入院保険


保険のビュッフェ
入院保険は、手厚い方がいいと思います。

入院保険ですが入院する際に、事前にわかっていると病院にもよりますが、保証金が必要です。

それに、病気の種類だったり個室でないと無理という場合も入院費はかなりの金額になるので入院中でも保険金が出るものを選んだ方がよいでしょう。

月々の生活費の他にさらに、15万くらいは掛かります。
がんだったら、治療によっては
高額医療の上限を軽く超えるので
手術のときだけでなく
何日以上入院した場合は、何日まではお支払いします、
というものを選択するべきです。
掛け捨てとか、大手の貯蓄型でも
何を目的にするのかはわかりませんが
家族が入院すると、家計は火の車だと思うので
それは選択肢の念頭においてください。
個室の差額ベット代金は保険の対象外なので
1日いくらでるのか、何日まで払ってもらえるのかは
確実にするべきです。
月々の支払い額が高くても、全くあとから増やすことができないものもあるので
ネットで加入する際は、よく自分で確かめてください。
今は、保険相談を無料で行っているので
ファイナンシャルプランナーに自分の目的をきちんと伝えて
入院保険はこういうので、後付けできて
なるべくなら、定期型ではなく、終身にした方がいいです。
保証内容が全く同じで後付けが出来ないのに
10年更新したら、保険金が月々1.5倍になったりします。
たとえば、1ヶ月5000円払うと、1年で6万円で、10年で60万です。
いくつまで払うのか、多少今高くても、年払いにするとか
半年分を1回で払ったりすると
多少の割引になるので、10年満期でいくら払って
終身でいくら払うのか、トータルの金額を考えないと
保険のために働いているのか?となる場合が出てきます。
入院保険の給付金の支払いは数ヶ月はかかります。

そういうことを踏まえて、保険に入らないと
全く無駄なお金を払うことになりかねません。
女性は特有の病気があるので、ぜひ、入院保険には入った方がいいですし
女性特約で、入院給付金が通常の倍の金額でるという場合もあるので
確認しましょう。
【医療保険】の選び方「保険のビュッフェ」が伝授

入院保険

最近ではほとんどの方が加入している医療保険ですが、実際には医療保険の内容が分からずに見直したり選んだりしている方も多いと思います。医療保険と一言で言っても、様々な種類があります。医療保険に加入する前に、それぞれの医療保険にどんなメリット・デメリットがあるかをしっかりと理解してから見直したり加入したりする必要があります。まず医療保険とは病気や怪我で入院したり手術を受けた時に保険金を受け取ることができる保険です。

医療保険を見直す際にまず確認すべきなのは、入院したときに1日あたりいくらの保障があるかという点です。5000円・10000円などから選ぶことができます。また入院して最初の5日間は保険金が支払われないものもありますから、1日目から出るか5日目から出るかを確認しておきます。検査入院は支払われないことがおおいですから事前に確認しておきましょう。また手術をした時にいくらの保障があるか、限度額はいくらか、どんな条件の時に支払われるかも確認しましょう。

入院と手術の保障内容を確認したら、次は特約を付けることができます。例えば、通院特約や女性疾病特約、三大成人病特約などがあります。また医療保険に生命保険の特約がついているかどうかも確認しましょう。このように基本的な保障以外に自分には何が必要なのかを一つ一つ選ぶことができます。また逆に不必要な保障内容に入ってしまわないように気をつける必要があります。必要ないのに分からずに加入しているとそれだけ保険金が高くなります。

自分に必要な医療保険を見直した後は、最も重要な毎月の支払う金額です。確認すべきなのは保険金が一生涯上がらないのか、満期があり一定期間後には保険金が上がるのか、あるいは60歳・65歳で支払いを終えて一生涯保障できるタイプのものなのかを確認する必要があります。老後の安心を確保したい方には一生涯代わらないタイプや、65歳で支払いを終えるタイプがお勧めです。また若い時に大きな保障が得たい方は、一定期間ごとに見直す医療保険が適しています。このように医療保険の基本内容、必要な特約、毎月の保険金をしっかり見直しておけば、自分で納得のいく医療保険を選んで加入できると思います。

入院保険

結婚して、旦那は万が一の時に備えて保険に入ろうと、入院保険に入りました。
掛け捨ての安いタイプで入院日額5000円というものでした。まだ30歳になったばかりの旦那は、まさか入院保険を
早く使う日がくるとは思いませんでした。
保険会社の人にがん保険もありますよと勧められたけど、「僕は癌家系じゃないから癌にはならないわ」と断っていました。

そのまさかがすぐにやってきてしまいました。
ずっと胃の調子が悪かった旦那は定期的に胃腸科に通っていましたが、胃カメラを飲んでも問題なく半年が経過していました。
でもやはり不調はおさまらず、別の病院でもう一度検査したところ、胃がんとの診断を受けました。

私は1歳の子どもを抱える専業主婦で、旦那の病気にとても落ち込んだのはもちろんのこと、経済的なことも心配でした。
当初は一ヶ月の入院と聞いていたので何とかなるかと思っていたのですが、手術後の合併症で三ヶ月も入院することになって
しまいました。医療費は高額療養費を使っても月に10万円かかる、会社の給料から天引きされていたものがマイナスになり、
月々8万円会社に振り込まなければならない、そして住宅ローンなどを含むすべての生活費が20万円ありました。

車の車検や固定資産税も重なり、三ケ月で100万円以上を出費したと思います。傷病手当もありますが、振り込まれるのが
遅く、会社に復帰した後にもらえたぐらいなので、すぐには使えまんでした。

そんな時に、入院保険がとても役に立ちました。旦那の保険は入院が長引くときは、途中で区切って保険がもらえるタイプの
ものでした。なので一ヶ月ごとに区切って15万円づつ受け取っていました。
この一社だけではなく、旦那の母が入院保険をかけてくれていたので、こちらも日額4300円もらえました。

入院中はもちろん病状の心配が一番でしたが、お金に困ることがあれば、その対策を考えて落ち着いて病院に通いづめに
していられなかったと思います。
備えあれば憂いなしと言いますが、病気になったことは非常に不幸でしたが、保険をかけていたことが幸いしたと思いました。
二社からトータルで90万円ほどもらい、生活が困ることもありませんでした。
女性の医療費、いくらかかるかご存じですか?

入院して初めて保険に入っていて良かったと思った

私が保険に入ったのは就職したときに親に勧められたからです。
医療保険は何かあった時の補償といつも思っていたけど、そうそう入院することなんてなかなかありません。
掛け捨てみたいなものの方がいいのかもとか、保険安いでいいかもと思っていたところ、出産で手術することになり入院が必要になりました。
保険の担当者に電話で聞いたら、私の入っている保険は入院中の費用も手術代も保険から給付金が出ることがわかりました。

入っていて良かったと思った瞬間です。
これからお金もかかり、働けない時に少しでもお金がもらえるのはありがたいです。
保険はいざ必要になって使ってみないとありがたみがわからないけど、やはり万が一の時を考えたら必要なのだと実感しました。

入院補償!生命保険と医療保険の重要性

健康ってなくなって初めてわかる大切なもので。
自分自身が健康なときには病気になったり働けなくなったり
もしくは家族を残して自分がいなくなってしまって家族が困ったり・・・なんて
ありえないことって思っています。

働けるときは稼げて当たり前、家族を養えて当たり前、なんですが例えばある日当然交通事故にあって動くことができなくなったり・・・悪いことを考える始めるといくらでも人生の中で不幸に思える出来事はあります。

かくいう私もそのひとりで
たまたま結婚した時におせっかいな年上の知人に強引に進められて
生命保険に加入していました。

発病したのはその2年後で、原因不明の病で生涯完治することはありません。
あの時知人に強引に進められていてよかったなぁと思います。
加入してから20年経ちますが既に入院給付請求は4回しました。
その都度ありがたいと思います。

給付を頂いたおかげで生命保険ってなんだろう?って素朴な疑問が生まれて少しだけ勉強しました。

生命保険ってもしも自分が死亡した時に残された家族に迷惑がかからないように医療保険は自分が入院して高額な医療費の負担を軽減する為に何かあった時に備えるためのものですね。

今では短期高額治療が多いため、一日入院するときの負担金が昔よりも高額になっていますし医療保険の給付で入院中の肩の力を抜くこともできます。

生命保険って終身タイプと定期タイプと養老タイプが主でしょうか?
終身は一生自分がなくなるまで保証されるもの、
定期は期間がいつまでって決まったもの
養老は期間が決まった貯金タイプのもの。

保険は期間と保証の高さを面積にして、その保証を面積で買うんだと思えばわかりやすいって思いました。

自分がこれだけの保証が欲しい、これだけなら払えるって思えるものをきちんと知識を持った方に相談して真剣に決めておくものだと思います。

だって自分自身の体に不具合ができたら見直しできませんし新規加入することもできませんからね。

そうして入院した時と亡くなった時だけ考えていたら
もし障害が残るような状態で死ななかったらどうなるんだろう・・・って
素朴な疑問も発生しました。

探してみたら生活サポートのついた保険、いろいろあるんですね(笑
三大疾病とか六大疾病とか。
婦人科系の病気をサポートするものやガンになったとき長い期間の治療をサポートするものや。

保険って今をよく生きるために
もし何かあった時に守るために備えるために
ある程度はきちんと自身が理解をして
きちんと年齢ごとに見直して加入しておくのが大切だと思います。
【がん保険】の見直しなら

入院補償

友人の体験談のため保険の詳細はわかりませんが、こんなことがありました。

友人は歯並びが悪く、また親知らずに悩まされていました。頻繁にということではないようでしたが、時々、やはり親知らずが痛むとのことであるとき歯医者に親知らずの状態を確認に行きました。レントゲンを撮ったところ、やはり普通の親知らずの生え方ではなく、横に倒れ、血管に少し触れているような育ち方をしていたようで、大病院で手術が必要と担当医から告げられたようです。。

紹介された大病院はやや遠方で、手術をして帰るにはしんどい距離。そのため担当医にその不満を相談したところこんな話が出ました。入院措置にしてもらって、手術することで、入ってる保険によるけど手当が出る場合があるし、調べてみたらとのこと。

友人が調べてみたら、入院と手術で申請すればやはり見舞金が出るとのことで、また、会社からも手当が出る仕組みがあったため、友人は入院しての親知らずの手術に臨むことをきめました。もちろん出費もそれなりにはあったようですが、親知らずの悩みも解決し、ちょっとしたボーナスになったと喜んでいました。

虫垂炎になっちゃったけど、保険をかけていて安心でした。

まだ、彼氏と同棲していた頃の話です。
彼氏とは結婚する約束でしたから、保険についても話ていましたが、彼は大の保険嫌い。
少額でもいいから、と何とか説得して医療保険に加入してもらいました。
その後、彼が急に虫垂炎で入院、手術をすることになり、びっくり。
手術の費用もどうしようか、と思っていたんですが、そういえば保険適用の範囲内かも、と調べてみると案の定適用内みたいです。
手続きも簡単にできましたし、彼の手術も無事済みました。
手術の費用も全額ではありませんでしたが支払いされて本当に助かりました。
本当にいざという時にしか使えませんが、保険に入っていて本当に良かった、と感じた出来事でした。
ちなみにその後、彼の保険嫌いが改善したという話はなく、今もって保険嫌いのままです。

医療保険に入っていて本当に良かったと実感

私は43歳の時にくも膜下出血を起こし長期入院しました。手術はしませんでしたが、1日1万円の医療保険に加入していたので本当に助かりました。実は私は子供のころからとても元気で、病気、ケガもなく入院なんてしたことなかったのです。保険もなんだかもったいない気がしていて、医療保険を下げようかなんて正直思っていたのです。兄が保険をやっていてつきあいで保険に加入していましたので、仕方なく入っていました。年間10万円以上保険料を払っていたのです。元気に仕事もしていましたし、自分にはなんだか合わないような保険だと感じていました。兄に相談しましたら、これから年をとるし医療保険は下げない方がいいと言われ思いとどまりました。あの時下げていたら、長期の入院費も高くなり完全に赤字でしたね。下げなくて本当に良かったです。くも膜下出血などの脳の病気になった人は新たに保険にはなかなか加入できません。でも保障の充実した保険に加入していたのでこれからも安心なんです。もし脳の手術をする時がきても手術保険は40万円も出ますし安心です。補償のいい保険に入っていてムダではなかったですね。兄には感謝しています。人間元気でいられる保障なんてないってことがよくわかりました。

入院保険に加入して良かった

主人が28歳の頃に結婚しましたが、その時は旦那は入院保険などに加入していませんでした。
銀行に行った時保険について勧められ、ファイナンシャルプランナーに保険の相談をしました。
大黒柱として収入を得ていく旦那が病気になった時には、それなりのお金が必要になりますし、保険に加入することは
必要だという結論に至りました。

しかしうちは家計にあまり余裕がなく、高い保険に入って保険料が家計を圧迫することは避けたいと思いました。
そこで掛け捨てタイプで月の保険料が安いものを選びました。月2,500円程度の掛け金で入院日額5,000円、手術は100,000円
受け取れるタイプのものに加入することにしました。

ここで大事なのは入院期間がどのぐらいまで保障されているかということです。60日までとされているものもありますが、入院が
長引いた場合には日数をオーバーしてしまい、保険料が支払われない場合があります。旦那が入ったのは120日の期間があるものでした。
また保険期間が60歳までなど決められているものもありますが、生涯保障が続くタイプを選びました。
年齢とともに保険料が上がることを考えると、若いうちに生涯保障が続くタイプを選ぶのが良いと思いました。

万が一に備えて保険に入ったものの、大病はしないだろうとその時には思っていました。
しかし31歳の若さで胃がんが発見されてしまったのです。
色々な検査を受けた後に、すぐ入院して手術することが決まりました。

仕事を休むことになり、入院代もかかるといった家計のピンチで助かったのが、入院保険です。
2ヶ月半入院をしたのですが手術もしており、総額40万円を受け取り病院代は保険でまかなうことができました。
生活費は傷病手当でまかなっていたのですが、それでも足りずに入院保険から補てんする形となりました。

あの時に入院保険に入っていなかったら、入院中も病気の心配に加えてお金の心配もして大変だったと思います。
自分は健康だから大丈夫、若いから大丈夫というのは何の根拠もないことで、いつ病気になるかわからないのでしっかりと
備えておくことが大事だと実感しました。