医療保険加入のヒント


【がん保険】の見直しなら

【医療保険】の選び方「保険のビュッフェ」が伝授
この十年程の間に躍進的に成長したのは、医療保険ではないでしょうか。まさしく現代の保険業界において主力商品と言えるでしょう。
しかしながら、すでに契約件数が多く、新たな契約は頭打ち状態になっているのも現実と言えます。
この保険により、外資系保険会社が日本国内で大きく成長したことは、今まで鎖国状態だった日本の保険業界には大きな打撃だったことは否めません。。
また、国内の保険会社も今後は、日本国内ではなく海外での販売を本格的にすすめているようです。まだ、国によっては生命保険などが普及していない国も多くあります。
そんな外国で、日本のきめ細やかなサービス、心遣いで人々の心をつかむという戦略なのかもしれません。
しかし、ここでは、国内の医療事情をみてみましょう。まず、医療保険を知る前に、日本の医療の実態を知らなければいけません。
我が国の病院は、8565軒 病床、1578254床 診療所、100152軒 病床、125599床
歯科診療所は、 68474軒 薬局、55797軒 (H24.10.1時点、薬局のみH26.3月末時点)
医師、303268人 歯科医師、102551人 看護婦、1067760人 薬剤師、280052人 保健師、57112人 助産師、35185人(H24.12.31時点)
また、医療費国民負担は、基本として、6歳まで(就学前まで)2割負担、就学後~70歳まで、3割負担、70歳以上~75歳未満、2割負担、75歳以上、1割負担
しかし、70歳以上であっても、収入が現役並みの経済力の方は3割負担。この負担額は、自治体によりかなり異なっており、自治体によっては       
15歳まで(中学生まで)無料という東京23区もありますし、小学生まで無料の自治体もあり、その自治体の財政状況や力を入れている物事により、異なっています。
中には、子どもの医療費などの負担割合で引越し先を決めるなんて言う方も多くいます。また他にも、入院などの場合にも、高額医療費制度があります。
月々一定の額を医療費が超えると超えた分を払い戻してくれる仕組みです。また、先に手続きをしておけば窓口で一定の負担額以上は支払わなくてもいいのです。
この一定の負担額も、その人その人の収入額などによって異なります。非常にありがたい優れた制度です。
しかし、我が国は長寿大国、医療費の負担が国を圧迫していることは、分かるはずです。
今後、どの程度、医療費制度が崩れることなく、維持できるかが、私たち個人の医療保険に関係してきます。
仮に、このまま日本の医療費制度が変わることなく遂行すれば、少し自分で医療保険をかけておくだけで問題ないでしょう。
しかし、医療制度が崩れ負担額が増えていくと、どうでしょう。そう考えると、やはり加入する必要性がおのずと見えてくると思います。
また、入院の際に個室を希望したり、ベットの差額分(ベットというよりお部屋の人数などを言うようです)など保険がきかないものもあります。
それも、毎日費用がかかるものです。そうなると、やはり備えておく方が賢明だと思います。
じゃあ、医療保険の何を見て選べばいいのでしょうか。
平均入院日数、約32日、一日にかかる費用平均、13618円。
このうち、治療などの医療費は、5120円、食事代1日3食、1080円、ベッド差額代、5918円、家族の交通費、1500円というわけです。
個室や少ない人数の部屋を希望する場合は、やはり少し多めに医療保険の金額を考えておく方が良いかもしれません。
しかし、ベッド差額代は、本来希望者や同意した人しか請求できません。なので、それほど気にならないようであれば、差額代は大丈夫だと思います。断言は出来ませんが。
また、入院平均日数も32日となっています。最近の傾向として、医療の進歩によって入院日数が短くなっているように思います。
ですので、入院一日目から保険金がもらえるほうがおすすめです。
また、最近の手術に関しても飛躍的に進歩しており、日帰り手術などがあります。そういうケースも考えて、保険の手術対象内容も確認してみるのも、ポイントかもしれません。
ですので、入院が短ければ、通院して経過を見ることもあるでしょう。その分、通院手当がついている方が交通費がまかなえます。
手術も開腹手術ではなく、カテーテルなどによる治療があり、短期間の入院や治療が以前より多くなっていることも、気にかけておくとよいでしょう。
もちろん、長期入院もないとは言えません。両方に備えて保険は検討してください。
また、皆さん、平均してどのくらいの保険をかけているのでしょうか。気になりますよね。
医療保険を個人で契約している人は、男性が、81.4%、女性が、83.9%。一日当たりの保険金額は、男性が、10881円、女性は、9000円。
治療費は、男性も女性も関係なく同じだけかかるのですが、男性の方が少し多いようです。でも、やはり、多くの方が、健康には関心があり、医療費についても
気にかけていることが数字に出ています。日本人の性格が、ここにも顕著に表れています。
平均してみると、10000円位の医療保険がかけられています。あとは、それぞれの保険会社の特徴がある特約、安さ、更新時のサービスなどを合わせて検討すると
自分に合う保険が見つかるでしょう。ネットで保険料を算出し比較してもよし、保険を沢山扱っているプロにアドバイスをもらうもよし、更新がチャンスですよ。

保険選び

医療保険は多種多様の商品があります。やはり自分に合った必要なタイプの保険を選びましょう。保険の見直しは年齢とともに、生活状況が変化するため、見直す時も必要でしょう。

保険選びの一番おすすめのポイントは?保険安い、安心見直し、無料相談!
【医療保険】の選び方「保険のビュッフェ」が伝授

医療保険ってどういうもの?

医療保険とは、万一の病気やケガに備える保険です。
入院や手術、入院後の通院など、医療保障を目的とした掛け捨てタイプの保険です。

医療保険の特徴として、入院や手術で給付金を受け取れる事があげられます。
また、会社によってガン入院や成人病で入院した場合には、
給付金が倍額受け取れるなどのオプション的な選択(特約付加)が可能です。

そのほか、女性特有の疾病の治療時に使用できる女性疾病特約や、
3大疾病(がん・心疾患・脳血管疾患)、先進医療特約等も付加が可能です。
規定にある重度の病状になった場合、死亡保険金と同額の保険金が受け取れる
「重度慢性疾患保障保険(特約)」を取り扱う会社もあります。

保険期間は、10〜15年程度の比較的短いものを更新していく形か、
終身保険のように、保険期間を限定しないで一生涯保障が続く終身タイプもあります。
保険期間が限定されている定期型の場合は、更新時には保険料がアップしていきます。
終身の場合は、一生涯保障が続き、保険料は変わらない商品が多いです。

医療保険の中には、対象となる病気をガンに限定した「ガン保険」もあります。

余命6ヶ月以内と診断された場合、生存中に死亡保険金が前払いされる特約(リビング・ニーズ特約)を
取り扱う会社もあります。

医療保険の場合、死亡保障が手厚くはないものが多いので、
死亡保障を手厚くしたい場合、死亡保障金を高く設定できる終身保険や定期保険に、
医療保険がプラスされている商品を選ぶ方法もあります。

医療保障の内容は、年々進化して行っていることや、
公的な医療保険がカバーしてくれる範囲も年々変わっていっていることから、
数年ごとに医療保険を見直すことが必須になると思います。
女性の医療費、いくらかかるかご存じですか?

医療保険の選ぶ際にポイントとなること

医療保険を見直したいという人は多くいるでしょう。
保険外交員の方に勧められるがままに加入したという人も多いでしょう。

昨今テレビCMなどで安い医療保険、持病のある人でも加入できる保険のCMをよく見かけます。
しかし、保険料だけで判断すると実際お金を受け取るときに、こんなはずではなかったと後悔することになります。

では、どういったポイントで医療保険に加入あるいは見直しをすればいいのでしょうか。
簡単なポイントは、
①日額をいくらにするのか?
②終身なのか定期なのか?
③手術給付の対象は?何種類?
④先進医療特約が付いているのか?
⑤その他特約は?
⑥1入院あたりの支払い日数は?
⑦総支払限度日数は?
⑧日帰り入院から支払われる・1泊2日・免責期間があるもの
他いろいろあります。

ここで医療保険を見直すポイントとして取り上げたいのは、⑥の1入院あたりの支払い日数です。

1入院あたりの支払い日数は、30日・60日・90日・120日など種類があります。
現在は、国の政策で入院日数は依然と比べるとかなり短くなっています。
保険料も当然30日型が安いです。
ならば30日型でいいのでしょうか?

では、30日型と120型とで比較してみましょう。

30日型は当然保険料が安いですし、現在の短期入院の傾向にマッチしています。しかし、長期入院した時には対応できません。
一方で120日型は30日型よりは保険料は高いですが、長期入院には対応してます。

それでは実際給付を受けるときはどうでしょうか?

短期入院の時は、支払額も少なく、日本には高額医療制度があるのでだいたい月8万円くらいの負担となります。(差額ベッド代等は別途負担)
短期入院であれば仕事にもすぐ復帰でき収入の心配もないでしょう。
一方で、長期入院の場合は支払いが長期になり、仕事への復帰もままならず、収入面での不安もついてきます。

保険は、万一の時のためのお守りです。やはり長期入院した時に備えるには120日型でないといけないということになります。
かといって、長期入院する確率はかなり低いです。ほとんどのケースが30日型で賄えます。そのために高い保険料は払いくないといったところでしょう。

ではどうしたらいいのでしょうか?

120型・入院日額5000円に入るなら、30日型・入院日額10000円に加入することをお勧めします。保険料は若干30日型10000円のほうが高いかもしれませんが、仮に長期入院になっても日額が倍ですので、不安はかなり解消されるのではないでしょうか?

保険は高い買い物です。しっかりと見きわめて加入あるいは見直しをしましょう!

知っておいて損しない医療保険について

世の中には、保険の類がたくさんありますよね。特に健康面に関しては、いつ何が起こるかわからないから、保険に加入することを検討なさる方も多いのではないでしょうか?
そんなわけで、医療保険についてちょっとご紹介しますね。

医療保険と言えば、真っ先に思い浮かぶ保険はといえばやはり、「国民健康保険」とか「社会保険」とかですよね。実は医療保険というのは、「公的な医療保険」と「民間の医療保険」の2種類に大きく分けられるんです。

日本の場合は、「国民皆保険制度」と言って、日本に住んでいる人なら誰でも加入する義務があるんですよ。たとえ外国人であっても、3ヶ月以上日本に滞在していて住民登録を行っているなどの加入条件に該当する人は、加入する義務があるんです。これが、「公的な医療保険」ということになり、「国民健康保険」などが該当します。
義務というとちょっと嫌な気持ちになる人もいらっしゃるかもしれませんけれども、貧しければ保険に入ることすらできない国もたくさんあることを考えると、いつでも、どこでも、誰でも、必要なときに必要な医療が受けられるという意味では非常に優れた制度といえるのではないでしょうか?

一方、「民間の医療保険」についてですが、これは加入する義務はありません。「公的な医療保険」でカバーできない範囲に関しては「民間の医療保険」に加入すればいいという考え方なんです。
つまり、「公的な医療保険」だけで十分だと感じている人であれば、「民間の医療保険」に加入しなくても構いませんし、「公的な医療保険」だけでは不十分だと感じているのであれば、「民間の医療保険」に加入してもいいという考え方ですので、「民間の医療保険」に加入するかしないかは私たちの自由であって、私たち自身が決めることができるんです。

そう聞くと、「公的な医療保険」でどこまでカバーできるものなのか気になりますよね。たとえば、「国民健康保険」に加入していた場合、一般的な病気やケガの範囲であれば、治療にかかった費用の3割だけを負担すればいいということになりますよね。
しかしながら、もしもその3割を負担した金額が、たとえば40万円も必要になった場合はどうなるのでしょうか?結構な大金ですから、ちょっと大変ですよね。そういう場合は、「高額療養費」という制度を利用すると、自分で負担する金額を抑えることができます。

「高額療養費制度」というのも、「公的な医療保険」の一種です。自己負担する金額がいくらになるのかは収入などによって異なりますけれども、70歳未満で1ヶ月の収入が53万円未満であれば、1ヶ月の自己負担額は「80,100円+(1ヶ月の医療費−267,000円)×1%」となります。また、住民税が非課税の人であれば、35,400円の自己負担で済むんですよ。

とすると、「公的な医療保険」でカバーできない範囲といえば、「高額療養費制度」を利用しても負担しなければいけない医療費の部分ということになりますよね。
それにはどんなものがあるのかというと、たとえば入院中にかかることがある「差額ベッド代」とかでしょうか。「差額ベッド代」の金額は病院が自由に決めることができるので、病院によって金額は異なってきますが、1日につき最大1万円程度と言われています。
そのほかの「公的な医療保険」でカバーできない範囲を挙げると、先進医療を受けたときとか、治療中の生活費などでしょうか。

こう考えると、「公的な医療保険」でカバーできない範囲というのは、意外と少ないのではないでしょうか?
「民間の医療保険」にはいろいろとありますけれども、これらを考慮した上で、どんなときにどんなことに対してどこまでの保障が必要なのかを考えて選ぶことをおすすめします。

終身と定期の違い

終身保険とは、一生涯保証が続くタイプ。保険料金は加入した年齢が基準となります。10年後も20年後も保険契約をしている限り、保険料は同一です。保険の払込期間が終了すれば、あとは保障だけ受けられるタイプもあります。また先に一括払いをする必要のある終身保険もあります。いずれにせ、保険料金を同一に保つ必要があるため、料金は、定期より終身が高くなります。また、30-40年後を想定して高額な掛け金を支払っても、給付を受ける物価が変動している可能性もあり、金銭価値変動の危険負担も十分考慮するべきでしょう。

定期は、10年などの期間を限定して保障するもの。定期保険の期間が終了すると、新たな定期保険の加入となり、その時点での年齢に応じた保険料を支払うことになります。つまり定期保険は、保険の更新ごとに保険料が跳ね上がる可能性があります。

入院給付金と手術給付金

入院給付金は、一日あたり5000円から15000円などがあり、給付は初日からとか入院5日目からなど、免責期間が設けられていることも多くその内容を十分把握してください。また給付期間が、60日間と短い商品もあるので、全体のバランスをよく調べる必要があります。その上、入院給付金の通算支払日数の算定には、同一の入院は、一回限りという規定がないか、注意が必要です。退院後180日以内の入院は、1回の入院とみなされ、いくら通算入院日数が長くても1回入院の限度のみ給付の対象となる商品もあります。

手術給付金は、手術を受けた場合に支払われるものです。手術1回に???円・入院給付金の??倍など各種あります。同じ病気に何回も出るものや、最初の一回だけ給付されるタイプなどがあります。

医療保障特約

医療保障特約の場合は、主契約でないので料金も安くなります。主契約の生命保険などが終身であっても、払い込み終了時点で、医療保障契約が継続するとは限らないので、注意が必要です。

サポートが充実している医療保険

私たちの生活では、いつ何が起こるか分からないので、保険を活用されているという方も非常に多くなってきております。
そうした中で、生活スタイルの多様化に合わせて、様々なサービスが提供されている現代では、生命保険や医療保険などにおいても自分の目的に合わせてプランを選ぶという方が増えてきており、フレキシブルなプランが重要視されるようになってきております。
そうしたことで加入者やそのご家族にとって大きなメリットも生まれるようになってきており、希望に沿う形で、任意オプションの自由な組み合わせや選択が実現できるように様々な工夫がされておりますし、加入者の必要な用途に合わせて選択できるということも可能になってきますので多くの方に喜ばれております。
今では、契約後のアフターケアをはじめとして各種サービスや保証内容、オプションが充実してきているのは当然のことでありますが、各プランのコスト面でも大幅に削減されるようになってきており、毎月の家計への負担も軽減されるようになってきておりますので、家計も助かるようになっているようです。
日本の情勢では、個別の生活スタイルの変化に合わせた内容のものも数多く提供されてきており、利用者の持病や健康状態に合わせて最適なものが考え出されてきております。
特に最近は通販方のサービスが増加傾向にあり、個人情報保護のための暗号化技術も発展してきておりますし、通常における店舗型や対面販売型よりも気軽に手続きを実施することが可能になってきております。
ネット環境やIT技術が進歩している現代では、多数の利用者の方々の生の声やクチコミ投稿サイトも多数構築され登場してきており、現在の加入者の生の声や感想を参考にして選ぶことが可能になっております。
保険に対する関心が高まっているという方は、是非この機会にご参考にして下さい。

社会変動によって求められた医療保険。

生命保険の役割は時代によって変化しています。
日本の平均寿命、特に男性の平均寿命が50歳代の次代は、家族の生活保障が最大の目的でした。
その男性の平均寿命も日本の食糧事情の改善、医療体制の改善により徐々に伸びて行きました。
今の時代、男性が還暦を迎えるのは当たり前の時代になりました。

そうすると、生命保険の最大の目的である家族の生活保障じたいに重点がおかれなくなりました。
反対に、生きている間の保障が重要になってきたのです。
人間の寿命が延びると、今度は、医療保障が重要になってきたのです。
人間は必ず死にます。
確率は100%です。
それと同じく、病気にもなります。100%の確率でなんらかの病気にかかります。
ここに、医療保障という保険の必要性が生まれてきたのです。
従来、生命保険に特約という形で付随していたものが、社会の変動とニーズによって医療特約から分離して医療保険になったのです。

この医療保険が誕生する前、医療についての保障は医療特約として死亡保障を補完するものでした。
単に、長期の入院保障に対処するものでした。
ある意味、休業補償にも近いものでした。
しかし、ここに、医療も日々進化し、入院日数の従来と異なり、短期間の入院で済むようになりました。
すると、入院をした、手術を受けた。
しかし、手術費用は出たけれども、入院費用は出なかったという事例が続出しました。
そのもっとも顕著なものが盲腸手術でした。
現在でも、およそ1週間の手術と入院で盲腸手術は終了です。
すると、入院は7日間以上の入院に対しての入院費のため、加入者から改善の声があがっていたのです。

ここで、生保会社はこの入院に関しての免責期間を短縮しました。
それ以前、長寿社会になったならば、生きている間の保障としての医療重視の保険を求めるようになったのです。
それが医療保険であり、特に成人病の代表的なものであるガン保険を求められたのです。
高度のガン治療を受けたくも、公的医療の対象外を保険で賄うというものです。
このように保険は時代によって、社会の変化によって、変化していきます。
それはすべて、加入者のためでもあるのです。

医療保険

医療保険は、もし自分になにか病気がしたり、突然の事故の巻き込まれて怪我をしたりして、入院することになったとき、短期高額医療の治療費を補助するのが大きな役割です。さらに最近では、保険が適用されない高額医療もよく行われるために、自分がより良い治療を受けるために、自分が生きるために備えておく、大切な保険です。
病気やケガで入院することになると、もちろん仕事はできませんし、医療費も多額にかかってきます。治療費を気にせずに治療を受けることができるように、必ず加入しておかないといけない保険です。
入院するのが、家族の誰であっても困ります。お父さんが入院すれば、収入が半減しますし、それに備えることも必要です。お母さんが入院しても、収入がお父さんよりも少ないことが多いと思いますが、その分家庭を支える仕事をしているので、生活を送るための余分な家計費の出費が増えます。どちらが入院しても大丈夫なように、入院医療費にプラスして、生活を送るためのお金、入院中の病院にお見舞いに行く時の経費も上乗せして考えておくと、心配せずにゆっくりと治療をすることができます。

入院保険に加入するとき、まずは年齢が何歳までという期間が決まった定期保険に加入するのか、自分の命がなくなるまで終身で保証してくれる保険を選ぶのかを考えます。そしてその次に払込をする年齢です。何歳までに一生涯の保険料を払い込んでしまうものを選ぶのか、自分の命がなくなるまでの終身払込のタイプを選ぶのかを考えます。もちろん支払う期間が長いので、終身の払込タイプの保険の方が金額は安くなります。
保険の払込の金額は、年齢×保証の厚さを面積で考えるとわかりやすくていいですよ。どんな人でも平等な金額の払込金額になるように、きちんと考えられています。ですから、年齢が若くて病気の発症率の低い、年齢の低い間に加入をしておくと、比較的に低金額で支払いが継続しやすい保険を作ることが可能です。
先の長い人生に必ず入院はつきものです、よく考えて、きちんと医療保険に加入することをお勧めします。

医療保険の考え方と注意

医療保険は主に入院や手術時に支払われる保険をまとめてそう呼びます。
この医療保険にも終身型と定期型の保険があります。
20〜30代ならば病気による入院や手術よりも、事故によるケガが多いでしょう。
年を重ね、50〜60代になるとケガよりも病気で入院・手術することが多くなります。
また高額の入院費用などが生じると、年金暮らしなども不安になります。
そこで、若いうちから老後の入院時の費用などに備えておきたいと考えていれば、終身型の医療保険に早くから加入しておけば保険料の総支払額も少なく済みます。
終身型を選ぶ人は老後に多額の保険料を支払いたくない人も多いため、将来の不安に備えて加入する人が多いようです。
定期の医療保険に入る場合、将来の物価のことを考え終身型の医療保険のように若いうちから高い保険料を払うことを無駄だと思うなら、保険安い料を払っておいて目先の入院に備えるべく定期型を選ぶような人もいます。
医療保険に入る際に注意したいのは対象となる病気です。人間ドッグに入るのは保険の対象になりません。
妊娠して出産する際も「病気・ケガ」に入らないのですが、帝王切開になると対象になります。

医療保険に入るときの注意点!

様々な種類の医療保険が販売されています。

医療保険は消費者が個人的に保険会社と契約するものです。

万が一、入院や手術をした時に給付金を受け取る仕組みです。

つまり経済的リスクを回避しようとするものです。 

先ず民間の医療保険を家契約する前に公的な制度があることを確認してみましょう。

健康保険には「高額療養制度」があります。

1か月の自己負担の上限は、一般的な所得の加入者なら9万円弱です。

病院の窓口で医療費の3割以上を支払ったとしても、後に本人が申請することで限度額を超えた支払い分は還付を受けることが出来ます。

更に福祉制度の充実した企業では「付加給付制度」を導入していますから、医療の経費についてはそれほど心配する必要はないかもしれません。

ただ入院することで雑費など諸費用はかかります。 

おもな病気の医療費と入院期間は平均で次のようになります。

急性心筋梗塞 217万円 19.4日入院 
胃がん 121万円 28.5日 
脳梗塞 116万円 38.1日 
胃潰瘍 62万円 17.8日 
子宮筋腫 55万円 11.7日 
急性虫垂炎 52万円 8.9日。

40代を中心として住宅購入費、教育費、親の介護費などが何重にも負担しなければならない人もいるでしょう。

また自営業者は特に体が資本です。毎日働かねば収入が途絶えます。

リスクを避ける意味で医療保険はサラリーマンより重要だと考えます。 

医療保険でカバーできないこともあります。

外来でできる高度な治療は医療費も高めになりますが、自分の預貯金から負担しなければなりません。

また医療保険には「1入院の支払限度日数」が設けられています。

60日型とか120日型とかがあります。

注意したいのは、「同じ病気や関連する病気で180日以内に再入院すると1入院とみなす」との規定があることです。

例えば、がんの患者さんが抗がん剤治療で入退院を繰り返すと通算でカウントされます。

限度日数を超えてしまい入院給付金を受けられない場合があります。

長期入院で経済的に不安だと考える人は、「がん保険」に入ることも一つの手です。

がん保険は入院日数に制限を設けていません。 

最後に先進医療について!

公的保険の適用に向けた試験段階にあります。

必ずしも治療効果が高いとは言い切れません。

先進医療は大きな病気でも治してくれるとの過度の期待は持つべきではないと考えます。

もちろん保険は効きませんから、医療費は全額負担となります。

医療で破産する場合もあります。

損しない医療保険に加入する方法

最近では多くの方が医療保険に加入されていますが、実際には自分が入院したり手術をしたりするまで、医療保険の内容がどんなものか分からなかったという方が多いのが現実かもしれません。いざという時に支払われなかったとか、老後にこんなはずじゃなかったと感じて損をしないために、医療保険の内容をしっかりと確認しておきましょう。医療保険の加入で損をしないために、いくつかのポイントをチェックすることができます。まず最も基本的な保障内容を確認しましょう。入院したときや手術の時にはどんな保障があるでしょうか。

例えば、入院一日でいくらの保障があるかは最も重要項目です。一日5000円ほどが基本ですが、一人部屋がいいとかになるともう少し費用がかかるかもしれません。また入院一日目から支払われるものと、入院五日目からというものがあります。中には四日間だけの入院で申請したら、一円も支払われなくて損したという方もいます。さらに長期間にわたって入院した場合に、何日目まで支払われるかを確かめておきましょう。中には入院60日間だけとか、120日までといった種類のものがあります。退院をした後にも通院が必要ですが、通院や退院で保障があるかどうかも確認しておきましょう。

手術にも支払われる限度額があるかもしれません。支払いの対象になる病気や怪我や手術の内容も確かめておくと、いざという時にトラブルにならなくて済むと思います。また医療保険には、個人の必要に応じて様々な特約をつけることができるようになっています。例えば、女性疾病特約や三大成人病特約、高度先進医療特約などをつけておくと、自分に適した医療保険に加入することができます。それで医療保険に加入する際には、特約の内容とどんな時にどれだけ保障されるのかを確認しておきましょう。

最後に最も重要なポイントとして、毎月の保険料があります。医療保険でも生命保険でも共通している仕組みは、定期と終身があるという点です。終身は多少保険料が高いですが、一生涯保障内容が変わらず保険料も上がらないので、老後にも安心して保障を得ることができます。定期は若いときには保険料が安くて保障内容も大きいのですが、年齢と共に保険料が上がるので、老後には保障内容が少なくなったり高くなったりします。65歳くらいになった時に医療保険を見直して、こんなはずじゃなかったと感じる方が多いのは、この定期の仕組みを理解していないからです。それで65歳以降の保険料や保障内容をしっかり確認して、医療保険の加入で損しないようにしましょう。

医療保険は病気・突然の事故の入院の治療費を補助

医療保険は、もし自分になにか病気がしたり、突然の事故の巻き込まれて怪我をしたりして、入院することになったとき、短期高額医療の治療費を補助するのが大きな役割です。

さらに最近では、保険が適用されない高額医療もよく行われるために、自分がより良い治療を受けるために、自分が生きるために備えておく、大切な保険です。
病気やケガで入院することになると、もちろん仕事はできませんし、医療費も多額にかかってきます。治療費を気にせずに治療を受けることができるように、必ず加入しておかないといけない保険です。
入院するのが、家族の誰であっても困ります。お父さんが入院すれば、収入が半減しますし、それに備えることも必要です。お母さんが入院しても、収入がお父さんよりも少ないことが多いと思いますが、その分家庭を支える仕事をしているので、生活を送るための余分な家計費の出費が増えます。どちらが入院しても大丈夫なように、入院医療費にプラスして、生活を送るためのお金、入院中の病院にお見舞いに行く時の経費も上乗せして考えておくと、心配せずにゆっくりと治療をすることができます。

入院保険に加入するとき、まずは年齢が何歳までという期間が決まった定期保険に加入するのか、自分の命がなくなるまで終身で保証してくれる保険を選ぶのかを考えます。そしてその次に払込をする年齢です。何歳までに一生涯の保険料を払い込んでしまうものを選ぶのか、自分の命がなくなるまでの終身払込のタイプを選ぶのかを考えます。もちろん支払う期間が長いので、終身の払込タイプの保険の方が金額は安くなります。
保険の払込の金額は、年齢×保証の厚さを面積で考えるとわかりやすくていいですよ。どんな人でも平等な金額の払込金額になるように、きちんと考えられています。ですから、年齢が若くて病気の発症率の低い、年齢の低い間に加入をしておくと、比較的に低金額で支払いが継続しやすい保険を作ることが可能です。
先の長い人生に必ず入院はつきものです、よく考えて、きちんと医療保険に加入することをお勧めします。

入院、手術で医療保険給付金のダブルゲット

医療保障は、生命保険などに付加した医療保障の特約のケースの場合は、医療保障特約です!

保険の見直し時期の入院

世の中には様々な保険があり、日本で生活する人は、ほぼ全員何らかの保険に加入しています。

保険はもしもの時のための対策で、保険金を支払うばかりで、保険給付金を受け取った経験のない人が数多くいます。

数年前の私も、生命保険の保険金を支払うばかりで、その保険金が戻ってきたことなどありませんでした。

約20年間、保険金を支払うばかりで、保険金の負担もバカにならないため、数年前に生命保険、医療保険の見直しをしました。

丁度その時、珍しい経験をしました。

それまでの生命保険を解約し、新しい医療保険に加入することにしました。

その手順は、新しい医療保険の加入手続きを済ませてから、古い生命保険を解約することにしたのです。

この手順に沿って、新たな医療保険の加入手続きが完了した正にその時、突然、下腹部にかつて経験したことのない痛みを感じました。

急いで病院に行ってみると、ソケイヘルニアと診断され、入院と手術が必要であると告げられました。

産まれて初めての入院、手術の経験が、生命保険、医療保険の見直し時期に訪れたのです。

それまでの生命保険は解約前、新しい医療保険は加入済であったため、2つの保険会社から保険給付金を受け取ることができました。

自分の体が資本となったことが奇妙に感じられますが、何となく得をしたような気分になりました。

医療保険に入っていて良かったです。

先日、生まれてはじめての入院と手術を経験しました。
初めての入院と手術なので、ものすごく不安でした。体のことはもちろん不安ですが、お金の事が何より心配でした。
そういえば、以前アヒルのマスコット目当てに入った医療保険があったなあ・・・と思い出し、私の入院と手術でも保険金がおりるのか、カスタマーサービスに電話してみると、すぐに回答を下さいました。
私の場合は、手術及び入院共に保険金が下りると言う事と、さらに女性特約に加入しているため、今回の病気は女性特約が適用され給付金が払われるとの事でした。
だだでさえ不安な手術時に、支払われる保険金があるというのは本当に心強い事だと思いました。
入院をしてみてわかったのですが、一家の主婦が入院をするという事は思った以上にお金がかかる事でした。
入院・手術費用は言うまでもないのですが、私が留守中の夕食を10日間、家族はほぼ外食で済ませました。その他にも、病院に家族がお見舞いに来るときのガソリン代や駐車場代、あとは病院で私が使ったテレビカードや冷蔵庫カード、コインランドリー代なども馬鹿にならないお値段でした。
でも、私は医療保険に加入していたため、お金の事は心配せずに体のことだけを考えていれば良かったので、本当にありがたかったです。

家族が出来たら医療保険に入りましょう

独身の時は、若いこともあり病気やケガによる入院医療などについては考えたことはありませんでした。
結婚する前に一度だけ、病気で入院したことがありますが、医療費だけでなく付随する出費は加算だことを覚えています。
結婚してからは、夫婦ともに医療保険に真っ先に入りました。
医療保険も様々にありますが、私たちが加入したのは、病気またはケガによる入院の場合には、入院日数×10000円の給付を保障するものです。
また、治療のため通院する場合は、通院日数×5000円の給付を保障するものです。
また、病気またはケガによる手術をした場合には、手術給付金が25万円の給付を保障するものです。
また、私が入った医療保険の優れていたところは、給付金の日数制限がなかったところです。多くの医療保険では日数制限つまり上限を設けている保険が多いのが現状です。そして上限に達した場合は、給付金がストップするだけでなく、例えば2年などの期間を空けないと、保障は再会されない、つまり、2年間は病気をしても給付金は出ないといった医療保険が多いと思います。
たまたま、私が入ったのは、無制限型の保険なので、保障も大きくワイドです。
また、若いうちに保険に入ったので、月々の保険料も高くはなく、とても満足です。

医療保険に加入して病気に備える

日本は公的な健康保険制度により、医療を受ける時にも、全額自己負担ではなく、所得などに応じて一部の負担で済むようになっています。
生活保護を受けていて経済的に困窮している人は、医療費の自己負担はなく治療を受けることができます。
このように全ての人が必要な医療を受けられるように制度が整っていますが、入院などにより大きな支出があった際に備える保険として
民間の医療保険があります。

民間の医療保険は任意で加入することとなっており、保険会社によって掛け金やもらえる金額が違ってくるので、加入する前に色々な
商品を比較検討する必要があります。

安いものであれば月2,000円程度の掛け金で、入院した際には日額5,000円程度のお金が受け取れます。
高額療養費制度により、日本では月額現役世代で普通の収入の人は、月9万円程度の負担が上限となっています。
保険が利く範囲の治療であれば、月9万円以上かかることはありません。

しかし入院などにより仕事を休業している状態でこの9万円という負担は大きく、民間の医療保険に加入しておけばそれ以上の金額を
受け取ることができるので、生活に回すこともできます。
会社員では傷病手当などにより所得がある程度保障されますが、自営業の人は収入の保障がないために、会社員よりもより保険加入して
おく必要があります。

今までは入院に焦点を合わせた保険が主なものでしたが、今はがん治療などを通院で行える場合も増えてきました。
そういった場合に備えて、通院を保障する内容の保険も出てきており、それを選択できるようになってきました。

医療保険に加入して家計が圧迫されるのは問題ですが、余裕のある範囲で掛け捨ての安いものに入っておくだけで、安心感を得ることが
できます。今は健康で必要がないと思っていても、いつ病気になるかはわからないので、しっかりと備えておくことをお勧めします。

医療保険の保険金をもらう。

人生、まさか、と思う出来事に遭遇する。
まったく、痛みも何も感じないのに、手術を受けてくださいと医師から宣告されることがある。
そんな経験をお話ししたいと思います。
休日、娘を肩車して遊んでいる時、不意に目をはたかれ、涙が止まりませんでした。なんとか、救急対応できる眼科医を探し出し、目の傷の具合を確かめていただきました。
すると、意外なことに、「手術をうけてください」と宣告されたのです。
「手術ですか?」と問い返すと、「なるだけ早く」との回答。
意味がまったく分かりませんでした。
確認すると、眼球の表面ではなく、眼球の内側にある網膜に小さな穴が開いているというのです。
その網膜裂孔という目の病気は、痛くも痒くもなく、自覚症状がまったくないのです。
早くに手術を受けなければ、穴が広がり、最終的には失明してしまいますよとの注意も受けました。
偶然にも発見された目の病気でした。
紹介状をいただき、大学病院の眼科医の手術を受けましたが、以外にも、出費は大きかったのです。
目の病気だけに自身で車を運転して病院に行くこともできず、大事をとって自宅と病院の往復はタクシーを利用しました。
しかし、なんといっても、健康保険を適用したとしても、手術費用は結構な請求をされたのです。
それも、一度で終了せず、二度に分けての手術でした。簡単な手術だからと言われてはいても、さすがに「失明」という言葉が頭を離れませんでした。
後日、医療保険の手術給付のために診断書をいただきに行きました。
やはり、少し心配で、往復はタクシーを使ったのです。
けれど、生命保険会社に手術給付の請求書を出すことで、なんとか、手出し分は補てんできました。
毎月、毎月、口座から引き落とされる保険料に「もったいないなあ」などと思ったこともありましたが、今後のことを考えると、やはり、入っていてよかったと思ったのでした。
備えあれば憂いなし、それが私の医療保険加入の結末です。

医療保険に加入して病気に備える

自分は若くて健康だと思っていても、いつ病気になるかは誰にもわかりません。
病気になって入院治療が必要となった時に備えて、医療保険に入っておくと病気になっても慌てずに治療に専念することができます。

医療保険は期間が決まっているものから終身タイプのものまでありますが、終身タイプのものがお勧めです。

途中で病気にかかってしまって保険に入り直せなくなる可能性もありますし、また年齢を重ねてから保険に入ると若い人よりも保険料が高くなります。

そのため健康な若いうちに、生涯保障が続く保険に入っていくことが良いです。

保険料は掛け捨てで月額2,000円ぐらいから入ることができますし、2,000円では入院一日につき5,000円程度の保障があります。

日本は公的な医療保険には全員が加入することになっていますし、ある程度の負担で済ませることはできます。

また高額療養費制度などを使うと、月にいくらまでの負担以上はかからないとされています。

しかし仕事を休んで治療を受けていると、生活費などもいつも通りにかかる上に、治療費がかかってくるので、
多くの家庭にとって厳しいと言える状況にあるのです。

最近では医療の発展により通院で受けられる治療も広がってきており、通院が保障される保険も増えてきています。
自分がどのような事態に備えたいのかをしっかりと考えて、不測の事態をカバーできるように保険加入しておくことがお勧めです。

私の旦那はまだ31歳ですが、胃がんになってしまいました。

そんな時に入っておいて助かったと思うのが、医療保険です。

仕事を休んでいたのでいつものお給料の満額はもらえず、またそこからお給料で天引きされているものを支払うと、生活できないぐらいの金額でした。

そしてそれに合わせて月10万円の医療費がかかってしまったのです。

医療保険でカバーできたので、加入しておいて良かったなと感じました。

独女だったなら、大事なのは医療保険です

学生時代までは、両親が生命保険をフルセットで加入してくれているお家もあるでしょう。

数十年前なら医療保険から生命保険まで、貯蓄機能も兼ね備えた立派な商品が山とありました。自分で収入を得るようになって初めて、月々馬鹿にならない金額を支払ってくれた親に感謝しつつも今の自分では続けていけないよと嘆く方がが出てくることでしょう。
手っ取り早く支出を減らすには、加入している生命保険の保険料を見直せばいい。
万が一の場合、死亡保険金を誰かに残す必要があるかないか。そこから考えると手っ取り早いです。
そもそも死亡保険金とは、葬儀の費用はもちろんですが、残された家族がその先暮らしていくための準備資金のようなものです。

葬儀のお金は、加入している国民健康保険などから補てんされる場合もあるので、全額とはいかなくとも多少は当てにしたっていい。小さな子どもを抱えた妻が残された、などという場合に当面の資金があれば精神的な負担は少なくなることでしょう。
ただし、独身者の場合これはあてはまらない。男性はこの先世帯を抱えるかもしれないので将来は未定としておいても、女性は本当に必要でしょうか?

もちろん、女性が家族を養うケースだってたくさんあります。

ですが、現実的に死亡保険金を残すために月々の支払いをする必要性はどれだけあるか、胸に手を当ててじっと考えてみてください。
自分が死んだ後、保険金を残したい誰かがいますか?必要ですか?
死亡保険の一時金をほぼゼロの契約に見直した場合、たいていの保険料がぐっとお安くなります。

一時金を貯金代わりに積み立てる場合を除き、家計の見直しにはかなり有効な手段です。ぜひ契約書を引っ張り出して御一考してみてくださいね。
ただし、病気をしたとき入院費を補てんしてくれる医療保険の方はとても大事になります。

病院にかかるときに使う保険証では、一定額以上医療費が高額になると返金される高額療養費制度や、付加給付等の補てんがあります。

自分の加入している保険証の補償がどんなものか確認したうえで、急な病気な事故に対応できるかシュミレーションしておくといいかもしれません。

プライベートを守れる個室に入りたいとき、医療保険のカバーがあるとありがたいものです

万一のときに備える医療保険

いつもいつまでも健康でいたいけど、そうもいかないからこそ医療保険
保険というのは、万一のときに備えるものです。万一のときと言いますと、亡くなったときと考えてしまいがちですが、意外と備えが薄い万一のときとは、病気などによる入院です。悪い言い方をすると「ピンピンコロッ」って逝ければ要らぬ保障なのですが、昔から人は、そうも都合良くいきません。そして人は万一の亡くなったときについては、葬式代分として貯金を用意していたりしていても、病気などによって入院することになったときに備えて貯金を用意している人は皆無と言えるでしょう。つまり医療保険は、本当の意味で万一(予想していないという意味で)に備える保険と言えます。
またこの場合の保険事故(病気など)は、どんな保険事故か予測不可能なのが非常に厄介です。自分が心臓病に掛かるとか、糖尿病になるとか、明確に予測できる人はいないでしょう。また親戚などの近親者に、糖尿病の人が多いや高血圧の人が多いからと予測する人は居ても、どれだけ重度の病に見舞われるかまで予測することは不可能です。
だからこそ医療保険は大事なのです。
医療保険は、基本的に入院日額〇〇円から保険料が決まってきます。そして手術が必要な場合は、入院日額に手術の難度などにより入院日額に一定の倍数を掛けた手術給付金が支給されるものになります。ここで大事なのは、入院日額です。万一のことを考えますと、地域の総合病院の個室利用によって生じる差額ベッド代を賄える程度に設定することが望ましいと考えられます。ただし、高額医療費の制度も日本にはありますので、あまり高額な入院日額を設定するのは、保障の掛け過ぎ強いては、保険料を負担し過ぎる形となりますので、気を付ける必要があります。
ただしここで問題になるのは、高額医療費の制度や現在の3割負担の医療費についてはあくまでも現在の法律などの下に決められているもので、制度に変更があった場合(変更は負担減になるとは考えにくい)には、保障額が不足する事態に陥る可能性があります。保健制度や関連制度には気を配り、定期的に情報を得るよう気を付け、折角加入した医療保険が保障不足に陥らないよう気を付け、定期的に見直しを行うことをお奨めします。

高額医療費

主人が医療保険付きの生命保険に入っていました。

残念な事に、主人は大腸ガンを患い手術したものの、再発してしまいました。
手術の支払いや付き添いの負担が精神的にも金銭的にも肉体的にも私を襲いました。

自分達の生活だけでも大変な時期、主人の両親の生計も負担しなければならず、保険に入っていて本当に助かった、と感じました。

病気になる前に、生活が安定したら保険にはちゃんとしたものを追加したいね、と話していましたが、病気になってからは、保険にも入る事ができないので、凄く後悔し、自分達の生活を反省しました。
自営業なので、最終的な収入がそう多くなくても、個人で申告すると売り上げを全部含めた金額で申告されるため、個人の給与所得者よりも、多めに申告されてしまう事があります。

うちの場合まさにそれで、普通は高額療養費がかかっても、所得次第で一定額以上の負担が必要ない場合があるのに、うちはそのモデルに該当せず、自己負担の重さに苦しみました。

元気なときこそ、考えておかなければならない問題で、所得が低い家庭こそ、真剣に考えておかなければならない問題です。

夫婦でお金の話をするのを、主人が嫌い、あまり話しをしませんでした。

あえて、その話をして代わりに安心を手に入れる事も大事だと、今は思います。

ストレスが減る事で、元気に生きる事ができれば、それこそ、健康につながる場合だってあります。

わかりづらい分野ですが、調べる位の手間を、もっとかけておくべきだったと思います。

保険がおりる前に、手術代は支払わなくてはなりません。これが大変でした。
お金をかき集めて支払いました。
一ヶ月目は100万を超える支払い金額でした。ですが、入院日数を記入する必要から、退院後に、給付申請しました。入院の付き添いで、申請用紙を取りに行く暇もなかったのです。

現在はもっとスムーズに支払いが行われている、と聞きます。申請用紙を郵送してもらう事も後で気付きました。

付き添いの人が支払いのストレスなく、対応できれば、ひいては家族である患者も、もっとゆったりとした気持ちで治療に専念できるのかもしれません。

高額医療費貸付制度

この制度の名称は、「高額療養費制度」と言います。この制度により医療費を受け取れるのは、最初に受診した月から少なくても3ケ月後です。その理由は、医療機関から医療保険機関に提出されたレセプト(診療報酬請求書)が審査され確定した後で高額療養費の審査が行われるからです。一定期間後(約3ケ月後)に超えた分が支給されるにしても一時的に医療機関への支払いを行わなければなりません。その期間が待てない人の為の制度が、「高額医療費貸付制度」です。

高額医療費貸付制度は、将来に給付を受けられる高額療養費を担保として無利子で貸付を受けられる制度(融資制度)です。高額医療費貸付の申請先は、加入している保険により違います。政府管掌健康保険なら管轄の社会保険事務所、企業独自の健康保険は会社の健保組合、国民健康保険は住民登録している市区町村の国民健康保険課です。いずれも申請は、本人だけでなく代理人でも申請することが可能です。

この制度を利用方法は、自治体や保険組合により若干の違いがあります。また、多くの医療機関では、支払いの前にこの制度の利用する旨を伝え、医療機関の了承を必要とする場合が多いです。貸付額は、高額療養費に該当する医療費の8割から9割です。自治体により全額を貸付てくれるところ、一定額を上限としているところがあります。また、自治体によって(例えば、東京都墨田区)他では貸付け対象とならない差額ベッド代や食事負担金までも無利子で貸付てくれるところもあります。

各機関で共通している貸付条件は、保険料の滞納がないことです。地方自治体の場合、前記条件に加えて一定期間の居住期間や連帯保証人がいること、一定額の所得以下であること、市町村税の滞納がないこと等が求めらています。

高額医療費貸付は、申請人の口座に直接支払われます。期間は、申請後約2週間です。そして、3ケ月後の高額療養費は、保険機関に支払われ貸付金の精算が行われます。

高額医療費貸付制度の利用は、加入している医療保険により手続き方法が異なり、基準も一律ではないので、医療機関および医療保険の所轄機関への問合わせが必要です。

先進医療特約

医療保険に入ったのは今から14年前の高校生のときでした。
当時は母が知人の勧めで入ったので、私はどんな特約や医療保険の内容は全く知らないまま入っていました。
だ学生までは母が保険料を支払ってくれていたのですが、社会人になったら支払いは私がしてとバトンタッチをされまいした。
そのまま引き落とし口座の変更をして、そのままにしておいたのですが、ある日母の知人が、今のままの保険だといろんな面で将来に不都合が出てくるので、変更して欲しいと言われました。
いい保険だから勧めたんじゃないのか?と不思議ですが、聞いてみたところ、
まず私が若い頃に契約をしたので、今色んな保険についている特約がついていないと言われました。

そして女性特有の疾病に対する手厚い保証。
子宮の病気や乳がんなどの保証や、先進医療特約をつけて欲しいことなどが説明されました。
現在、保険は入院日額10000円ですが、治療費については当然自己負担です。

そして病院でしてくれる治療は標準治療と呼ばれるものしか保険が適応されません。
それでも3割り負担ですが、一月の8万ほどを越えると高額医療費でそれ以上は払わなくても良いのです。
しかし先進医療は全額自費ですることになります。

治療の開発

現在では各種、先進医療と呼ばれる治療が開発されていて、通常の治療では治らないケースも先進医療なら簡単に治ったというのも確かに聞いたことがありました。

先進医療保険に入っていなければ、何百万もする先進医療は全額自費になります。
保険に入っていれば上限1000万まで保証してくれるそうです。

あとは、ずっと払い込みという契約だったそうですが、
お勧めの保険は75歳まで払えばその後の支払いはせずに、保証が一生涯というものらしいです。

若干保険料は上がるが、内容はかなりグレードアップするので、まだ若いうちに変更をしてくれたほうが保険料が安く済むと言われ、いざがんになった場合に先進医療は受けたいと思い、契約を見直しました。
昔の契約は今とそぐわないことが多いらしいので、見直し相談をしてみてはいかがでしょうか。