ペット保険に関する基礎知識

最近は空前のペットブームです。朝夕、外を歩いていても多くの人が犬の散歩をさせています。中には一度に何匹もの犬を連れている人もいます。
さてこうしたペットブームが到来する中で、必然的に家計を圧迫するのは、ペットが病気やけがをした場合の治療費です。なぜこれが家計を圧迫するのでしょうか?それはペットの場合、人間のように健康保険というものがないため、全て自由診療となり、基本的に飼い主が全額を負担しなければならないからです。しかも病院によって治療費が大きく異なることもあるため、そのリスクは大きいといえます。しかもペットの寿命は年々延びている傾向にあります。ということはそれだけ万一の病気や怪我に対する治療費も多くなるということになります。実際にある調査によると飼い主の4分の3以上がペットの治療費を高いと考えているそうです。
そこで、こうした場合に備えて、ペット保険というものがあります。

主として補償の対象となるのは、ペットの入院、通院、手術となります。これ以外は基本的に特約で追加されるのが多いです。ではこれら以外にペット保険ではどのようなことを補償するのでしょうか。
まず、最近はペットにもがんが多くなりました。がん治療、高度医療保障など人間の場合に似た保険が特約で付加されます。さらに事故等で脚が使えなくなったペットのためにペット用車いすというのがありますが、その購入費用をカバーできるものもあります。また、万一ペットが亡くなった場合、火葬費用や仏具の購入費などもカバーできます。あるいは、ペットが人にかみついたり、モノを壊したりなど、他人に損害を与えた結果、損害賠償を請求されたような場合にも特約でカバーすることができるのです。
ペットが保険に加入できる年齢というのは、一般には0歳〜10歳とされています。しかしこれは例外もありますので、それぞれの商品の詳細を調べていただく必要があります。保険の申込方としては、通常、申込所と告知書があれば大丈夫です。但し、ペットが高齢である場合には健康診断書を提出しなければならないこともありますので一律ではありません。
ペットの保険料はどのようにして決まるのでしょうか?通常、犬の場合ですと、年齢や犬種、体重、あとは血統などの種類によって設定が異なってきます。しかし犬以外の場合は、主に年齢によって保険料が決まるのが一般的です。
保険料の支払い方としては、クレジットカードもあれば口座振替の場合もあります。両方扱っているものもあれば口座振替のみの商品もありますので商品ごとに確認が必要です。
このようにペットにも人間同様、保険が必要になっている時代です。ただ、あまりにも保険ばかりかけすぎて家計を圧迫することがないよう、しっかりとした資産運用計画を立てて下さい。

ペット保険の賢い選び方

犬や猫のペットを飼っている皆さん、ペット保険に入っていますか?ペットの医療費が、意外と高いのはご存知でしょうか? 
実際にはペットの医療費が高いというよりは、人間は健康保険があるために、見かけ上安くなっているに過ぎません。しかも動物病院は、治療の標準的な金額が決まっていませんので、病院によってかかる費用が変わってくるのも不安な点です。ペットも生き物ですから、病気やけがをするのは当たり前。保険に入っていれば、医療費を気にすることなく、気軽に病院に連れて行くことができます。
ペット保険の対象になる動物は、会社によって違いますが、犬や猫なら純血種、雑種に関係なく入ることができます。他にはうさぎフェレット、ハムスターや、中にはカメやイグアナが対象になっている保険もあります。また加入するには、年齢制限があるか、年齢が高くなるに連れて保険料が高くなります。人と同じで、若い時でも病気にかかる可能性はあるのですから、若いうちに入っていたほうが良いかもしれません。また保証内容にも注意が必要です。1日や年間の支払額や、日数が決っているものや、逆に無制限の保険もあります。保険金額と保証内容をちゃんとチェックして、いざというときに使えないということが無いようにしましょう。

ペット保険と人の保険の違い

ペット保険と人間の健康保険の違いの一つに、治療費のどれくらいが補償されるのかがあります。今、人の健康保険は、基本的に自己負担額は3割ですね。ペット保険の場合は、契約内容によって変わってきます。100%補償されるものから、半額のものや、30%というのもあります。この辺は保険料との兼ね合いとなります。また人の生命保険や医療保険と同じように特約というのもあります。がん手術や交通事故、葬祭費用の特約などです。こういった点が不安な人は、加入を検討しても良いかもしれません。また保険金の受け取り方法にも違いがあります。一旦全額を立て替えてから、保険会社に請求する「立替請求型」と呼ばれるものと、人と同じように窓口で保険証を提示して自己負担分だけを払う「窓口割引型」と呼ばれるものです。一見窓口割引型が便利なようですが、対応できる動物病院が限られていて、どこでも使えるというものではありません。かかりつけの動物病院が決まっている人は、事前にそこがどこの保険会社に対応しているのか確認したほうが良いでしょう。
またどこまでが保険の対象になるのかにも注意が必要です。多くの保険は、先天性異常や保険に入る前からかかっていた病気、予防接種などの予防行為、自然災害によるけがや病気では、保険金が支払われません。これも会社によって違いがありますので、チェックしておきましょう。

ペット保険は動物の保険

ペットも動物!可愛いペットに十分な医療をしてあげたいものです。犬の病気や猫の病気もペット保険でカバーできます。なんとなく思っていたペットの保険。意外と短期で簡単にかけれます。補償対応の動物病院制度などもあり、ほぼ日本全国の動物病院で適用可能です。ネット申し込みで大手ペット保険各社の情報が入手可能!

ペット専門の保険会社もあります!

ペット保険専門だから安心補償!

動物健保などもあり、比較サイトだから簡単に内容を比較検討できます。

犬・猫・小動物の保険

保険期間内での支払いは、限度内なら回数制限のない保障もあり、ペットにとってもラッキーな保険もあります。大切なペットの病気やけがも保険で安心!

見積もりはオンラインで・・

ペット保険各社の見積もりは、ネットで無料!かんたんにプラニングできます!

ペット保険の定率補償タイプと定額補償タイプ

近年は核家族化によって家族の数が減ったり、結婚しない未婚の女性が増えたりしていることから、ペットの飼われるケースが急増しています。それに伴って、ペット専用の病院が開設されたり、ペット保険が販売されたりすることが目立っています。さらに、保険会社とペット病院が提携することが多くなっており、給付金申請書類(診断書や診療明細書など)を送付しなくても、ペット病院における会計時に割引を受けられるようになっています。

ペット保険の補償内容は大きくわけて、「定率補償タイプ」と「定額補償タイプ」の2種類に分類されます。人間の医療保険では、定額の手術給付金が支払われることや、1日当たりの入院給付金を入院した日数分だけ支払われるのが一般的ですが、ペット保険では補償タイプによって受け取れる保険金額が変わってきます。

定率補償タイプ

ペット保険の主流になっているのは定率補償タイプで、実際にかかった治療費に対し、一定の割合を補償するシステムになっています。例えば、補償率50%のペット保険に加入した場合、ペットがケガで9,000円の治療費がかかったとすると、受け取れる保険金は9,000円×0.5=4,500円となり、自己負担は半額となります。

定率補償タイプのメリットは、治療費が高額になるほど支払われる保険金が高くなるため、定額補償タイプに比べて事故負担の割合が減ることになります。逆に、デメリットとしては、治療費の多寡に関わらず、必ず自己負担金が発生することが挙げられます。従って、治療費が少ない場合は定額補償タイプよりも不利になります。

定額補償タイプ

定額補償タイプは、規定額の範囲内で定額の保険金が支払われます。例えば、日額5,000円まで補償するペット保険に加入した場合、ペットのケガの治療費が9,000円だったとすると、5,000円の保険金が支払われるため、自己負担額は4,000円で済みます。なお、治療費の実費が上限となるため、治療費が4,000円だった場合は4,000円のみ支払われます。

定額補償タイプのメリットは、規定額内の治療で済んだ場合、自己負担額が0円になることです。また、デメリットは定額しか支払われないため、医療費が高額になると自己負担も大きくなることです。

ペット保険

なお、ペット保険では、日額制限や年間日数制限などの一定の制限が設けられていることが多くなっており、制限を超えるとすべて自己負担となります。

ところで、ペット保険の保険料は契約プランやペットの年齢、品種によってさまざまになっています。例えば、小型犬の定率補償タイプ・月払いの保険料は、0歳で2,000円程度、10歳で5,000円程度になっており、大型犬の定率補償タイプ・月払いの保険料は、0歳で3,000円程度、10歳で9,000円程度になっています。

ペット保険の加入方法と注意点

ペット保険はどのように加入すればよいのでしょう。

手続きには主に2つの方法があります。

インターネットで申し込む方法と郵送で申し込む方法です。

ネットで申し込む場合は、ネット割引が適用される場合があります。

手続きの方法は違っても、必要になる書類などは共通です。

申込書(ネットの場合はホームページで入力)以外に必要になってくる書類は、保険会社やペットの種類、年齢などによって違いもありますが、大まかなものを挙げれば、健康診断書やペットの最近(3か月以内くらいが多い)の写真、血統書やワクチン摂取の証明書のコピーなどです。
そして人と同じように、告知義務というものがあります。

それまでの病歴などを申告します。

ここで間違いを申告すると、保険金の不払いや、最悪の場合は解約ということになりますので気をつけましょう。

他には、年齢や体長、体重なども記入欄があります。年齢によっては、不担保条件などの条件付きの契約になる場合もあります。
もう一つ気をつけたいのは待機期間です。

保険は契約が成立して、保険料を振り込まなければ開始されませんが、それだけですぐに補償を受けられるわけではありません。

多くの保険は(無いものもありますが)待機期間というものが設定されています。

例えば、けがなら契約から15日目以降、一般的な病気なら30日目以降、がんなどの病気は45日目以降から保険が適用されるというものです。

その待機期間中のけがや病気は、補償の対象になりません。

ペット保険はいざという時に、頼りになる

を飼っています。ペットが健康なことが一番ですが、やはり病気をします。
病気をするとペットにかかる医療費は、目が飛び出るほどします。
風邪や下痢程度ならたいした金額はかかりませんが、がんや心臓病など手術をすることになった場合、数十万・場合によっては100万を超えるケースも珍しくありません。
大切なペットだからこそ、最後の時にはできるだけの治療をしてやりたい、それが親心だと思います。ペットは子どもではないですが、家族も同然だからです。
ペット保険は病気になってからでは入れません。人間で同じで健康なときではないと加入できないのです。ですのでついまだ元気だからと、保険に入らず、いざ高額な治療費がかかったときに、保険に入っていればよかったと後悔します。
保険のの首里は人間ほど抱負ではありませんが、ネットでペット保険を探すと、10社ほど一括見積もりが出来て、保険料は年間3万前後でした。
これは犬の年齢や犬種や大きさで異なってくるので、一概に年間3万程度とは限りませんがだいたいの目安です。
保険の内容も、年間100万までの治療費や、手術の回数制限があったり、全額補助から7割まで保証するなど、会社によって様々なので、自分のペットに一番あった保険を見つけましょう。
よく噛みつく子などは、病気以外の保証で、噛み付き保険などもあります。これは他人に噛み付いたときの、被害者の方に治療費を出す保険です。いざ、他人にご迷惑をかけてしまったときに役立ちます。
また大切にしていたペットが死んでしまったときに、葬儀料を出してくれる保険もあります。
色々調べていくとワクチン量まで保証されるものもありますので、いざというときのために早めに保険に加入したほうが安心です。

ペット病気

ペットの万一の病気のためにペットがもし病気になったら、、、ということを考えていらっしゃるかたは果たしてどれほどでしょうか。

動物も時によっては人間と同じように病気にかかることがあります。人間なら日本人の場合は国民健康保険によって安い金額で診察などが受けられますが動物に関しては当たり前ですがそのような制度はなく、飼い主の全額負担となります。それによって時には治療費が高額になったりするケースも多く、最悪の場合は・・・ということもありえるかもしれません。でも人間の生命保険と同じようにペットにも保険がかけられるのをご存知でしょうか。

ペット病気保険!使用回数は無制限で何度使っても費用が出る?

例えば自動車保険などのCMでお馴染みのアクサダイレクト保険などはそれ以外にもペット保険というものを扱っています。これの特徴で主なプランとしてプラン70とプラン50というものがあります。これはどういうことかというと、飼っているペットが病気になって治療、通院が必要となった時、または手術をしないといけなくなったという場合には保険を使って治療や手術にかかった費用のうち、プラン70はかかった費用の70%、50はそれの50%を保険からお支払いしますというプラントなっています。またこれらは保険の契約期間中であれば使用回数は無制限で何度使っても費用が出るというものなので、本当におすすめです。(ただし、ワクチン注射や歯の治療及び去勢不妊治療は対象外です)特にどうぶつの治療は先にも述べたとおり保険がなく全額負担となるのですがこれなら毎回の治療費
が安く抑えられます。

ペット病気ただし

ただしこれらには条件があり、以前は他の保険では鳥やフェレットなども対象だったのですが、今は犬とネコのみ保険の対象となり、かつ14歳以上の場合は継続契約を除いて契約ができませんのでご注意ください。
ペットも大事な家族であるならば、万が一の時のためにも準備はしておくべきだと思います。そのためにもこのペット保険は是非お勧めですので是非一度ご検討ください。

ペット保険でペットの治療費を軽減

飼っているペットは、飼い主にとって家族も同然です。

しかし、動物には人間の様な健康保険がありません。
突然の病気や怪我の時、動物病院での支払いは全額となり、飼い主にとって大変な重い負担となります。
また、少し調子が悪そうでも、人間のように訴える事が出来ませんし、治療費が気になって簡単に病院に行く事が出来ないという方も多いのではないでしょうか。

しばらくして病院に行ってみたら手遅れだった、もう少し早く連れて来ていたら助かった、というような事があれば、私達も後悔する事があるかも知れません。
そのような事が怒らないように、ペット保険に入ってみてはいかがでしょうか。

ペット保険は今では大手の会社がいくつも参入しており、複数の保険会社を比較出来ます。
人間の保険と同じ様に、通院や入院、時には手術費用も保険金の対象となります。
保険金も掛け金に応じて、半額負担や3割負担、1割負担など様々な保険があります。

掛け金はかかってしまいますが、病気になった時に多額の負担を強いられるのは飼い主にとっても大変な事です。
貯金をするような感覚で、保険金をかけると良いでしょう。
ペットが寿命を全うできるように、飼い主として出来るだけの事をしてあげるためにも保険の加入は必要ではないでしょうか。

可愛いペットと安心して暮らすためにペット保険

犬や猫の動物と一緒に暮らしている方は多いと思います。
そんな方が、みなさん、口にするのは、ペットの怪我や病気にかかる費用についてです。
「自分よりいいもの食べてるし、病院代も結構かかるのよね」と、話されているのを聞いた経験があります。
信用できるペットショップやブリーダーから購入した場合でも、後から病気に気づく事はあるそうです。
ましてや、動物好きの方には、迷っていたり、捨てられていたりする動物を放っておくことができずに、引き取ってしまう事も多い様です。こういう場合は、もともと病気を持っている場合も多い様ですし、必要な予防摂取などを受けていない場合も多い様です。
けれど、動物好きの方は、こういったペットの病気やケガによって生じる金銭的な負担よりも、動物と暮らす楽しさを選ばれているようです。
人間と同じ様に、動物の医療も日々進歩していっている様です。そして、人間と同じ様に、高度な医療には、高額な医療費が発生している様です。
少しでも長い間、楽しく動物たちとの時間を過ごせる為の備えとして「ペット保険」に加入する事は、ペットへのやさしさの表れなのではないでしょうか。
ペットブームだからでしょうか、犬や猫はもちろんの事、うさぎやフェレットなども加入できる保険があるようですので、ペットの種類や年齢などを考慮して、余裕のある範囲で加入しておくと、安心ですね。

犬を飼い始めたと同時に、ペット保険にも加入しました。

もしもの時のためにと考えたのです。
私達人間には、国民保険や社会保険があります。でも犬にはありません。もちろん猫にもありません。
だから自主的にペット保険に加入する事にしたのです。
犬だって人間と同じで、病気にもなるし事故にも遭います。そんな時に備えてのペット保険なのです。
100%治療費などを払わなければいけないので大変です。でもこのペット保険に加入していれば、一部だけの負担で済むのです。
だったら迷わずに加入しようと思ったのです。月々の保険料も安くはないのですが、治療費や入院費も安くはありません。
万が一に備えてのペット保険なのです。

がんにもなる確率はあるし、年をとればいろいろと病気にもなると思うのです。

そんな時にお金がないからといって、ほっておく事はできません。
そうならないためにも備えておかなければいけません。

ペット保険に加入する事で安心でいられるのです。
何があっても大丈夫と思えるのです。

もちろん全額タダにはなりませんが、少なくて済むのできっと助かるでしょう。

犬だって人間と同様に扱わないといけません。

そうしてあげる義務が人間にはあると思うのです。

飼い主なら当たり前の事なのでしょう。