女性の年齢ライフスタイルに合った女性保険


保険のビュッフェ
女性の年齢が保険加入のポイントです。出産妊娠経験のない独身女性に向いた保険は?終身が得か?保険にうとい若い女性にもわかりやすく解説。本当にこれから必要な保険って?中高年の閉経後の女性の病気の危機は?

女性保険、いつが入り時?

女性のみなさん、保険には加入していますか?まだ独り身だし、とか、ご結婚なさっていても主人には稼ぎがあるので私がどうかなっても
きっと主人は困らないわ…なんて勝手に判断して加入していないという方が多いように思います。しかし、女性にも保険は必要です。
急なけがや病気は思わぬ出費になりますし、また家事ができない、育児ができないという期間があるだけでもたとえばヘルパーさんを
頼んだり、外食に頼ったりと出費はかさみます。未婚の方であっても、予期せぬ出費に対する対策は十分行いたいものです。

では女性はいつ、どんな保険に入るべきなのでしょうか。基本的には女性の専用保険をおすすめします。なぜなら、女性特有の
病気に対するカバーが万全なお得な商品が多いからです。子宮がんなど、女性にしかない部位の不調や妊娠・出産時のトラブルなど
20代のうちから備えておくべきことがいっぱいです。

実は、妊娠してからこういった保険に加入するとなると、加入自体を断られる場合や、今回の妊娠によるトラブルは付保の対象外と
されるケースがほとんどです。ですから、将来的に妊娠・出産を考えている女性は、その前に保険の検討を十分しておくことを
おすすめします。普通分娩の入院費などは通常対象外ですが、帝王切開の手術代などは出る保険もありますので、ぜひ見てみてくださいね。
女性の医療費、いくらかかるかご存じですか?

必要な保険の見直し

本当に必要な保険の見直し

本当に必要な保険だけを検討するべき!いま変更すると不利な保険とは?今解約すべきなの?自分に見合った保険がわからない?夫の決めた保険プランに女性特有の疾病をカバーできる保険プランが入っていない不思議?

将来のためか?今の現実か?

女性に必要なのは、妊娠から出産から育児子育てに必要な保障が一番大切。子どもが育って初めて安堵が生まれます。現在の保障と未来の安心とのバランスを検討してください。いま必要な保障を契約に見合った保険の保険料!将来にも役立つ保険プランとは?

女性保険について特徴と選び方

皆さんは「女性保険」という言葉を聞いたことがありますか?女性だけの保険?それは一体どのようなものなのでしょうか。
女性には、男性にない特有の疾病があります。たとえば子宮がん、子宮頸がん、子宮筋腫、乳がん、さらには、妊娠、出産に関連する様々な病気があります。こうした女性特有の病気になったとき、通常の(男性の場合でも同じように発生する)病気と比べて、より手厚く保障してくれるのが「女性保険」なのです。もちろん、普通の疾病も保障してくれますのでご安心下さい。ただしその場合の保障は通常通りということになるのです。
あと掛け捨てタイプもありますが、積立型の場合、満期になれば満期保険金が受け取れます。さらに、ある年齢に達すると給付金ももらえますので女性にとっては嬉しい限りです。
一点、注意しなければならないことがあります。それは「女性特有の疾病」という分類に属するものは、保険会社によって異なるということです。これについては、各保険会社の営業担当者などに確認をとられることをぜひおすすめします。
一口に女性保険といっても実際には様々な商品が出回っています。それぞれに特徴があり、一長一短といえます。そんな数ある女性保険の中で、自分に合った保険を探すのはそれほど簡単なことではありません。パンフレットを1つ1つ見ながら探していくのは相当骨の折れる作業です。こんなときあなたのよき相談相手になってくれるのが、ファイナンシャルプランナーです。あなたの資産状況、収入、支出、家族構成、ローンなど様々な条件を加味して、あなたに最もふさわしいプランを考えてくれるはずです。
ただし、その場合、気をつけなければならないのは、特定の保険会社に所属するファイナンシャルプランナーではなく、事務所を独立させ、どこの保険会社にも所属していない独立系のファイナンシャルプランナーにご相談されることを強くおすすめめします。企業に所属しているファイナンシャルプランナーではしょせん、自分の会社の保険しかすすめませんが、独立系のファイナンシャルプランナーですと、幅広い選択肢の中から、中立的にあなたに本当に合った組み合わせを考えてくれることでしょう。
女性保険を選ぶ際のポイントはいくつかあります。保険に加入する時点であなたが結婚されているかどうか。またそのときのあなたの健康状態がどうであるか。それと給付金の額の大きさも商品を選ぶ際に注意してみておかなければならない点です。
こうした点を考慮されてよりあなたに合った保険を選んでみて下さい。
【医療保険】の選び方「保険のビュッフェ」が伝授

手術することが決まり保険をかけていて安心しました

健康だけが自慢の私でしたが、今度子宮筋腫のため摘出手術することが決まりました。

手術費や入院費は加入していた保険が出るそうですので、安心して入院できますね。

私が保険に入ったのは結構年をとったあとでしたので保険料が高かったです。

もっと若いころから入っておけばよかったとずっと後悔していました。

それでも今回手術に間に合いギリギリセーフでしたね。

ちょうど婦人系の病気限定の保険に入っていたので手厚い保障内容で満足しています。

保障内容をアップさせていたので本当に良かったですね。

これから他の保険も見直そうと考えています。

主人の保険とかまだまだ保障内容が少ないような気がします。

毎月の保険料をみながら担当者の方と相談してみます。

本当に保険をかけていて安心しました。

女性の医療費、いくらかかるかご存じですか?

妊娠を考えたら保険をかけてなお安心

出産を考えた女性なら「こんなに出産てお金がかかるの?」って思った人も多いと思います。

実際、私もお金がこんなにかかるとは知らなかったんですよ。
検診代もだし、病院が遠ければ通う度にバスや電車代も。
もちろん生まれてくる新生児の準備もです。

そんな中、以外に知られていないのが、女性保険ではないでしょうか?
私は、赤ちゃんが下がってきてしまい早期破水。入院もしたし、帝王切開手術でした。
自然分娩より入院も長いし、手術代金もかかるんですよ。もちろん高額医療保障でお金は少しは戻ってはきます。けど、それだけだと足らないような気もします。

そんな時にかけておいて安心なのが保険です。保険をかけておけば、保険会社からも補助がでます。各保険会社によって金額や保証の違いはあるとは思いますが、話だけでも聞いておくのが得策だと思います。
高齢出産が増加する中、帝王切開や入院する女性が増加しているとも聞きますしね。

これからの将来を考えた時に保険はかけておけば安心なのかもしれませんね。