バイク保険おススメ

バイク保険バイク保険は、簡単に入れます。バイク保険もネットでOK。自賠責ももちろん入れます。

意外と知られていないバイク保険について


保険のビュッフェ
皆さんはバイク保険というのを聞いたことがありますか?自動車保険ならよく聞くことがあるけれどもバイク保険というのがあるの?なんて思っている方もおられるかも知れませんね。
実はバイクにも、自動車の場合と同じく、「自賠責保険」と「任意保険」があります。
自賠責保険は、法律によって加入が義務付けられている強制保険です。これはバイクを購入されたと同時に加入しなければならないものです。一方任意保険というのは、「任意」ですから、入るか入らないかは本人の意思次第ということになります。自賠責保険よりも補償額、補償範囲などを大きくすることもできますし、特約をつけることによって自由にカスタマイズすることもできます。
さて、このバイク保険ですが、自動車保険同様、定期的な見直しが必要にになります。バイク保険の特徴として、保険料や補償内容などが、保険会社によってかなりまちまちであるという点があります。そのため、同じ補償内容、同じ条件であっても、保険会社によって全然異なることも珍しくはありません。
無駄な保険料を支払っていないかなど、同じ条件で、保険会社を変えるだけで随分保険料が変わって来ますので一度、いくつかの保険会社に見積もりを依頼してみましょう。
たとえば、年齢が高くなり、バイクには乗るけれども以前ほど長い距離は走らないという方は、「年間走行距離」を少なくすることによって保険料を低く抑えることができるでしょう。またあなたの乗っていたバイクに子供さんも乗るようになったという場合、「運転者年齢条件」を広げなければなりません。
バイク保険は、満期が近づいてきたら、見直しをしてみるとよいでしょう。満期の2〜3ヶ月くらい前から各保険会社のバイク保険のパンフレットを取り寄せ、不要なサービスを削り、必要なサービスを追加するということを検討してみましょう。
特にあなたの保険の選び方については、プロのファイナンシャルプランナーにご相談されることをぜひお勧めします。できれば、保険会社等に所属しているファイナンシャルプランナーではなく、独立系のファイナンシャルプランナーにご相談される方が、中立的であなたにとって本当によい商品をおすすめいただけるのではないかと思います。
このように、一般にはあまり知られていないバイク保険なのですが、他の保険と違う点、つまり保険会社によって全然異なるというはくれぐれも気をつけて、少しでも保険料を安くできるよう工夫をするようにして下さい。

利用目的に合わせた保険加入がおすすめ!

頻度と走行距離に合わせた保険がいいですね

自動車保険と同じでバイクも使用目的による保険料の算定が可能です。業務用・通勤・通学・日常レジャー用などにより算定されます。

ゴールド免許かどうか。ここでもゴールドの威力は保険料に反映してきます。記名被保険者の運転免許の帯の色がゴールドならOKですね

年間の走行距離が少ないと保険料は安くなります。年間の予想走行距離の最大はどれくらいかにより保険料金が決まります。

バイク原付の排気量によっても保険料は異なります。125cc以下、125cc超などです。

主にバイクを運転する人の年齢

保障の対象となる運転者の年齢により保険料が変わります。

ノンフリート等級

必要な保障を契約できる保険の保険料は、ノンフリート等級(1〜20等級)により割引や割増があります。
保険のビュッフェ