ゴルフ保険

ゴルフ保険は、ゴルフする上での障害事故や賠償事故。各種用品事故に備えるものです。様々なリスクに備えられます。
ゴルファーのための保険です。
事故とホールインワン祝い金も充実する保険もあります!
ネットから24時間いつでも契約できる便利さ!
ゴルファーなら保険は当たり前です!
ゴフ場・練習場・自宅など偶然的な事故が不安ですよね・・・・

【ゴルフ保険】の内容と必要性について


保険のビュッフェ
皆さんは、ゴルフを楽しまれることはありますか?ゴルフに行かれるとき、保険をかけたりすることがありますか?もしかしてゴルフに保険なんてなぜいるの?と思っている方おられませんか?
ゴルフには様々な危険がはらんでいます。規模の大きな場所で、たくさんの人がプレーを楽しんでいます。もし皆さんの打った球が思ったコースに飛ばず、スライスして別の組のお客さんに当たって怪我をしたらどうしますか?過去には当たり所が悪くて死亡したケースもあります。そうなれば当然、損害賠償を請求されますよ。自分でそれを補償するのは非常に大変ですよね。逆に自分が被害に遭うことだってあります。ゴルフ場にはいつ、どんな危険が潜んでいるかわからないのです。我々の見えないところで様々なリスクが存在します。
またプレー中にゴルフクラブや靴などが盗難に遭うという被害もよくあります。ゴルフ用品は高級品であることからこのような被害はあとを絶ちません。またゴルフカートによる事故も多く発生します。
こうしたリスクに備えてあらかじめかけておくのが「ゴルフ保険」なのです。各保険会社にはこうしたゴルフ保険が数多く用意されているのです。
この保険のいいところは、ゴルフに出かけられるときにピンポイントでもご契約できる点です。たとえば明日ゴルフに出かけるという場合、Web上でお申し込みいただければ翌日のプレーには間に合います。こうした機敏さがこの保険のいいところです。ちょうど海外旅行保険と似ています。
この保険は、上記のリスクのほか、自宅で素振りの練習中に器物を破損したような場合にも適用できます。さらに、保険会社にもよりますが、ゴルフ場のレストラン、脱衣所や風呂場、あるいは駐車場なども補償範囲として含まれることがあります。また、ホールインワンやアルバトロスを達成したときなどの急な出費にもこの保険は有効なのです。但し、このホールインワンやアルバトロスに関する保険は、制約条件がいくつかあることが多いので注意が必要です。まず、国内のゴルフ場であることが原則で、キャディを同伴していなければ認められないことが多いです。またこの部分の補償については、それを認定する基準が保険会社ごとに異なることが多いので、念のため保険会社に確認をとられることをおすすめします。
このように、皆さんがゴルフを安心してお楽しみいただけるように、陰からそれをサポートするための保険が「ゴルフ保険」ということなのです。ぜひ一度ご加入下さい。

意外と必要なゴルファー保険【ゴルフ保険】

ゴルファーの皆さんでも、ゴルファー保険に加入している人は、あまり多くありません。しかしこれは、考えようによっては、任意保険に入らずに自動車を運転するようなもの。そう考えると、入っておいた方が良いと感じるでしょう。加入に積極的でない理由は、ゴルフでけがなんかしない、してもたいしたけがではない、ホールインワンなんてゼッタイ無い、といったところでしょうか。確かにその通りかもしれません。しかし怖いのは、自分のけがではなく、他の人にけがをさせてしまった時です。思った所にボールが飛ばないのは、アマチュアゴルファーには当たり前。最近はセルフプレーが増えましたので、打ち込みによってボールが他の人にあたってしまったりとか、カートの事故などが増えています。そして交通事故の例からも分かるように、人をけがさせてしまうと、治療費の他にも、けがの度合いによって賠償金も発生し、その賠償金は1千万円単位になることもあります。そう考えると、保険に入っていたほうが、気楽に楽しくプレーができて、スコアも良くなるかもしれません。賠償責任の保険が基本となりますが、ホールインワン・アルバトロス保険や道具の損害保険がついても、年間数千円ですみます。また1日限りや1週間限りといった保険もあります。手続きもネットなどで申し込んで、カードなどで支払いをするだけと簡単で、プレーの前日でもOKです。人に迷惑をかけず楽しくプレーするためにも、ゴルファー保険に入っておきましょう。

賠償責任

ゴルフボールがあたり他人にケガさせた。

傷害事故

プレイ中にケガをさせた。

用具事故

クラブ折れなど

ホールインワンの補償

対象となるホールインワンまたはアルバトロス

ホールインワンでピンチに?
ゴルフをするなら、必ずホールインワン保険に入っておきましょう。サッカーや野球、マリンスポーツなどに比べて、ゴルフで大ケガをしたりさせたりすることは考えにくいですよね。しかし、だからといって保険に入っておかないと、とんでもない支出に見舞われることがあります。それは、ホールインワン。
ホールインワンは1打でホールをあがるスーパープレイ。プロゴルファーでも生涯に1度も経験せずに引退する人もいる、ほぼ偶然にしか起こらないプレイです。これは反対に言えば、素人ゴルファーでも達成する可能があるともいえます。
なぜホールインワンが「大ケガ」になるのか。それはゴルフ界の慣習に理由があります。ホールインワンがあまりにも珍しいため、達成したゴルファーは、ゴルフ場やキャディー、同じ組のゴルファーたちにご祝儀を配ったり祝賀会を開いたりしなければなりません。これはホールインワンを達成したゴルファーの自費でまかなわれ、拒否することは紳士のスポーツであるゴルフにあって大変不名誉な(断りにくい)ことです。この費用は、一般的に百万円以上かかります。
たまの休日に汗を流そうと、少ないおこづかいから捻出したお金でラウンドしているサラリーマンゴルファーにとっては、ほとんど「事故」とも言える手痛い出費となりますよね。せっかくのスーパーショットが台無しです。そんな時に備えて、ゴルフをするなら必ずホールインワン保険に入っておきましょう。「ゴルフ保険」という名称で販売されていることが多いようです。

厄落としのホールインワン保険

ゴルフ保険、ホールインワン保険で助かりました。

でも結構制約事項ががありました。

当たり前の話ですが。まずゴルフ場がホールインの証明を発行してくれません。

当然ですキャデーさんが付いて回っていれば別に気兼ねもなしに、その時は全然問題なしに証明書を発行していただけます。

キャデーさんが付いているゴルフ場を探すことのほうがなかなか難しい。

頼めばどこのゴルフ場でもキャデーさんは付いて来てくれますが・・・
普通我々が楽しんでるゴルフ場では無いようにと思います。

だからゴルフを楽しむのは決めたゴルフ場の会員になって月例とかキャプテン杯とかの予選に出ることをお薦めします。

それだけルールも学べますし、万が一という言葉は違うかもしれませんもっと確率は高いかもしれません。

でも必ず証明書は発行していただけます。
ではそれは何の役に立つのでしょう。

結局周りの皆さんに厄落としみたいに挨拶がわりの記念品に化けてしまいます。

それにあやかりたく保険に入ったのですが・・・

記念品とか植樹とかで人様のお役にしかたってないように感じます。

領収書が要らない自分専用のホールインワン保険があればいいのにと思ったこともあります。

おかげで皆に厄落としが出来ました。

法人名義はインターネット契約は対象外の場合も!

ゴルフ保険は個人のみを対象としている場合もあるので契約の注意が必要です。

ゴルフ保険

ゴルフ好き必見!【ゴルフ保険】

この保険は、もちろんゴルフをされる方におすすめの保険です。
どのような保険かというと、ゴルファーがゴルフの練習・競技または指導中に起こした事故により法律上の損害賠償責任を負うことによって被る損害についての補償がなされます。
また各保険会社が設けている特約をセットすることにより、ゴルフ場敷地内におけるゴルファー自身のケガ、ゴルフ用品の盗難、ゴルフクラブの破損・曲損の補償がされる保険もあります。

ゴルフ保険は第三者に対する賠償責任の補償が主なものです。他人をケガをさせたり、他人の物を壊して法律上の損害賠償責任を負担することによって被った損害に対しての損害賠償金等が補償されます。これはゴルフ場、ゴルフ練習場敷地内で通常行われる更衣、休憩、食事、入浴等の時に生じた事柄も含まれます。

また、自分自身の傷害の補償もあります。
ゴルフ場、ゴルフ練習場敷地内でゴルフの練習、競技または指導中に急激かつ偶然な外来の事故によりケガをされた場合に保険金を支払われるというものです。

さらに、ゴルフ用品の損害の補償もつけることができます。
ゴルフ場、ゴルフ練習場敷地内で、被保険者が所有するゴルフ用品に生じた次の損害を補償するものです。ただ、ゴルフ用品の補償は時価額で支払われますので、確認が必要です。
その他にも、ゴルフ用品の盗難やゴルフクラブの破損・曲損があります。

ゴルフをよくされるという方は、万が一の際に備えてゴルフ保険に加入されることをお勧めします。

対人保証やホールインワン保険がついた総合保険

【ゴルフ保険】に入っていてよかった。

下手なゴルフですが、ゴルフが楽しくてよくプレーをします。先輩のゴルフャーのかたには絶対にゴルフ保険だけは入っておいたほうが良いと言われ、自分の打ったボールが人に当たった場合の対人保証、クラブなどの用具が盗難にあった時、クラブが破損した時、ホールインワン保険がついた総合保険に加入しました。

確かにあんな固いゴルフのボールが人に当たってしまったら、大変な怪我をしてしまうと思います。ですから、対人保証は確かに必要ですね。私の知っている人は、近距離からゴルフのボールが人の頭部に当たるのをみてしまって、その方はすぐに倒れて動かなくなってしまったそうです。ゴルフは楽しいスポーツですが、考えてみたら危ないスポーツでもあります。コースに出るゴルファーには、強制的に対人保険をかけてもよいかもしれません。

フランスなどノ外国では、ゴルフコースでゴルフをする時には必ず、その国のゴルフ協会の発行したハンディキャップカードを持参しなくてはプレーできません。そして、そのカードを持っている人は、年ごとに年会費を支払う必要があります。年会費には対人保険が強制的にかけられているので、コース上で何か事故があった場合には保険から賠償金が支払われる仕組みです。

さて、私の場合なぜゴルフ保険に入っていて良かったかというと、人に怪我をさせてしまったのではなく、コースでプレー中にアイアンの6番のシャフトが折れてしまい、そのシャフトの交換費用が保険から出たということです。シャフトの交換は約1万円かかりました。大したお金じゃないですが、でも保険でシャフトの修理代がすべて戻ってきた時はちょっと感激しました。

ゴルファーによっては面倒くさいからと、ゴルファー保険に加入しない方がいますが、絶対に何かあった時のために保険に入ることをおすすめします。