず、先輩ママに聞いてびっくりでした。
まとまったお金を先に前納してしまえば、返戻金が多くなるとか。
しかし私達夫婦にそんな余裕なく、でも前納したいし、という気持ちで
できればお金借りたいくらい、と思いました。
結局今の年収では普通に返済するのもできるか微妙だし、会社の状況も良くないので
ないお金を借りるのはやめようかなと思い今回は借りませんでしたが
子どもってこれからもたくさん出費がかさみそうだし、我慢させたり不自由させるのは嫌なので
きっとこれからも借りたいと思うことはあるんだろうと思います。
学校に入るまでには色々と調整して、ある程度貯蓄しなくてはなと思っています。
大学に行かせるなら1人あたり1000万以上、借りずに貯蓄で頑張れるか、微妙ですね。
高卒で働けなんて、親の都合でいいたくないし、出来る限りの努力はしたいと思います。

親になるって大変ですね。

初めての学資保険の加入

★先月うちの長男が生後半年を迎えました。
以前から学資保険を考えていたのですが忙しさにかまけ半年までほったらかしにしてしまっていました。
このままではいかんと思い知り合いに勧められたソニー損保で学資保険に加入しようと思い、担当の営業さんに来てもらう約束をしました。
保険に入るときは向こうの店舗などにこちらから出向くものだと思っていたのでびっくりしました。
電話をかけると家まで来てくれることになりました。
私は北海道の田舎に住んでいるのですが、わざわざ札幌から来てくれるのです。

そんな保険関係の人に会うなんて初めてのことでしたので少し緊張していたのですが話しやすい方で説明もとても丁寧でした。
いきなり自社の保険商品の説明に入るのではなく、まずは学資保険とは何か?ということを教えてくれました。
現金での積立・投資運用・保険の3つからメリット・デメリットを教えてくれました。
学資保険のことを分かってるようで分からない部分も多かったのでいろいろ説明してくれて助かりました。

その後ソニー損保の学資保険自体の説明をして頂きました。
私は初めネットでの見積もり通りにしようと思っていたのですが、担当さんが本当に私が入りたい保険をバシッと提案してくれたのでその保険にしました。

私は当初18歳満期のⅡ型保険を考えていたのですが、最終的には18歳満期のⅠ型とⅡ型を予算の半分ずつの金額で入るというプランに落ち着きました。
2件分の保険に入るという考えはインターネットでの契約だと絶対に行きつけなかったと思います。
私は今まで保険はインターネットでの契約ばかりしていました。
やはり保険自体の理解も浅いままですし、今回営業の方に来て頂いて説明をしてもらったのは本当に良かったと思っています。
なにより自分で納得して入った保険なら息子が18歳になるまでがんばれると思います。
その営業の方の勧めで11月に今入っている生命保険見直しも夫婦でしようと思っています。

学資保険の考え方について

学資保険には、大きく分けて二つの考え方のものがあります。

その二つとは、

①死亡保障の機能を備えた支払い免除の機能のある商品

②支払い免除のない、ほとんど純粋な貯蓄型商品

です。

①ですが、小さなお子さんを持つ働き盛りのご家庭では、万が一、家計の担い手が死亡してしまった時には、

お子さんのための教育を諦めなければならないかもしれません。

そんなときに、支払い免除があれば、家計の担い手が亡くなった後は、保険料の支払いを行わなくても高校卒業の時期

等の年齢に関する条件が到来した時には、保険金が支払われます。

つまり、実質的には、少し変則的な保険金の支払いがなされる死亡保険です。

従って、就学資金に充当するからといって、必ずしも学資保険である必要はなく、

解約時の払戻金や死亡時の保障金額を、通常の終身タイプの死亡保険と比較してみて、加入するかどうかを決めるのもひとつのやり方になるでしょう。

②こちらは、支払い免除がないために、実質的にはほとんど貯蓄と同じ役割しか果たしません。

ただし、死亡保障の機能がない分、利率がよく、前納などを利用して、比較的リスクは低いが、国債や定期預金よりは運用しがいのある商品

あるいは、おじいちゃん、おばあちゃんから孫への教育資金といった形で、余裕資金の運用の一手段として利用されることが多いように

見受けられます。

この場合、インデックス型のETFなどと比較した上で、加入するかどうかを決めることとなるでしょう。

「学資保険」と銘打たれているため、子供の就学費用にはコレとイメージしやすく、またイメージしてしまいがちですが、

どのような保険商品を選ぶかは、他の金融資産をどのように持っているかや、家計の担い手の資本としての性格にもよりますので、

慎重に検討した上で、賢く利用したいものですね。

学資保険を有効に使うためには

学資保険は「貯蓄型」の保険であり、子供を被保険者にし、高校への進学時や大学進学時、大学卒業時などを満期として加入します。

契約者が死亡あるいは高度障害状態に陥ったとき、以後の保険料の払い込みは免除され、給付金が予定通りに支払われることになるのも特徴です。

この保障機能が備わっているため、親に万が一のことがあっても教育費を準備できるという点が保険ならではの制度といえます。

学資保険は貯蓄を目的として加入するものですから、貯蓄性を重視して選ぶといいでしょう。

高校、大学の進学時にはまとまったお金が必要となります。

この際に、払込保険料と受取総額を比較した際に、元本割れしてしまう商品もあり得るのです。

子ども自身のケガや病気の保障、子供の死亡保障などがついているものは、その分だけ保険料が割高になるので元本割れする可能性が高くなります。
学資保険の本来の目的は教育費を確保することですから、子供の死亡保障は要らないでしょうし、親の死亡保障も生命保険などで確保できていれば不要ですので、加入する際には自分で保険料の総額を計算し、受取総額と比較することが大切になります。

また、学資保険は「積立貯蓄をしたとして年利回りを計算すると長期間ではそれほど有利ではない」「貯蓄性の高い商品であっても途中で解約すると元本割れになる可能性が高い」ということが欠点として挙げられます。
そのため、学資保険だけを教育費の準備対策として考えるのは避けた方がいいでしょう。
また想定外のことが起こった際に、すぐにお金を引き出せるようにしておくことも大切です。
よって、子供の教育費として貯めておくお金のうち、学資保険に充てるのは多くとも半分程度にして、残りは預貯金にした方がいいでしょう。

学資保険

子供の学資保険を検討するにあたって、いろいろな保険会社サイトを見てみると、
子供が18歳や20歳満期に受け取るタイプや5年だけなど短期間に高金額を集中して払込み、
18歳や20歳に満期金額をもらえるタイプもあると知った。
子供が中学に入ると塾代など教育代がかかり、経済負担もかかるというから、
子供が中学に入るまでがお金の貯め時という人がいる。確かにそのような気がする。
5年集中タイプで金額は18歳や20歳に満額もらえ、
さらに亡くなったり怪我をした時の保証も
支払が終わった5年以降も満期時までつくそうだ。
また調べていくと、4月から保険会社の予定利率に影響を与える標準利率を12年ぶりに下げるとの記事を見て
今の所、保険各社保険料一斉値上げということもないようだが、
学資保険の利率も下がるのでは?
そもそも学資保険は18年、20年の長期期間積立だが、だいたいは契約時の利率での契約になるので
今の不景気・低金利時代ではよい利回り商品として人気を博しているが、
これからの20年不景気で今のまま低金利がずっと続くとは考えにくい。
金利がよくなった10年後に、今の低金利時代のよい利回りは果たしてお得な商品と言えるだろうか。
金利が予想以上によくなっていたとしたら、かえって定期預金の方が利回りがよいとなっているかもしれない。
長期的な学資保険も考えものだなと思い、我が家では短期集中にしてみようかと結論を出した。

学資保険について考える

子供が生まれ、学資保険を検討する事になりました。
学資保険というのは、貯蓄性のある保険で、長期間積立てると最終的に、自分が積立てた金額より多く返ってくるという保険でした。

大学入学前に満期をむかえて、だいたい110%ぐらいになり、返ってくるようで、月々の掛け金は5000円〜15000円ぐらいが多いようです。
どの学資保険にしようか悩んでいると、知り合いのファイナンシャルプランナーの人からアドバイスをもらい、こんな保険もあるよと教えてもらいました。

それは、あいおい生命の、積立利率変動型終身保険という終身保険なんですが、寝かせれば寝かせるほど返戻金が高くなるという保険です。
例えば、今から10年間月1万円ずつ積立てた場合、10年で120万になります。
10年支払いを終え受け取ったばあい、返戻金は支払額相当ですが、その後寝かすと、どんどん増えていきます。
例えば、娘が大学に行く頃まであと7年待つと、受取額はおよそ110%になり、もしもう少し待つと、最高113%まで増えます。

つまり大学入学前にお金が必要なくなった場合、もう少し寝かして老後まで積立てよう、という選択もできるのです。
しかも終身保険なので、死亡保証までつきます。

という事で我が家の学資保険は、これにすることになりました。
こんな感じで、学資保険のみで探さずに、積立て保険という考え方で探すと、より幅が広がり、お得な保険も見つかるかもしれません。

子どもの教育費の準備に学資保険を利用

子ども一人にかかる教育費は1,000万円以上かかり、この教育費によって家計が圧迫される家庭が多いです。
特に大学進学には学費だけでも年に100万円弱かかるので、しっかりと貯えておく必要があります。

学費を貯蓄するという目的で検討したいのが、学資保険です。
契約時に保険金を受け取る年齢を決めておき、教育費がかかる時期に保険金を受け取り、教育費の負担を減らすことができます。
主に大学進学時に保険を受け取れるように設定しているものが多いです。

教育費を貯めるという目的で加入する場合には、支払った額に対して戻る利率が良いところを選ぶようにします。
今は低金利の時代なので定期預金で預金するよりも、学資保険を利用した方が、結果としてお金を増やすことになります。

しかし医療保障などが付加されている商品は、支払った額よりも受け取った額の方が少なくなるという元本割れを起こしてしまうので、
その点については理解しておく必要があります。
元本割れをすることを理解した上で、病気になった時のことを考えてそういった商品を利用することもできます。

学資保険に加入するメリットとしては資金を増やせるといったことが大きいですが、その他にも契約者が死亡したり所定の病気になった
時には、その後の保険料の払い込みが免除されて、契約時の金額を受け取れるという点にもあります。
子どもの父親名義で契約しておくと、父親に不足の事態が起こった時でも、子どもに教育費を準備できるという安心感があります。

保険料は加入時の子どもの年齢によっても違い、0歳で加入する程安く抑えられます。
教育費が必要となるのはまだまだ先のことと思いがちですが、高額なお金なので子どもが生まれた頃からしっかりと準備をしていく
必要があります。

子供が生まれたら学資保険の検討を

結婚して子供が生まれたら、学資保険に入れる資格が生まれます。
学資保険は子供が生まれてから15歳くらいまでの間に入ることができますが、加入年齢が低いほど保険料は安くなります。
この保険の目的は、将来の学費を小さいうちから積み立て備えることを目的としています。
これは保険というより積立です。最近の私立大学では年間授業料は100万円以上するところが非常に多くなっています。
保険というわけですから、保障部分としては、満期保険金以外に、満期期間までに保険契約者が死んだ場合は保険料の支払いが免除になったり、あるいは保険契約者が死んだ場合は、対象の子供が18歳になるまので間、毎年育英年金がもらえたり、この他には、病気やケガで入院した場合は、入院給付金や障害給付金が支払われるなど、満期保険金をベースに様々な保険を組み合わせることが出来るようになっています。
やはり、子供が18歳になるまでの期間は非常に長く、何が起きても子供の学費を生前から準備し、病気やけがにも対応した保障があることで、ちょっとした安心感が生まれます。最近では、保障内容の充実した学資保険の商品がありますので、家庭の実情にあった保険に入るのがベストだと思います。

学資保険で教育資金を貯めておこう

学資保険とは、こども保険などと言われ、生命保険に分類される保険です。
子供が将来、進学などの為にかかる費用を見越して、教育資金として始める保険です。
決められた保険料を支払い、満期時に満期保険金をしてまとまった金額を受け取れるのが特徴です。

学資保険は、万が一親が死亡したり、重度の障害を負った場合には、それ以後の保険料の支払いが免除になります。
もちろん、満期保険金は受け取れるので、入っておいて損はない保険と言えるでしょう。
毎月貯蓄出来るのであれば良いですが、家計の変化などで貯蓄に手が回らなくなる時もあるでしょう。
学資保険に入っておけば、強制的な積立となるので安心ですし、親に万が一の事があれば免除になる面が魅力です。

子供が生まれたら、まず加入すると月々の支払額が少なくて済みます。
0歳から加入できますので、妊娠と共に学資保険の資料を集めて検討しておくと良いでしょう。

学資保険には、生命保険と同様に、医療費、死亡保険金などの保障が充実したタイプがあります。
しかし、その場合は満期保険金が元本割れする場合もあるので、確認してから加入しましょう。

子供の将来の為に、教育資金を貯めるのは重要ですが、貯蓄でも間違いはありません。
学資保険に入るのは、親に何かあった時の為の目的で加入するべきでしょう。

子供の学資保険加入の考え方・検討方法!

将来の大学費用の足しになるようにと今まさに我が家では学資保険加入を検討中でもあります。

しかし、よく考えて保険内容について把握してから加入をしないと、最近新聞でも掲載されていた学資保険で元本割れが起こってしまい裁判になってしまったというようなトラブルにもなりかねません。

よく考えて保険についての本で調べてみたのですが、やはり学資保険に入るのならソニー生命などの利回りの良い元本割れのしない学資保険を選び、なおかつ年払いにするとお得に貯蓄感覚で利用できるなと感じました。

世帯主が亡くなってしまった時にでも大学費用が確保でき、利回りも普通彫金で銀行に預けているよりも良い、そして何よりも大学に入る年齢に合わせて学資金が受け取れるというのは魅了的な保険内容だと思います。

調べてみると中学校入学、高校入学と途中で一時祝い金がおりてくるとう学資保険も存在したりするのですが、それだと結局のところ保険自体の総支払額を考えた時には多少戻りが悪くなってしまいます。

大学費用準備と考えて学資保険に入るのであれば、大学入学の年に満期で保険金を受け取る方がはるかに戻りが良いしお得なので加入をするのならば一切特約などはつけない方が得策のようです。

生命保険の終身保険を途中で解約をして学資金を準備する、または学資保険に加入をするなどなど学資を準備するためにはいろいろな方法があると思いますが、リスクを考えたりすると確実に貯めたいと誰もが思うと思うので、やはり特約には加入しないシンプルな信頼できる保険会社の学資保険に加入するのがベストだと思うのです。

計算をしてみると、生まれてからすぐに入った方がよりお得な戻りになると思うので、早目に加入するのが望ましいようです。

加入する以上はきちんとお得に貯蓄感覚で利用したいと思うので、しっかりと電卓で総支払額と満期時受け取り金額を計算してファイナンシャルプランナーの保険外交員に相談をしてから加入しようと決めるのが最善策といえるでしょう。

子どもの学費や養育費の積立

学資保険もまた、たくさんの保険会社で取り扱われている商品ですね。

学資保険の主な内容はその名の通り、「子どもの学費や養育費の積立」です。

月々定額の保険料を納め、さまざまなタイミング、例えば高校入学時や大学入学時などで積み立て分を払い戻すようなイメージです。

そこで各社で差を付けて販売している部分を大まかに説明しますと、メインは「元本割れ」と「補償」です。

だいたい18歳満期で払い終えることが多いと思いますが、月に1万円、生まれた月から払いこんでいたとすると18歳の誕生日までに1万×12ヶ月×18年で216万円払い込みますが、実際に受け取れる総額が216万より多い商品と少ない商品があります。なぜ少なくなる商品があるかというと「補償」が充実しているからです。よくあるのは子どもの死亡保障が含まれている場合です。しかし、親として万が一でも子どもが自分より早く亡くなる事、また子どもがなくなって自分の手元に保険金が入る事を考える人はなかなか少ないと思います。ここは個人の考え方ですが、もし子供がなくなってもお金はいりません。ただ中に「はせめてお金が入ることで気がまぎれれば」という人もいるはずです。ご自身はどう思うか、それによって学資保険の選び方は大きく変わってきます。

こども保険

長男は高校で野球部に所属していますので子供保険に加入しています。

学校でのケガ、紛失など学校行事での保険がおりるのです。

先日も熱中症と捻挫で治療したお金が保険金でおりました。

ギブス代金が結構かかったので入金になった時はうれしかったですね。

手続きは診断書と領収書を用意し申請書に記入するだけです。

保険会社から封筒が送られてきますのでその通りにかけばいいのです。

封筒もそのまま提出しました。熱中症でもでるなんて知らなかったので聞いておいて良かったです。

とても丁寧な対応で入金もすぐにありました。

安い掛け金で子供保険はかけれますので良かったですね。

いろいろな保険もありますが私は高校の指定の保険に加入しました。

割安でしたし迅速な手続きがいいですね。

学校の保険は本当におすすめです。

民間の保険もありますが高いです。

しかも面倒な時もありましたね。

学生の時は学校の保険、就職したら民間の保険がいいと思います。

かけ損にはなりません。

子ども向けの保険のシステムについて

子どもにかかる学費というのは大きな出費になります。子どもを名義人とした預金口座を作り、そこに貯めていくというのも有力な方法ではありますが、贈与税の問題がそこに絡んできます。そうかといって、未成年者で向収入である子ども自身が保険に入るわけにもいきません。そこで、子どものために親が入る保険があります。
資金を準備するためにある保険としては、「学資保険」と「こども保険」があります。
学資保険とは、その名前のとおり、学資を準備するための保険です。子どもの年齢が15歳・18歳・22歳といった「学資支給時期」になった際に、「満期金」や「お祝い金」を受け取ることができます。このように学資資金は本来、貯蓄のみを目的としたものをいうのです。
一方でこども保険は、「子どもを対象とした保険の総称」です。学資資金のような教育資金の積み立ての要素もありますが、子どもの怪我や病気を保障する子ども向け医療保険や、親に万一のことがあった場合に適用される死亡保障も付与されています。つまり、こども保険には範囲が広いことと、保障に重点がおかれているという特徴があるわけです。
学資保険及びこども保険の基本的な仕組みは、「保険料という形でお金を積み立てて、子どもの学費が必要となるタイミングで保険金が支払われる」というものです。個人年金は一定額が毎年、ということになりますが、学資保険・こども保険は中学・高校・大学といった就学時期に保険金が出ることになります。具体的にいつ保険金が支払われるのか、ということは保険会社や商品によって差異が出ます。高校に入学する際と大学に入学する際の2回、ということもあれば、6歳、12歳、15歳、18歳の4回、というものもあり、それぞれ見比べて選択するといいでしょう。
これらの保険では、契約者である親に万一のことがあった場合、その後の保険料は免責されるということが多いようです。また、親が死亡してしまった子供に対しては、「育英年金」という形で、一定年齢までの学費を支援する年金が支給されるというタイプもあります。これは主契約に組み込まれている場合もあれば、特約になっているタイプもあります。この育英年金がついているともしもの際に安心ではありますが、親がすでに通常の生命保険に入っている場合であれば、保障が重複してしまう、ということにもなりかねませんので、契約する際には無駄な保険料を生じさせないように注意する、ということが大切になります。

低解約返戻型終身保険と学資保険は必要なのか?

家計が苦しくても子供の教育費は削れません。 子供の教育費はオール公立でも1000万円と言われますが、上を見たらきりがありません中には3000万なんてかかる人も。 最近は男女ともに大学まで行くのが主流となりましたが、私立大学に入学するとトータル700万円かかるといわれています。 入学時にはその半分の350万程準備できているのが理想ですが、突然そんな大金は出てきませんよね。 そんな時のために学資保険でお金を積み立てるのは、とても良いことだと思います。 しかしそれは学資保険でなければダメなのでしょうか?

たまごクラブや育児雑誌などで度々紹介されている学資保険

主な特徴は、大学入学時に各自設定した保険金額が支払われる事、契約者が死亡したときに支払いが免除となる事です。 ぱっと見た感じ「子供の為の保険」と感じとりあえず加入する方が多いでしょう。 しかしこの学資保険、保険会社によっては運用比率も悪く、中には元本割れするものもあるのです。 そんな中、「学校に進学するための資金」としての保険なら、低解約返戻型終身保険がお勧めです。

低解約返戻型終身保険

これは、早期に解約すると解約返戻金がごくわずかになってしまうが、10年以上契約期間から急に解約返戻金が上がっていくものです。 子供が生まれてから大学入学までは18年もの期間があるので、返戻率が高くなり、ただ預金口座に入れておくよりも断然お得です。 また、終身保険なので、契約者に万が一の時には保険金として保険金額が支払われます。 何より、大学進学時に使わない選択もできるので選択の幅が広がります。 その時に解約せずに寝かせておくと、どんどん返戻金が高くなりますので、子供の結婚時や住宅購入時のお祝い金に姿を変えることも可能になりますね。

保険のビュッフェ