シニアー保険はシニアー高齢者特有の疾患に強い


保険のビュッフェ

シニアの医療保険!入院・通院・傷害に不安のない保障がほしい生活が大切ですシニア同世代に人気の医療保障ランキングで加入条件もわかりやすい!健康状態に不安の出そうな世代ですね・・本当に告知なしで加入できるのか?その質問はどんな内容?いろいろ無料で資料を取り寄せられます。本当に役に立つ医療を選択できます。50代から60代だけでなく70代のシニアも医療保険に加入できます!

高齢社会に合わせた保険とはシニアー保険

現在のような高齢社会では、いくつかそうした状況に合わせて設定された新しい保険の種類があります。
生前給付特約(リビング・ニーズ特約)というのは、重い病気にかかり余命が6か月以内であるというように医師の診断を受けた時にのみ死亡保険金の一部または全部を事前に受け取ることができるという保険の特約です。本人への余命告知が難しいため、あらかじめ指名代理請求人を定めておくという制度もあり、これで受け取った保険金を入院費用に充てるということも可能です。

高度先進医療特約は、大学病院などの高度な医療設備を持つ施設で受けることができる臓器衣装区などの高度な診療に対して、普通は公的医療保険制度の対象外なのですが、この特約を付加することによって公的な制度では対象にならない診療費をカバーすることが可能になります。

変額年金保険は、受け取れる年金の額が変動しますが、老後の生活のために役立てることができる保険になります。
リバース・モーゲージというものもあります。所有する土地や家屋などの不動産を担保にして、老後の生活資金の融資を受ける代わりに、死亡した際にはその資産が売却され、融資が一括で返済されるという仕組みになります。

 

中高年のシニア保険の資料一括請求

手続きや告知義務など各社の特徴が、横並びでかんたんにわかります。40代から80代まで対応のがん保険から入院医療保障まで各種あります。加入申し込みは無選択型のように告知書提出なしでも加入できます。シニア保険は、50歳以上からの中高年向けた保険です。早めの加入で手厚い保障が低価格で受けられます。告知や検査なしでは入れる保険も多々ありますが、それなりに保障や入院日額・保障期間等で調整はされて当たり前です。できるなら健康状態の良好な年齢の若いときに、しっかりと告知と診断書を提出して手厚い保障の医療保険に加入する方が賢明です。

告知義務等の不明な点は、ご契約に際しての重要事項【契約概要・注意喚起情報】【ご契約のしおり・約款】をご覧になり、無料相談等で、十分ご確認ください。

商品の選択

医療保険等の商品は各種あります。ご自分の健康状況にや生活環境に一番適した保障を選択してください。医療保険・がん保険・生命保険・傷害保険・介護保険など、医療保障型か?介護保険か、ライフサイクルにあった保険の選択が必要です。

比較して見直す必要がある?

物価の変動や社会情勢、医療の進歩により、必要な保険の保障内容も変化します!不測の事態は発生したときに一番役に立つ保障内容に変更するべきか?十分検討する必要があります!保険の解約は、見直し保険が成立してからにしましょう!見直し保険が拒否されることも考慮する必要があります。また契約が変更になるのか?付加保険になるのか?最初から初めての保険の契約することになるのか?条件等を十分知る必要があります。

【医療保険】の選び方「保険のビュッフェ」が伝授

相続税の対策に保険を活用!?保険相談なら

保険の見直しはこちらから!